教えて民泊先生!合法民泊で行う不動産投資のはじめ方

ダメ無許可民泊!合法で行なう民泊の方法をお届けします。 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

行政書士

合法民泊の始めるには〜旅館業取得〜

こんにちは、合法民泊コンサルタントの三浦剛士です

Airbnb関連の記事はよく見かけるのですが、先日見かけた記事ののぶん中に
「懸念するならば、その行為が“もぐり”であることだけだった。」
Σ(・∀・;)
それが、一番ダメでしょっ!と突っ込みたくなります
記事の内容や捉え方によっては、無許可民泊を助長しているようにも取れしまいますよね…

現時点での法律に合わせてやるしか出来ませんので、いまは旅館業取得か特区に適法させてやってくださいね

最近は、お一人様で旅館業取得に動かれる方も多くなったそうです(保健所談)
しかし実際の申請数は、それでも相談件数に比べると全然少ないそうです

オーナー様自身での取得はもちろんできすが、一定の知識(旅館業、消防法、建築基準法)は必要です
効率よく動かないと手間ばかりで無駄骨になってしまいます

そんな時には、私をセカンドオピニオンとして活用してください
格段的に効率は上がります
チームには、行政書士もいますので一部を依頼して頂くのも大丈夫です

旅館業取得が面倒だからといって、無許可運営をするのはお辞めください
せめて来年1月に施行される新法を待ってください
お気軽にご相談はこちらから

gyouseishosi-kishou

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓                                                                                    
      

合法民泊サポート復活

こんにちは、合法民泊コンサルタントの三浦剛士です

前回の続きです
(前回の記事はこちらから)

新たに加わって頂けることになった専門家とは、、、

行政書士さんです!!!

今さら?って思われるかもしれませんが、いままで依頼していた(信頼出来る)行政書士さんは各地にいるのですが、今回は私のチームに直接ご協力頂けるようになったんです

これで何が変わるのかといいますと、
その前に実は、とある理由から少し前から、「旅館業取得のみ」というサポートはお断りしておりましたm(_ _)m

ということで、「旅館業取得のみ」のサポート復活します!
これを機に無許可から合法民泊に切り替えたいという方、ご相談くださいね
また合法民泊を行いたいという方もご相談ください!

行政書士さんを紹介するというだけのサポートではありませんのでご安心してください
私のサポートをいれながら、実用的な旅館業取得のサポートを行政書士さん共々行っていきます
ただ許可をとるだけのサポートでは御座いませんよ!

ご相談はこちらから
gyouseishosi-kishou

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓                                                                                             
      

えっ、帳場不要???

こんにちは、合法民泊(簡易宿所)コンサルタントの民泊先生こと三浦剛士です

旅館業の許可取得について代表的な設備といえば・・・?
「帳場」です

京都では4月から帳場が不要という噂があります

その噂を探るべく、保健所含む各方面に確認したところ!!!

玄関帳場の件に関しましては、不要になる(なった)という話は耳にしておりません。

他府県では特区民泊を開始し、簡易宿所の玄関帳場の緩和がみうけられますが、京都ではなかなか難しいのではと思います。

 

ということでした^^;
151129_0004

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓                                                 
      

もう民泊詐欺か!?民泊投資を始める前に考えて欲しい事。

こんばんは、民泊先生三浦です。

本日は、朝から旅館業・簡易宿所取得の調査で墨田区に行っていました。※ブログ更新の日付が変わってしまいました。。
毎日の様に届く民泊のご相談を受けている中での実務調査です。

【ご相談内容】
ほかコンサル及び行政書士さんに取得代行を依頼したが図面を見ただけで「取得不可」と言われた。
どうしても諦めきれないので、見て欲しいという相談。

その前に、
私が勘違いしているのか、それとも「取得不可」と言った人(調査費用払っているそうです)の怠慢なのか分かりませんが、依頼受けたら現地現場現実を知るために調査に動かないのでしょうか?費用受け取って、図面見て、ハイ残念は、ちょっと有り得ない。

サポートする人が、あなた側の立場に立ってくれているのか?が本当に大事です。

例えば、取得代行業だけの場合は旅館業取得するのが仕事なので、取得出来たら終わりですからね。管理運営はしてくれません。
本当に民泊(不動産)投資で大事なのは、その後の管理運営です。本来、不動産投資は、短距離走ではなくマラソンです。
どんなに良い物を作っても、そこに人が来てくれなければ、お金を産むことはありません。

色々な案件のご相談を受けていますが、旅館業(簡易宿所)を取得出来る物件が想像以上に多いです。ただしそれは立地を問わずにです。 変な話かもしれませんが、私は簡易宿所の取得が出来るからといって、明らかに立地上で運営が厳しいと思った場合は、率直に申し上げさせて頂いております。立地が悪くても受けてくれと言われてもお断りしています。
いまの民泊ブームに取り合えず乗っかる程度のお考えで参入するつもりなら、ハッキリ言って止めた方が良いです。もう一度考え直して見てください。

良し悪しをもハッキリとお伝えする事こそが、コンサルタントだと思いますし、私の使命です。
一緒に行なうからには、同じ船に乗っているわけです。沈没させる訳にはいきませんし、長い航路の途中下船は出来ません。


本当に気を付けないと、Airbnb詐欺と同様な事がすぐ起こりますよ ムカムカ…((o(-゛-;)

今日の調査状況は、あとでお伝えします。 おやすみなさいzzz

attention




ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。