教えて民泊先生!〜合法民泊のはじめ方と運営方法〜

合法民泊のはじめ方や運営方法の情報をすべて公開中! 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

稼働率

5月20日 セミナー後記 〜民泊先生による合法民泊投資について〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

本日、サンワード貿易さん主催のセミナーに講師として登壇させて頂きました。
ご参加頂いた皆さんご清聴ありがとうございました! 

少し緊張してしまいましたが相変わらず少し喋りすぎで(汗)、民泊のはじめ方や稼働率向上のポイントについてお話させて頂きました。
皆さんが行われる民泊が成功されるお手伝いが少しでも出来るようにセミナーやブログで情報ノウハウを伝え続けていきたいとあらためて思いました。

IMG_1494IMG_1495

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

宿同士での送客をおこなう。〜旅館業を営む上で起こる、ノーショーと延泊。最終回〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

前回からの続きです。
前回はこちら→ http://min-pack.blog.jp/archives/1071182848.html

ゲストからの延泊希望に添えない場合には、稼働率が良いためなかなか希望に答えることが出来ない時私たちはどうしているのか?
結論:運営している他のグループ宿を紹介する。

現在、私たちが直接運営している宿には同じ冠名称をつけてグループ化しています。グループの物件は、当然の様に同じクオリティが出せるように運営しています。同じクオリティが出せるからこそ、同じ名称を付けているとも言い換えられます。

ゲストの希望の中には、立地もあると思います。しかし、全く別の宿を紹介するよりは、同じ質のグループ宿の方がゲストも安心するというのも事実です。
私たちも、ただ他の宿が空いているから紹介するというのではなく、同じ品質の宿を提供出来るという点が最大の強みでもあります。

この結果がもらたすものというのが、東京〜京都〜鹿児島間など離れた宿同士でも送客が出来るということになります。すでに実際にこの様な送客を実現しています。
スクリーンショット 2018-05-13 0.16.22

グループ運営の話は、またの機会にしたいと思います、お楽しみに。


〜セミナーのお知らせ〜
日程: 2018年5月20日(日)
12:30開場 13:00開演 15:30終了予定 
会場:東京国際フォーラムガラス棟会議室G407号室
参加費:無料
お申込みはこちらから→ http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/05/20_ek/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

訪日外国人は、滞在期間の宿は全て決めていない!?〜旅館業を営む上で起こる、ノーショーと延泊。その2〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

前回の記事からの続きです。
前回はこちら→ http://min-pack.blog.jp/archives/1071169783.html

なぜ延泊が多いのか?
一つ、旅行の仕方が違うというのがあります。
私たち日本人の場合、旅行日程分の宿泊先を抑えるのが普通です。いや、むしろ抑えておかないで旅行するなんてなかなか出来ませんよね。

これが、欧米系の訪日外国人の方の場合、日本滞在期間が比較的長いため、宿は最初の目的地だけしか抑えていないということがあります。
この行動が延泊希望が多い理由となっています。

バックパッカーの様な1人旅の場合には、想像がつきやすいと思いますが、母と娘の様な旅行でもこの様な旅行の仕方をされています。
滞在の結果、その街を気に入り、宿も気に行って頂けると、延泊希望が増えるということになります。

また同様に予約時に宿の評価が元々高く、実際に宿泊されてその評価を実感されると延泊を希望される確率があがります。
スクリーンショット 2018-05-10 23.16.19

次回は、延泊希望に添えない場合に私たちはどうしているのか?をお伝えします!

〜セミナーのお知らせ〜
日程: 2018年5月20日(日)
12:30開場 13:00開演 15:30終了予定 
会場:東京国際フォーラムガラス棟会議室G407号室
参加費:無料
お申込みはこちらから→ http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/05/20_ek/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

旅館業を営む上で起こる、ノーショーと延泊。

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

旅館業を運営していると、「*ノーショー」というのが稀にあります。
*予約をした人がキャンセルの連絡もないまま、現れないこと

この逆といいますか、宿泊中に「延泊」希望というのもあります。

極めつけは、宿泊中に予約を切り上げてチェックアウトする、というのもあります。

管理が不届きな宿だと、この様なことが起きるようです。具体例を挙げると、部屋が汚い・極端に寒い、暑いなど。
これは、日本人からするとなかなか考えられないことかもしれないですね。
予約を切り上げて、予約サイトにクレームを入れて返金してもらい、すぐさま代わりの宿を探すそうです。
私たちの宿では当日の予約もギリギリまで受け付けているため、この様なゲストからの飛び込みの予約もあります。このゲストから話を聞き、上記の内容などで予約を切り上げたということを知りました。
スクリーンショット 2018-05-09 23.07.30

なお私たちの運営している物件では、延泊希望が多いです。
ただし稼働率が90%前後で推移しているため、なかなかご希望に添えない場合があります。
なぜ延泊が多いのか、希望に添えない場合にはどうしているのか?この話は、また次回に!


〜セミナーのお知らせ〜
日程: 2018年5月20日(日)
12:30開場 13:00開演 15:30終了予定 
会場:東京国際フォーラムガラス棟会議室G407号室
参加費:無料
お申込みはこちらから→ http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/05/20_ek/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

民泊新法✕◯◯◯◯◯で運営してみる。

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

民泊新法の開始が徐々に近づいてきましたね。
どの位の物件数が届出され開始されていくのでしょうか。
とはいえ、まだまだ悩まれている方も多々いるかと思います。

悩みの多くは、集客出来るのか売上が上がるのか等だと思います。

ただ民泊新法で運営するのではなく、✕アルファで運営し集客と売上向上を図ってみませんか。
このGWで思ったことは、例えば・・・✕「キャンプ場」
IMG_1433

キャンプは一年中というよりは、時期が決まっていますよね(民泊新法も上限日数制限あります)。
そのため、一時期にお客様が集中します。
キャンプは好きだけど、テントやコテージで寝るのは出来ないという人もいます。
お風呂(シャワー)やトイレが共有のため、それを不便だと思う人や小さなお子様がいる場合には泊まることを諦めている人もいます。

キャンプ場は田舎にあり、田舎には空家・空き室があることが多いです。
そこで、キャンプ場近くの空家を利用することで、これらを解決することができ、かつ売上も上げられるというアイディアはいかがでしょうか。
IMG_1430IMG_1427
泊まるだけではなく、竹山があればタケノコ掘りなどの体験も提供できます。
IMG_1444IMG_1420

〜セミナーのお知らせ〜
日程: 2018年5月20日(日)
12:30開場 13:00開演 15:30終了予定 
会場:東京国際フォーラムガラス棟会議室G407号室
参加費:無料
お申込みはこちらから→ http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/05/20_ek/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    
ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。