こんにちは、民泊先生こと三浦剛士です。

差別化のステージに行けることが、今回の民泊投資が不動産投資の革命的な大家ビジネスになります。

そして本当の差別化の目的は、「集客」です。
旅館業の「許可証」があることで、ホテル(Booking.comやじゃらんなど)のポータルサイトで掲載募集が出来ることになり、故に世界最大のポータルサイト上で集客が出来るということが最大の強みとなります。

大切なので繰り返します。
無許可の物件が掲載出来るポータルサイトは限られています。過当競争になっている今、その限られたサイト内で物件が増えてしまえば、埋もれてしまいますね。
爆発的に人気となり利用者は増えたものの、既存のホテルポータルサイトと比べると利用者数に圧倒的な開きがあります。Booking.comは1ヶ月間で1億2,000万の人が閲覧利用していると言われています(最近はテレビスポットもおおいですよね。)これと同等のサイト(agodaなど)にも掲載出来る強みは驚異的です。

合法で行なうことは絶対です。
実は、私が旅館業を調べだしたそもそもの入り口は、「どうしたら民泊で集客力を上げることが出来るだろうか?」でした。「おもてなし・接客」も大事です。でも、お客様が居ないところで、いくらそこを大事にしても意味がありません。もっと言ってしまえば、お客様が入らないければ、お金は産みません。

「集客」「国策」「旅館業許可取得」「合法」のこれら全てが合わさって行なう民泊不動産投資こそが、不動産投資の革命的な大家さんビジネスとなります。

ということは、「旅館業(簡易宿所)」を取れば良いのは、今だけです。簡易宿所も過当競争時代が来ると思います。いまから更に次のステージを見ていかなければいけません。
次回は、いまから二つ先のステージを勝ち抜くための鉄則を綴っていきましょう。
booking_cm
民泊投資の参考になったら下2つのボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓ 
         
民泊・Airbnbランキングへ