教えて民泊先生!〜合法民泊のはじめ方と運営方法〜

合法民泊のはじめ方や運営方法の情報をすべて公開中! 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

訪日

訪日旅行者が次に向かう場所は…

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です

前回の記事でも地方へ伸びていく訪日外国人旅行者について書きました。

そんな折、徳島県三好市の徳島の山間に外国人が列、という記事がありました。

原風景を求めて訪日観光に来ているそうです。
そこでは古民家を改修して宿泊施設とし(しかもこの改修プロデュースは、アメリカ人の東洋文化研究家の方が行なったそうです)、ジビエ料理などを提供しているそうです。

訪日旅行者が地方に行きSNSなどで人気になったとしても、それで終わりにすることなく、観光・宿泊・飲食など全てのことを自治体や周りの方と一緒に取り組んでいくことによって、このインバウンドを活かせることになります。

私もいまサポートしている地方の案件についても、出来ることはまだまだあると思っています。
宿泊という観点からまず集客に力を注いでいます。
31

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓                         
       

大都市圏を上回る地方での宿泊客の増加

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です

地方の訪日の延べ宿泊数は、大都市圏(東京、京都などメジャー都市)には及びませんが、地方での増加幅は初めて大都市圏を上回ったそうです。

私も運営をしているなかで肌で感じていたものが、数字としても実証されてたということです。
今後のリピーターは、メジャー都市から地方へ移っていくのは間違いありません。

いま運営している鹿児島の物件も徐々にではありますが、外国籍の宿泊者が増えています。

まだ詳細は
明かせないのですが、いま私のコンサルも複数地方都市で進んでいます。
その中には、えっ!と思われる場所もあるかもしれません。
地域の方のご協力があって進められることが大前提としておりまして、ただの不動産投資は毛色が違うかもしれません。しかしこの様な相互関係があればこそ成功に繋がっていくと思っています。

観光庁によると、2016年の訪日客の延べ宿泊人数は6938万人。
うち三大都市圏にある8都府県(東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、大阪、京都、兵庫)は前年比138万人増の4185万人。他の地域は客数(2752万人)、増加幅は238万人増。

16

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓                         
       

民泊×世界で最も魅力的都市は?

こんにちは、簡易宿所コンサルタントの民泊先生こと三浦剛士です。

世界で最も魅力的都市は? 1位東京(前年15位)、2位京都(同9位)
何が凄いって、前年からの順位の上がり方が凄まじいですね。

訪日したことがある方が投票したのか、それとも未訪日の方が投票したかによって見え方は違ってきますが、認められたことはプラスです。この様な順位結果は、口コミとなり、訪日への更なる呼び水になることは間違いありませんね。

ただ大事なのは、折角訪日したのに評価と違う!と、ガッカリしてもらわないようにしなければなりません。口コミなどの評価は、良くも悪くも確実に影響します。
高評価を得る、そのためにしっかりと準備をしていきましょう!
そのためには、、、。


米旅行専門誌の「コンデナスト・トラベラー」は1、読者投票による「世界で最も魅力的な都市」の結果を発表し、米国以外の都市を対象とした部門で1位は東京(前年15位)、2位は京都(同9位)と日本の都市が並んだ。他の米旅行誌の読者投票でも京都が1位に選ばれ、日本観光の人気が裏付けられた形だ。
2016y10m21d_183608051
民泊投資の参考になったら下2つのボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓      
ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。