こんにちは、ほぼ元気になってきました合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

京都で簡易宿所の物件に取り組んでいますが、新築よりも中古住宅などをリフォームして旅館業を取得することのほうが多いです。
特に最近は、2世帯住宅への転換改修を手掛けています。そのため、改修工事もそこそこ大規模になります(規模は大きいけど、費用は抑えて行なっています)。

築年数が古い建物のときには、各工務店さんが現地調査時に耐震診断調査を行なってくれています。
逆をいうと、耐震診断を行なわない工務店さんもいます。

不要な工事をする必要はありませんが、必要なことはやるべきです。
耐震診断ってきくと、確かに一昔は詐欺みたいに不要な工事を行われるということがありました。
しかし、そこは信頼出来る工務店さんであれば問題ないかと思います。

京都の築古物件は、「築年数不詳」ざらにありますので確認が必要です。

17
今回、倒壊する可能性が高いという診断の物件がありました。

合法民泊民泊の運営ノウハウは、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!