教えて民泊先生!合法民泊で行う不動産投資のはじめ方

ダメ無許可民泊!合法で行なう民泊の方法をお届けします。 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

許認可

Airbnb 確定していた予約もキャンセルへ

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

Airbnbからの突然の非掲載が世の中を賑わせています。
そんな、当該物件ですでに決まっていた6月15日〜19日の予約については、強制キャンセルすることなったと発表されました。

色々と情報が錯綜しておりますが、
・6月14日以前に受け付けた予約は、届け出番号などがない場合は予約をキャンセルしないといけない。
・6月15日以降は届け出番号などの入力が必要。

一時期は、民泊新法以前に決まった予約は確保されるということでしたが、やはりそんな甘い話しはなかったということになります。

キャンセルされたゲストの救済措置として、希望の宿泊施設がAirbnbで見つからない場合は、JTBが宿泊施設確保のお手伝いをするということです。
そんななか救済措置をするという名乗りを上げた旅行会社があります。この旅行会社は面白いので、次回ご紹介したいと思います。

スクリーンショット 2018-06-08 19.51.28

合法民泊の運営ノウハウは、こちらのブログで公開中
https://co-reception.com/all-articles/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

Airbnb 非合法物件が非掲載に!

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

Airbnbは、本日から非合法の掲載物件について本日から非掲載へする通知をホストにした。
なお観光庁は、6月1日に違法物件に係る予約の取扱いについて、登録申請中の住宅宿泊仲介業者に通知しています。
その内容は、こちらから→ http://www.mlit.go.jp/kankocho/news06_000362.html

下記のようにAirbnbは本来、申請番号などが間に合わない場合、6月15日の施行日を目安に掲載を落とすと言われていました。 それが、急遽前倒しになったようです。現在、許可などを取得していな居物件が全て非掲載になっているか不明です。閲覧する限り、以前あった物件が消えていましたが、これが誰の行為によるものかは定かではないです。
スクリーンショット 2018-06-03 23.22.42

なお再度Airbnbで掲載する場合には、許可証などの情報を入力する必要があります。
スクリーンショット 2018-06-03 23.23.33

合法民泊の運営ノウハウは、こちらのブログで公開中
https://co-reception.com/all-articles/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    
ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。