教えて民泊先生!〜合法民泊のはじめ方と運営方法〜

合法民泊のはじめ方や運営方法の情報をすべて公開中! 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

近隣

近隣の方からの反応 〜旅館業許可取得までは抜かりなく! その2〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

前回の「旅館業許可取得までは抜かりなく!」こちらの記事からの続きです。

京都では「民泊反対」や「民泊絶対反対」など看板を見かけることがあります。
これは、もともと「ヤミ民泊」のことを指していました。無許可で無責任体制で行なうのは止めてくれ、ということでした。
ですので、この様なエリアでも、説明会を開き合法的に行なうということを説明させて頂くことで理解を頂いておりました。

しかし前回の記事のように、旅館業改正があったいまでもダンマリでこっそり始めてしまおうと考えている人が、いまだにいるため最近の看板にこのようなものが出現しました。
BlogPaint
自治体からも求められているように、近隣町内会に説明を行ない理解を得てから運営したいですね。

合法民泊民泊の運営ノウハウを、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    

                                     

旅館業許可取得までは抜かりなく!

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

京都では6/15に旅館業改正があり、近隣説明が必要になっています。

先日も私達は、とある有名スポットの新規宿建設のために説明会を開催していました。
その数日後、物件の真裏で旅館業の物件のリフォーム工事着手がされていまして、近隣の方に伺ったら
「あそこは何の説明も告知もなく勝手に工事を始めているのよっ(●`ε´●)」とご立腹でした。

私達としては、旅館業改正の有無関わらず、毎回説明会を開催しているので、改正後にも関わらず、近隣説明なしで進めている人がいることに驚愕でした。そこはちゃんとしよ〜よっ本気で言いたい。

しかし、この場合、保健所への届け出の時に何と説明するのか⁇この疑問を行政書士さんに聞いたら、
「保健所には説明会を開催したって、嘘をつくんだと思います」
という回答。
「でも、近隣から通報されたら一発でバレますけどねっ」

まっ、そうなりますよね。

ということで、当たり前のことをちゃんとしなかった場合、どの様な影響があるのか…次回にお伝えします!

↓これはよく見るポスターです。
FullSizeRender

合法民泊民泊の運営ノウハウを、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    

                                     

京都の旅館業許可取得、いままで以上に時間が掛かるようになります。

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

京都の旅館業の申請の順序・流れが変わりました。
結論からいくと、今までより時間が掛かるようになってしまいました。その期間、プラス約1ヶ月…(新築の場合)。

不動産投資として考えた場合、売上を生む期間が先に伸びるは痛手ですよね。

京都は宿不足と言われながらも、民泊新法も厳しいですし、旅館業も厳しくなっていっている気がします。この辺りの矛盾は、投資家さん達も思っているのではないかと思います。

この数年で一斉に旅館業物件が増えたことで、近隣住民の方々の困惑もあり、京都市としてはこの辺りも当然に考慮してのことだとは思います。
共存共栄出来る方法は、必ずあると思いますし、宿によって大変近隣の方々に良くして頂いているので、何とかしていきたいと考えています。
スクリーンショット 2018-08-08 23.35.54


合法民泊の運営ノウハウの全てをこちらのブログで公開中 !
→ https://co-reception.com/all-articles/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

京都市旅館業施設における安心安全及び地域の生活環境との調和の確保に関する指導要綱  その3

こんにちは、合法民泊(簡易宿所)コンサルタントの民泊先生こと三浦剛士です。

宿泊者に徹底させる内容も明確に提示されています。
おそらく、この部分は東京など他の自治体も参考にして取り入れていくと思われます。
このあたりは当たり前なのですが、そういうものこそ徹底するべきだという考えですね。これは、すでに(合法)民泊をされている方にも参考になります。


【迷惑行為の防止】
第9条 営業者は,許可施設の付近に居住する住民(以下「付近住民」という。)の迷惑とならないよう,利用者に対し,適切な時機に,次に掲げる事項を明確に周知しなければならない。ただし,許可施設の規模,構造,設備及び運営方法,周辺の
施設の立地及び住民の居住の状況(以下「施設及び周辺の状況」という。)その他の合理的な事情から,迷惑となるおそれがないと認められるものについてはこの限りでない。
 
⑴ 早朝及び夜間に,許可施設付近の路上において,旅行かばんを引く音その他の迷惑となる騒音を立てないこと。
⑵ 許可施設又はその付近において大声,大きな物音その他の迷惑となる騒音を立てないこと。
⑶ 許可施設の付近において,たばこの吸い殻やごみをみだりに捨てないこと。
⑷ 許可施設の敷地外又は敷地内の公共の場所から見える場所に決まりに反したごみ出しをしないこと。
⑸ 消火器の設置場所,使用方法,119番通報の方法など,火災等に適切に対応するため必要な事項
⑹ 自治会等又は付近住民と取り決めた周知事項がある場合は,その事項
⑺ 前各号に掲げるもののほか,利用者の付近住民に対する迷惑行為を防止するうえで必要と認められる事項
2 前項本文の規定に関わらず,同項各号に掲げるもののうち,次の事項は,利用者が許可施設に到来するまでに周知しておかなければならない。

(迷惑行為への対処)
第10条 営業者は,利用者の付近住民に対する迷惑行為が生じたときは,直ちにこれを中止させることその他の迷惑行為の解消に必要な措置を採らなければならない。

今回、明確になったことの一つは、無認可民泊における処罰を明確にしたこともあげられます
こちらも次回に紹介していきます。
2016y12m01d_233128141

民泊投資の参考になったら下2つのボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓              
        

京都市旅館業施設における安心安全及び地域の生活環境との調和の確保に関する指導要綱  その1

こんにちは、合法民泊(簡易宿所)コンサルタントの民泊先生こと三浦剛士です。

12月1日となり、京都市があらたに策定した「京都市旅館業施設における安心安全及び地域の生活環境との調和の確保に関する指導要綱」が本日より施行されます。
本日以降から申請する物件全てが対象となります。読み解いていくと、いくつかに分かれていますので、順に紹介していきたいと思います。

下記があらたに設けられた、近隣への説明です。もともと施設開業の立て看板の設置は決められていましたが、今後は看板設置だけではなく、近隣の方への説明が必要になります。またこの看板も開業するまで設置しておくこととなりました。
今まで説明の対象が曖昧だったものが、「自治会」というように具体的になっていることも大きな変更です。

【計画の公開】
申請予定者は,第1項の標識を設置したときは,許可施設の存する場所の自治会,町内会その他の地域住民の組織する団体(以下「自治会等」という。)に対し,申請施設の計画の概要について説明を行うとともに,必要と認められるときは,説明会を開催する等の措置を講じなければならない

自治会が無かった場合は?明日も引き続き紹介していきます
2016y12m01d_235329280

民泊投資の参考になったら下2つのボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓              
       


 
ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。