教えて民泊先生!合法民泊で行う不動産投資のはじめ方

ダメ無許可民泊!合法で行なう民泊の方法をお届けします。 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

airbnb

民泊新法〜住宅宿泊管理業者の確認方法〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

管理事業者への登録が完了したことを前回お伝え致しました。

今後あなたが民泊新法で運営を検討した時に、依頼する管理事業者が本当に登録業者なのか確認する必要があると思います。
では、どこで確認したら良いでしょうか?

答えは、国土交通省のサイト内の「住宅宿泊管理業者の登録予定情報」として公開されています。*(平成30年5月18日時点までが掲載中)
サイトは、こちらから→ http://www.mlit.go.jp/totikensangyo/const/sosei_const_tk3_000140.html

6月15日以降は、全ての登録事業者が掲載されますので、依頼する時には念の為こちらのサイトで業者を確認してみてください。
スクリーンショット 2018-06-07 18.20.43

合法民泊の運営ノウハウは、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

ご報告(やっと)宿泊管理業者の登録が完了致しました。

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

いよいよあと1週間ほどで、民泊新法が始まりますね。
すでにAirbnbで非掲載が始まったり、運営会社が撤退し始めたりと動きがあります。
しかし物件の申請受理件数は、想定以上に増えていないです。

そんな6月15日を迎える前に、ようやく私の方では宿泊管理業者の登録が完了致しました。
私の勘違いで全く不要な書類を用意していたりと、申請を出し直すようなことが起きてしまい、すっかり遅くなってしまいました^^; 

とはいえども、以前から相談を受けていた方々の管理を行うことになっており(ただし時期は、15日以降という作戦)段取りを進めていたわけです。

今日現在、私のところで、民泊新法の物件について東京と京都でサポート出来るようになりました。

民泊新法の物件を、居住者不在型で行う場合には管理事業者に依頼する必要があります。
これから運営を検討されている方のサポートが出来るようになりましたことここに報告致します。
スクリーンショット 2018-06-06 17.46.32

合法民泊の運営ノウハウは、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

運営業者の撤退が相次ぐ⁈    〜Airbnb 非合法物件が非掲載に!その2〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

Airbnbで一斉に非掲載となり、界隈では騒動が起こっているようです。

しかも、無許可物件をメインに運営していた業者は、これを原因として運営代行から撤退し始めています。
その為、この様な業者に依頼していた合法物件のオーナー様は、業者から突然の撤退宣言を受けて運営が止まってしまっているそうです。

民泊新法、無許可の民泊を締め出すことが出来るだけではなく、この様な運営会社の淘汰も関連してくるということですね。
Airbnb-new-logo-1-1024x863
合法民泊の運営ノウハウは、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

楽天の民泊新会社とHomeAwayが業務提携

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です

楽天の民泊新会社とHomeAwayが業務提携が発表されました

airbnbとの違いも説明があったそうです


日本におけるairbnbに次いで民泊のプラットフォームになるのか?


そうなると次に気になるのは、booking.comがどの様な戦略でくるのかですね

同社は、少し前に新法成立後、民泊物件の掲載可能を発表しています


合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓                        
       



ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。