教えて民泊先生!合法民泊で行う不動産投資のはじめ方

ダメ無許可民泊!合法で行なう民泊の方法をお届けします。 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

運営

リモートロック導入から運用してみての感想

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

私たちが利用し始めたリモートロック(詳細については以前の記事をご覧ください)、非常に便利で運営に管理に大活躍しています。

便利な点は、
・解錠時に、自動メール通知機能で管理者に知らせるため、いつ、どこで、誰が、どのキーで入室したのかが自動的に記録され。
・物件を予約すると滞在期間限定で利用できるPINコードを自動的に申込者宛てに送ることができる。

完璧なリモートロックにも弱点もあります、それは、この鍵の動力が電池だということです。
そのため、電池が切れると作動しなくなります(物理鍵での解錠は可能です)。

しかし!いつ切れるか分からない電池残量を気にする必要が無い所がリモートロックの優秀な点です。
電池が減るとこの様なメールが管理者宛に届きます(素晴らしい)
BlogPaint

管理画面でもこの様に電池残量が分かるようになっています(素晴らしい)
BlogPaint

ということで、弱点すら覆す能力にただただ脱帽です感動すら覚えております!

リモートロックと連動しているサイトコントローラーといえばBeds24。いまなら無料体験を提供中です。

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

民泊をするならサイトコントローラーを使おう!

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

結論:サイトコントローラーを使用し、複数のポータルサイトへの掲載管理を上手く行なう。

合法民泊を運営していくうえで集客を掛けるために各種サイトへの掲載を上手く利用することが必要です。
Booking.com、楽天、じゃらん、Airbnbなどなど。各サイトによって利用者に特徴があります、訪日外国人・日本人、ファミリー・バックパッカーなど。

しかしサイトだけを増やすと、予約が入った度に料金変更などを、各サイトにその都度ログインを繰り返し行なう必要があり、部屋数が多い物件などは、手間ばかりが増えてしい大変になります、これだとダブルブッキングが発生する確率も上がってしまう恐れもあります。
これら管理を一元化し、手間と効率を上げるために利用するのが「サイトコントローラー」となります。
サイトコントローラー=在庫管理を一括して行っているとご理解ください。

図にすると下記のような感じでしょう。
Screen Shot 2018-06-22 at 9.37.37


民泊用のサイトコントローラーといえばBeds24特徴はこちらから。いまなら無料体験を提供中です。
→ https://co-reception.com/beds24/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします
    

Booking.comの強みを最大限に活かすためには、クレカ対策は必須です!

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

Booking.comは手数料が高いですが、集客力は抜群でもあります。
しかし弱みもあります。その一つとして、「Booking.comは、宿泊客のクレジットカードを正しいかどうか判断しない。」ということ。
これは、間違ったクレカ情報が入力可能ということです。
そのため、不泊時(ノーショー)のキャンセル料請求、現地決済の支払い忘れの時の請求が出来ないという大問題に繋がります。
ということで、下記に問題と解決策を提案いたします。これでBooking.comを最大限に利用出来ること間違いなしです。

前提
2018年7月のBeds24の調べでは、Booking.comは日本の民泊業界の8割を占めている。1.5割はAirbnb、5%はその他。
結果、Booking.comは民泊にとって無視できない。

問題
Booking.comは、宿泊客のクレジットカードを正しいかどうか判断しない。

Booking.comの客を事前決裁するのに必要なこと:
クレジットカードが正しいかどうかを宿泊施設が確かめる必要がある。

解決策
日本で唯一、Booking.comのクレジットカード情報を自動で正誤を判断できるサイトコントローラーであるBeds24を使用すると、手動でクレジットカードを正しいかどうか確かめる必要がない。(詳細ウェブサイトはこちら:https://myzminpaku.com/archives/1210

スクリーンショット 2018-07-17 11.39.02

Booking.comの宿泊客の予約の10%:
クレジットカードが不正。

Booking.comの宿泊客の予約の2%:
クレジットカードが不正な10%にクレジットカードのアップデートをお願いすると、2割は正しいクレジットカード情報をアップデートしてくれる。

Booking.comの宿泊客の予約の8%:
クレジットカードが不正な全体の10%の宿泊客の8割は宿泊施設からの連絡を無視する。最後にはこちらからキャンセルをすることになる。


Beds24の特徴はこちらから。いまなら1ヶ月の無料体験できます♪
→ https://co-reception.com/beds24/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

合法民泊をするならサイトコントローラーを利用しよう!

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

結論:サイトコントローラーを使いこなし、集客の間口も広がり稼働率・売上アップに繋げる!

合法民泊を運営していくなかで、宿に集客を掛けるために色々なサイトに掲載することをお勧めします。
Booking.com、楽天、じゃらん、Airbnbなどなどのポータルサイトがありますよね。
間口は拡げておいた方が断然よいです。各サイトによって利用者に特徴があります。訪日外国人・日本人、ファミリー・バックパッカーのように。対象を絞るというのも大事ですが、集客という観点からいくと、繰り返しますが間口を広くとっておくべきです。

しかしサイトを増やすと、ダブルブッキングなどが起きて混乱するのでは??と思われる方がいるのですが、それを一元管理するのが「サイトコントローラー」となります。
サイトコントローラー=在庫管理を一括して行っていると考えて頂くと分かりやすいと思います。

図にすると下記のような感じでしょう。
Screen Shot 2018-06-22 at 9.37.37


私一押しのサイトコントローラーBeds24の特徴はこちらから。いまなら無料体験を提供中です。
→ https://co-reception.com/beds24/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

Beds24とスマートロックで運営効率を高めます

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

まずは、こちら写真をご覧ください。何だと思いますか?
IMG_1587

これは「Remote Lock」といって、Wi-Fi型スマートロックシステムです。
スマートロックといわれるものは、いくつかありますがWi-Fi接続は未だ多くないそうです。

最大の特徴は、
このリモートロックと繋がる唯一繋がるサイトコントローラーがBeds24(先日ねっぱん!との連携を発表)であることです。

これにより、下記の様なことが可能となります。
・解錠時に、自動メール通知機能で管理者に知らせるため、いつ、どこで、誰が、どのキーで入室したのかが自動的に記録され。
・API連携機能。物件を予約すると滞在期間限定で利用できるPINコードを自動的に申込者宛てに送ることができる。

昨日、今日で設置工事を進めており、これから実施運用を進めていきます。その上で随時ほかの運営物件でも取り入れていく予定です。

合法民泊の運営ノウハウをこちらのブログで公開中 → https://co-reception.com/all-articles/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    
ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。