教えて民泊先生!〜合法民泊のはじめ方と運営方法〜

合法民泊のはじめ方や運営方法の情報をすべて公開中! 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

闇民泊

違法民泊として通報されました!

こんにちは、簡易宿所コンサルタントの民泊先生こと三浦剛士です。

大阪市の特区民泊の申請が明日31日から始まります。それに合わせて、違法民泊の取締を本格的に行なう姿勢をとっています。
大阪は、かなりの数の違法民泊があるといわれています。現状、民泊を行なうには、旅館業の許可取得もしくは特区民泊しかないわけですから、まずは法に沿って行なう方法を考えるべきです。
そのためには、今回の大阪市の明確な姿勢には、共感です。

そして、来年さらなる取締が京都で…。

大阪市では、違法民泊施設の取り締まりを強化するため、電話、ファックス及びメールによる「違法民泊通報窓口」を開設します。
 増加する訪日外国人客に対応するため、本市では国家戦略特別区域法に基づく外国人滞在施設経営事業の認定業務を平成28年10月31日より開始し、マンションなどの一室を活用した施設についても民泊営業ができるよう認定することにより、訪日外国人客の滞在施設の受け皿となる制度を実施することとなりました。しかし、旅館業法に抵触する恐れのある民泊が広がりを見せており、民泊施設の近隣住民の方から、ごみの処理方法及び騒音等の不安の声も寄せられています。「違法民泊通報窓口」にいただいた情報を基に、無許可施設等の実態調査及び適切な指導を行ってまいります。
2016y10m30d_234820637
民泊投資の参考になったら下2つのボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓   

「民泊をはじめとする宿泊対策プロジェクトチーム」を設置します

こんにちは、簡易宿所コンサルタントの民泊先生こと三浦剛士です。

大阪市は、31日から受付を開始する特区民泊に併せて、対策について立ち上げています。
行政をあげて合法を推進するのは当然なので、今回のプロジェクトの様に違法民泊に追求追跡、その結果についてくる市民を守ることを徹底的に行なってほしいと思います。

民泊やるなら合法で!

各自治体さん、何かありましたら民泊先生も全面的協力いたしますよ!(*^_^*)
2016y10m31d_000253575
民泊投資の参考になったら下2つのボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓   

「民泊バスターズ」登場!

こんにちは、簡易宿所コンサルタントの民泊先生こと三浦剛士です。

新たな周辺産業の発生ですね。
探偵業を行なっている方が立ち上げたサービスが、「民泊バスターズ」。毎日のようにお問い合せがあるそうです。
違法民泊を突き止めるためには、確定的なる動かぬ証拠が必要です。
さすが、そこは探偵業を営まれているため完全ノウハウがあるので間違いないですね…。
きっと今後の実績が全国地各地に巡って、違法民泊の対策方法の一つとして確率されていくのではと思います。

民泊バスターズ http://minpak-b.com/
logo
民泊投資の参考になったら下2つのボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓      

民泊と旅館業法の関係

こんにちは、簡易宿所コンサルタントの民泊先生こと三浦剛士です。

民泊と旅館業法の関係はとても大事です。

現行法では、民泊を行うにあたっては、旅館業法の許可取得するか、国家戦略特区法に基づく必要があります。
民泊解禁とお祭り状態ですし、許可取得してなんてあり得ないとも言われますが、法治国家である以上は従ってやるのが筋だと思います。じゃないと、結果的にデメリットになってしまうと思うのです。 

一刻も早く、法が整備されれば良いだけなんですよね~。そうすれば、明確に住み分けが出来るようになりますから。
たま~にですが、「わざわざ旅館業(簡易宿所)の許可を取得して民泊やるなんて変ですね」とか言われちゃったりすると、何か変な感じです笑 

一応、合法ですから^^; 
16
民泊投資の参考になったら下2つのボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓       
 

民泊が産んだ周辺産業の数々とは

こんにちは、簡易宿所コンサルタントの民泊先生こと三浦剛士です。

民泊ブームにより、様々な商売が生まれたり、既存の産業での売上向上に繋がっています。

洗濯代行、コインランドリー、町のクリーニング屋、清掃代行、ハウスクリーニング業者、インテリア代行、買い物代行、開業代行などなど。

これだけ周辺産業が出てくるということは、やっぱり民泊事業は正しいのだと思います(ですので、合法にやりましょうね)。

しかし、ここ最近その方々から話を聞いたり相談を受けることが多いのですが、口揃えて皆さんから言われるのは、
「もう無許可の物件の仕事は受けない、受けたくない」
「仕事の依頼のときには、まず許可取得しているのかを確認してから」

この背景には、無許可(闇民泊)ホストの勝手な急な撤退のため、仕事が安定しないためだそうです。よくよく考えればそうですよね、先日お会いした清掃会社の人もいきなり明日の仕事がなくなったりするそうです、人を雇って会社をしている限りは死活問題ですよね。

このような意味合いでも、雇用を産んで、win-win-winの三方良しを目指すには、やはり旅館業(簡易宿所)取得の民泊運営ですよ!
IMG_0104

民泊投資の参考になったら下2つのボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓      
ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。