教えて民泊先生!合法民泊で行う不動産投資のはじめ方

ダメ無許可民泊!合法で行なう民泊の方法をお届けします。 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

購入

合法民泊、購入で始める場合の価格は?

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です

合法民泊を行なう方法として、物件を購入(所有)その損益分岐点とは⁈

購入の場合の損益分岐目安価格:
1世帯の場合:3,000万円
2世帯の場合:5,000万円

まずこの価格を目安にして物件を探してみてください。
新築、中古でも考え方に差はありますが、この金額は旅館業運営開始するに当たり物件に掛かる費用(金額)とお考えください。

例えば、中古物件の場合は、購入価格と他にリフォーム費用も掛かりますが、購入価格とリフォーム費用及び旅館業申請を含めた金額(1世帯の場合:3,000万円、2世帯の場合:5,000万円)を基にしてください。

5,000万円以上掛かる物件の場合には、2世帯以上が必要だと考えます。

物件を検索する時の価格の参考にし、購入検討の物件が妥当なのかの判断材料としてください。
a5

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓                         
       

買いますか?借りますか?

こんにちは、民泊先生こと三浦剛士です。

あなたは、民泊で不動産投資を行なう場合、物件を買いますか?借りますか?
殆どの方は、「借りる」と答えるのではないでしょうか?
不動産投資経験がある方、「借りる」不動産投資というのは今までにありましたか?
一つ「借地」はあります。土地を借りて、その土地上に建物を建てて不動産投資を行なうということ。

この借地物件を購入して「借りて」行なう不動産の場合は、正攻法ですし堂々と出来るものです。

民泊で行なうつもりの「借りて」行なうのNGなところは、無断で民泊に利用してしまうところです。
当然、借りて行なうほうが、断然的に初期投資額を抑えられます。
でも違法はダメですから。このあたりをしっかりと抑えるところを抑えてやらないと、書類送検なんてことになってしまいます。
18_image1
民泊投資の参考になったら下2つのボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓ 
         
民泊・Airbnbランキングへ 


ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。