教えて民泊先生!〜合法民泊のはじめ方と運営方法〜

合法民泊のはじめ方や運営方法の情報をすべて公開中! 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

説明会

近隣の方からの反応 〜旅館業許可取得までは抜かりなく! その2〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

前回の「旅館業許可取得までは抜かりなく!」こちらの記事からの続きです。

京都では「民泊反対」や「民泊絶対反対」など看板を見かけることがあります。
これは、もともと「ヤミ民泊」のことを指していました。無許可で無責任体制で行なうのは止めてくれ、ということでした。
ですので、この様なエリアでも、説明会を開き合法的に行なうということを説明させて頂くことで理解を頂いておりました。

しかし前回の記事のように、旅館業改正があったいまでもダンマリでこっそり始めてしまおうと考えている人が、いまだにいるため最近の看板にこのようなものが出現しました。
BlogPaint
自治体からも求められているように、近隣町内会に説明を行ない理解を得てから運営したいですね。

合法民泊民泊の運営ノウハウを、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    

                                     

旅館業許可取得までは抜かりなく!

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

京都では6/15に旅館業改正があり、近隣説明が必要になっています。

先日も私達は、とある有名スポットの新規宿建設のために説明会を開催していました。
その数日後、物件の真裏で旅館業の物件のリフォーム工事着手がされていまして、近隣の方に伺ったら
「あそこは何の説明も告知もなく勝手に工事を始めているのよっ(●`ε´●)」とご立腹でした。

私達としては、旅館業改正の有無関わらず、毎回説明会を開催しているので、改正後にも関わらず、近隣説明なしで進めている人がいることに驚愕でした。そこはちゃんとしよ〜よっ本気で言いたい。

しかし、この場合、保健所への届け出の時に何と説明するのか⁇この疑問を行政書士さんに聞いたら、
「保健所には説明会を開催したって、嘘をつくんだと思います」
という回答。
「でも、近隣から通報されたら一発でバレますけどねっ」

まっ、そうなりますよね。

ということで、当たり前のことをちゃんとしなかった場合、どの様な影響があるのか…次回にお伝えします!

↓これはよく見るポスターです。
FullSizeRender

合法民泊民泊の運営ノウハウを、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    

                                     

民泊元年の元日

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

始まりました、住宅宿泊事業法(民泊新法)。
各地方の報道を斜め読みしていても、ほとんどが、申請数件や金沢の様に0件など、ネガティブな話題ばかりが占めています。何のための、民泊新法なんだ〜っと。

提供する側ばかりが、民泊の夜明けみたいな感じで思っていると、冷静になって周り(近隣など)に目を向けると、公にしてまでは行ないたくないと思っているのではないかと考えてしまいます。

今日、京都で近隣説明会を行なったのですが、近隣の方々は、いまだに「旅館業」と「民泊」の違いが分からないと仰っていました。「民泊」の中の悪いイメージだけが一人歩きしてしまっているのも原因ですが…。

周りの方々との信用・信頼があってこそ仕事が上手くいくものだと、今日あらためて思いました。
スクリーンショット 2018-05-13 0.16.22



ねっぱん!と連携したBeds24の特徴はこちらから。いまなら無料体験を提供中です。
→ https://co-reception.com/beds24/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

京都 宿泊税に係る説明会が開催されています

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

 今年の10月1日から京都市では宿泊税が導入されます。
ともない、宿泊施設運営者を対象に宿泊税の制度や事務などについて説明会が開催されています。

申告納入方法などまだ分からない点もあるので確認が必要です。
直近だと下記の日程があります。

5月9日(水)午後2時〜3時
対象施設所在地「南区、伏見区」
呉竹文化センター1階ホール
定員600名

このあと、6月以降にも開催が予定されているとのこと。
京都市のホームページから説明会の日程が確認できます。
こちらから→ http://www.city.kyoto.lg.jp/gyozai/page/0000235175.html
IMG_1415

合法民泊民泊の運営ノウハウは、こちらのブログで公開中 → https://co-reception.com/all-articles/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓     
    

京都市旅館業施設における安心安全及び地域の生活環境との調和の確保に関する指導要綱  その1

こんにちは、合法民泊(簡易宿所)コンサルタントの民泊先生こと三浦剛士です。

12月1日となり、京都市があらたに策定した「京都市旅館業施設における安心安全及び地域の生活環境との調和の確保に関する指導要綱」が本日より施行されます。
本日以降から申請する物件全てが対象となります。読み解いていくと、いくつかに分かれていますので、順に紹介していきたいと思います。

下記があらたに設けられた、近隣への説明です。もともと施設開業の立て看板の設置は決められていましたが、今後は看板設置だけではなく、近隣の方への説明が必要になります。またこの看板も開業するまで設置しておくこととなりました。
今まで説明の対象が曖昧だったものが、「自治会」というように具体的になっていることも大きな変更です。

【計画の公開】
申請予定者は,第1項の標識を設置したときは,許可施設の存する場所の自治会,町内会その他の地域住民の組織する団体(以下「自治会等」という。)に対し,申請施設の計画の概要について説明を行うとともに,必要と認められるときは,説明会を開催する等の措置を講じなければならない

自治会が無かった場合は?明日も引き続き紹介していきます
2016y12m01d_235329280

民泊投資の参考になったら下2つのボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓              
       


 
ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。