教えて民泊先生!合法民泊で行う不動産投資のはじめ方

ダメ無許可民泊!合法で行なう民泊の方法をお届けします。 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

通報

民泊 突然お隣で、一体何が起きている?!

こんにちは、民泊先生こと三浦剛士です。

京都市民からの苦情「通報」の内容とは、一体どのような内容だったのでしょうか?詳細は明らかにされていませんでしたが、「音」「ゴミ」「マナー」が大半だと思います。当たり前ですけど、突然ある日から隣のお宅にスーツケースをゴロゴロと音を立てながら、日本語以外の言語が聞こえてきたらシンプルに「不安」ですよね。

その為でしょう、保健所の対応として行なったことが、許可取得の有無を確認するということだったそうです。

本来の保健所の方々のお仕事では無いような、、、どんどん許可をおろして頂き、闇民泊に泊まる必要が無い状態にして欲しいですね。旅館業法などの許可を受けているかどうか?から調べなければいけないほど、闇民泊が横行していることもここから読み取れます。

闇民泊については、今後徹底的に取り締まりが始まると思います、どうやら何かが水面下で動いているようですよ。
06ad781d

民泊投資の参考になったら下2つのボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓  

民泊に対しての市民からの苦情「通報」とは

こんにちは、民泊先生こと三浦剛士です。

京都では、2016年7月13日から約20日間で苦情及び通報の問い合わせが260件ありました。
驚きです。不安があるという事実もですし、観光都市の京都の近隣の方でも心配だということです。

1. 市民からの苦情「通報」:164件という数字は20日間だけとみると、かなりの数だと思います。
しかし一点忘れてはいけないのは、民泊問題はこの期間だけ起きている訳ではありませんよね。となると実際の件数は(??)
事実、以前から保健所には苦情などの問い合わせはあります。それらの数字を含めると、とんでもない件数なのではないかと思います。

一体どのような内容の苦情、通報だと思いますか?そして応対した内容とは?明日で!
2016y09m20d_204148324

民泊投資の参考になったら下2つのボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓  

民泊問題の浮き彫り 苦情、相談件数

こんにちは、民泊先生こと三浦剛士です。

昨日の続きです。
民泊(旅館業(簡易宿所)を運営するということとトラブルやクレームは隣り合わせです。ここは切っても切れませんし、運営をしていくからには、必ず対応に迫られるということになります。

その様ななか京都市は、2016年7月13日に「民泊通報・相談窓口」を開設しています。それから約20日間でなんと260件の問い合わせがあったそうです。
内訳は、
 1. 市民からの苦情「通報」:164件
 *99件は旅館業法などの許可を受けているか調べる「調査・指導」を実施
 *19件は所在地が不明確で調査できなかった
 2. 民泊事業者からの「相談」:44件
 3. 民泊に関する「意見」:52件

この数字も多いと思います。少し考えてみると一点忘れていることもあります。
その点も含めて明日にも続けていきます。
2016y09m20d_204148324
民泊投資の参考になったら下2つのボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓  
ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。