教えて民泊先生!合法民泊で行う不動産投資のはじめ方

ダメ無許可民泊!合法で行なう民泊の方法をお届けします。 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

自治体

続報 京都の民泊新法の受理件数

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

前回の記事で、京都市での民泊新法の受理件数は未だ0件とお伝えしました。
*前回の記事はこちら→ http://min-pack.blog.jp/archives/1071275969.html

5月18日に2件の申請を初受理したそうです!

場所は、北区と上京区で両方とも住居専用地域で自宅を開放して運営を行なう家主居住型のため、宿泊上限の180日の営業が可能となります。

*住居専用地域で家主不在型の場合1月15日〜3月15日のTHE閑散期の60日間でしか営業出来ません。

旅館業の場合も同様なのですが、民泊新法の届出物件の場合も市のホームページで所在地などの情報が公表されます。個人でかつ自宅を開放となると、そのあたりの個人(?)情報も晒されてしまう訳なので注意して頂きたい点でもあるのかなと思います。

運営される方は、築120年の自宅を利用したり、海外在住経験を活かして運営を行われるそうです。
物や経験を活かしてかつ海外の方々へ体験などを提供出来るようになり、お金も頂けるということはとても良いことだと思います。

スクリーンショット 2018-05-19 13.44.44

合法民泊民泊の運営ノウハウは、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/


↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

京都の民泊新法 受理ゼロっ!

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

民泊新法開始まで1ヶ月をきりました。3月の開始から約2ヶ月経ったということでもあります。

民泊新法で一番厳しいとも言われている、京都では未だに受理は0件とのこと(5月9日現在)申請は6件とのこと。

運営出来る期間がかなり限られているなど、不動産投資として考えると非常に難しいということもあり件数が少ないのは予想できましたが、想像以上に少ないですね。
しかし、京都に関しては、旅館業物件が他地方に比べて多いため、いまだ様子見の方や業者がとても多いと思います。

やはり京都で民泊を行なうのであれば、旅館業を取得した物件で行なうべきだと結論に至ります。
スクリーンショット 2018-05-17 23.42.37


〜セミナーのお知らせ〜
日程: 2018年5月20日(日) 
12:30開場 13:00開演 15:30終了予定 
会場:東京国際フォーラムガラス棟会議室G407号室 
参加費:無料
お申込みはこちらから→ http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/05/20_ek/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

観光庁の民泊ポータルサイトで各自治体の状況をまとめ。

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

観光庁の民泊ポータルサイトで各自治体の状況が一覧にまとめられています。
窓口案内のページはこちらから→ http://www.mlit.go.jp/kankocho/minpaku/municipality.html#kyoto

検討状況も下記のようにまとめられます。
スクリーンショット 2018-05-16 21.43.16

46自治体が、区域・期間制限を含む条例を制定しています。
まだ対応検討中の自治体もありますので、1ヶ月をきった民泊新法の開始までどの様に出揃うのか、引き続き気にしていきたいと思います。


〜セミナーのお知らせ〜
日程: 2018年5月20日(日) 
12:30開場 13:00開演 15:30終了予定 
会場:東京国際フォーラムガラス棟会議室G407号室 
参加費:無料
お申込みはこちらから→ http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/05/20_ek/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

民泊✕イベントで相乗効果を楽しみましょう

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

イベント型民泊は期間限定特区としてコンサート開催時期などに合わせて行なわれています。
ここまで大きなイベントではなくとも、市町村単位や自治体単位で行われているイベントがあります。地域ぐるみで行われる類のものです。

今回、その中の一つのイベントに参加させてもらいました!
いろいろなお店の出店もあり、地域の方々集まり盛り上がっていました。こちらのイベントは季節にあわせて定期的に行われています。

この様な自治体レベルのイベントと民泊を組み合わせることも、また一つ民泊を稼働させるための手法になります。また宿泊を絡めたイベントが開催出来るようにもなりますので、相乗効果を産むことが出来ると思います。
IMG_1465

〜セミナーのお知らせ〜
日程: 2018年5月20日(日) 
12:30開場 13:00開演 15:30終了予定 
会場:東京国際フォーラムガラス棟会議室G407号室 
参加費:無料
お申込みはこちらから→ http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/05/20_ek/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

年に一度の保健所検査

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

旅館業の許可取得後は、年に一度消防と保健所の立会い検査が行われます。

10月に運営開始したばかりの東京の簡易宿所で立会い検査が行われました。

どうも自治体によって、見回り時期が決まっている様で取得間もなくとも検査対象となるとのことです。

ちなみに検査の内容は、旅館業申請時と変更がないか?ルール通りに運営されているかの2点が主です。

当該物件もちろん無事に合格しております。


運営ノウハウを知りたい方のためにブログを公開中!   
https://co-reception.com/ 

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    
                                                       
ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。