教えて民泊先生!〜合法民泊のはじめ方と運営方法〜

合法民泊のはじめ方や運営方法の情報をすべて公開中! 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

Beds24

サイトコントローラーBeds24のリピーター管理機能 〜その1〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

サイトコントローラーBeds24にはリピーター管理機能「Guest History(ゲストの歴史)」というものが備わっています。
これは、特定のゲストが2回以上利用された場合、管理画面のこの欄に出現します。なお1回の宿泊では出現しません。
BlogPaint

部屋の種類にもよるのですが、相当数のリピーターがついている管理宿があります。
情報が溜まっていけば、リピーターの好みも分かり、それに応じて対応出来るようになります(すでに私たちは、リピーターさんに応じて対応を行なっています)。

ちなみに冒頭の方のリピート歴です。もう常宿として利用して頂いてますね〜。
BlogPaint
次回は、どの様にリピーターを管理しているのかと、リピーターが出来るメリットをお伝えします。

サイトコントローラーといえばBeds24。いまなら無料体験を提供中です。

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

まだリモートロックを知らない方へ、とっても便利なことを伝えたい。〜リモートロック導入から運用してみての感想 その3〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

本日現在でほぼ全ての宿の鍵をリモートロックへと付け替え移行が完了しました。
(いま現在、開き戸にしか対応していないため、引き戸への設置ができません…ザンネン)

前回お伝えした、電池残量がみるみる減っていくは、本体の不具合だったようで交換対応してもらいカイゼンされました。

リモートロックは、ネットに接続させて利用するため、最低限以上のネット環境が必要です。
ネットに未接続だと、どうにも魅力は半分以下になります(緊急用のパスワードが設定出来るので、開けられない様なことは発生しませんのでご安心を)。

そのためネット不安定だった宿に関しては、ネット回線を増設しました。
ネット回線の増設のコストアップがありますが、それを差し引いてもリモートロックは便利です。
便利さはこちらの過去の記事をご覧ください。

ネット上でステータスを目視しながら出来るというのは、「管理」という視点からいくと便利極まりないです。電池残量やネット状況も一目瞭然。
スクリーンショット 2018-10-30 13.08.50

ちなみに、アプリもあるんです!外出先からでも確認出来ますので、個人の民泊オーナー様にもオススメです。
→ https://itunes.apple.com/us/app/remotelock/id1249400469?mt=8

スクリーンショット 2018-10-30 13.06.08


BlogPaint
この赤丸をイジると、遠隔操作で鍵の開閉を行なうことが出来ます。ゲストが鍵を開けられなくなったから、駆けつけるという手間を一切なくせます。

〜最後に〜
リモートロックを最大限に活かすには、サイトコントローラーBeds24との連携は絶対です。
リモートロックでゲスト毎の暗証番号を生成し、Beds24で自動メール発信、この両方をもって滞在中の安心をつくる、運営管理としては最強ツールです!

リモートロックと連動しているサイトコントローラーといえばBeds24。いまなら無料体験を提供中です。

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

Airbnbとの接続に関するサイトコントローラー比較表

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

旅館業・民泊の運営にサイトコントローラー使用していますか!?
もしまだなら、ぜひ導入して運営効率を上げることお勧めします。理由は、こちらから。

サイトコントローラーといえば、手間いらず・ねっぱん、そして我らbesd24が挙げられます。

先日、ねっぱんがAirbnbとの連携を発表しました。
これで上記3サイト全てがAirbnbと連携出来るようになったのですが、問題はただ連携出来れば良いという訳ではないということです。

ということで、違いをまとめましたので、ご覧ください。
スクリーンショット 2018-10-15 13.07.19
44052490_563385360765978_2090132876682067968_n
*iCalについて: この機能があると「掃除業者とグーグルカレンダーを共有する」というようなことができるようになります。

結論、Airbnbとの連携は、Beds24が有利!

Beds24: ねっぱんの制約を回避するための選択肢。手間いらずほどお金は出せないが、ねっぱんの制約が気になる方向け。Airbnbとの連携の経験は長く、システムのバグは修正されています。
Airbnbの連携で気になる一番のことは、既存のリスティング・レビューが引き継げるのかということだと思います。これが出来ると出来ないのでは、赤ちゃんと大人位の差があります。

サイトコントローラーの利用を検討しているかたは、ぜひご参考にしてください(^o^)

民泊用のサイトコントローラーといえばBeds24特徴はこちらから。いまなら無料体験を提供中です。
→ https://co-reception.com/beds24/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします

    

宿泊料金の回収に困っていませんか?

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

宿泊料金の現地決済を選択された場合、ノーショーや不払いが生じた時に回収を行わないといけません。
賃貸の保証会社の様なものがないため、その場合は運営者自身が回収の連絡などをする必要があります。本業をもちながら運営している民泊オーナー様にとっては、大変手間となります。


集客力があるBooking.comですが、弱みの一つとして「宿泊客のクレジットカードを正しいかどうか判断しない」ということ。
これは、間違ったクレカ情報が入力可能ということです。
そのため、不泊時(ノーショー)のキャンセル料請求、現地決済の支払い忘れの時の請求が出来ないという大問題に繋がります。
ということで、下記に問題と解決策を提案いたします。これでBooking.comを最大限に利用出来ること間違いなしです。

前提
2018年7月のBeds24の調べでは、Booking.comは日本の民泊業界の8割を占めている。1.5割はAirbnb、5%はその他。
結果、Booking.comは民泊にとって無視できない。

問題
Booking.comは、宿泊客のクレジットカードを正しいかどうか判断しない。

Booking.comの客を事前決裁するのに必要なこと:
クレジットカードが正しいかどうかを宿泊施設が確かめる必要がある。

解決策
日本で唯一、Booking.comのクレジットカード情報を自動で正誤を判断できるサイトコントローラーであるBeds24を使用すると、手動でクレジットカードを正しいかどうか確かめる必要がない。
スクリーンショット 2018-07-17 11.39.02


Beds24の特徴はこちらから。いまなら1ヶ月の無料体験できます♪
→ https://co-reception.com/beds24/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!

    

旅館業・民泊運営の効率化、○○レスシリーズ 〜ペーパーレス編 その2〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

前回の記事からの続きです。

結論:ペーパーレスへの移行はできるところから徐々に実施する。

ペーパーレスに向けて具体策です、下記の表をご覧ください。

41661471_328739424569998_3407106167602675712_n
クラウドサービスを効果的に利用すること、領収書代行サービスを利用する、キャッシュレスにするなどを用いることでペーパーレス化が実現可能です。

パスポートの控えの取り方なんてのは、分かりやすいと思います。
私たちも以前はコピーをして紙で保管していましたが、紛失の恐れもありますし、何よりも後から探しづらいです。
その後、スキャンしてクラウドに保管に切り替えたのですが、スキャンするならIpadやスマホで撮って保管でも変わらないことに気付き更に変更しました。

新しい試みは、浸透させるまで時間が掛かるというのも事実です。人は変化に抵抗はあるものです、しかし長期的にみればスタッフさんの手間が減り、時間効率も上がりますのでメリットは多いですので、ぜひ試みてください。


民泊用のサイトコントローラーといえばBeds24。いまなら無料体験を提供中です。
→ https://co-reception.com/beds24/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします
    
ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。