教えて民泊先生!合法民泊で行う不動産投資のはじめ方

ダメ無許可民泊!合法で行なう民泊の方法をお届けします。 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

稼働率

TEMAIRAZUシリーズと「CRスケジューラー」、システム連携開始

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

この度、比較.com株式会社が提供する「TEMAIRAZUシリーズ」と、私達が提供する「CRスケジューラー」のシステム連携を開始したことを発表いたします。
同連携により「TEMAIRAZUシリーズ」の従来のサービスである複数のオンライン宿泊予約サイトを一元管理できる機能と並行して
「CRスケジューラー」が、「手間いらず」に関する手作業を大幅に省略します。 

「CRスケジューラー」3つの特徴
特徴1:複数の物件を一元管理  複数の物件を容易に一元クラウド管理できます。ゲスト情報を確認する際、わざわざ各施設の手間いらずのアカウントにログインする必要が有りません。
特徴2:情報の取り込みやスケジュール作成を自動化 自動的に部屋割りなどを作成する自動スケジュール作成機能で、業務時間が大幅に減ります。
特徴3:手作業の減少 これまで手作業でエクセルで管理してた、新規の予約やキャンセル対応も自動的にリストに反映します。


費用
同連携のキャンペーンとしてTEMAIRAZUシリーズを導入している宿泊施設の中から先着100名まで使用開始から1ヶ月は無料です。
その後、一部屋につき月額500円の課金させて頂く予定ですが、CRスケジューラーの改善にご協力頂ける場合、1ヶ月以上、無料でご利用頂けます。詳細は、お問い合わせ下さい。

注意事項
お一人、10物件までです。つまり、手間いらず10アカウントまでです。 手間いらずとの契約は、オーナー様でお願いします。 対応の予約サイトは、booking.com、楽天トラベル、じゃらんの3つです。しかし、この3つで日本国内のシェアの8割以上をカバーしているので、この3つだけでも実用的です。これら以外の予約サイトも対応可能ですが、詳細はお問い合わせ下さい。 データを改変して他社への販売はご遠慮下さい。 今後は、「ねっぱん!」などのサイトコントローラーにも対応予定です。

*TEMAIRAZUシリーズとは、宿泊予約サイトの一元管理や予約情報の高速取得などの機能を備えたシステムだ。楽天トラベル、じゃらん.netなどの国内宿泊予約サイトやBooking.com、Airbnb、agodaなどの海外宿泊予約サイト、またはダイレクトインなどの各社ホームページ用宿泊予約システムなどに対応する。 

詳細を知りたい方、すぐにでも試してみたい方はこちらからお問い合わせください。
https://co-reception.com/pms-cr-application/

次回から、3つの特徴について詳細説明をしていきますので是非ご覧ください!
55

すでに運営している、また運営ノウハウを知りたい方のためブログを公開中! 
https://co-reception.com/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓                         
       

外国人の平均宿泊日数は? 最終回

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

外国人の平均宿泊日数は?シリーズの最終回です。

結論:京都に宿泊する訪日外国人数は、東京をも上回った。

下記、京都市の調査報告の記事をご紹介します。

観光客の宿泊数の合計となる「延べ宿泊人数」は16年、日本人・外国人全体で2150万人。
平均宿泊日数は1・52泊で観光庁調査の全国平均(1・32泊)を上回った。
宿泊施設の定員でみた稼働率は78%と推計され、全国平均(39・1%)の2倍となった。  

このうち外国人宿泊客は延べ632万人で、平均宿泊日数は観光庁の全国集計で都道府県トップの東京(1・94泊)を上回る1・98だった。府県単位など集計方法が異なるものの、首都と比肩する高水準にあることが分かった。 

次回以降は、この記事内にも出てくるのですが、稼働率についてもお話出来ればと思っています。
なお京都市の稼働率は78%(推測)…とあります。この稼働率は、運営の善し悪し一つ目安になると思います。

05


すでに運営している、また運営ノウハウを知りたい方のためブログを公開中! 
https://co-reception.com/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓                         
       

5月27日(土) 京都セミナー後記

こんにちは、合法民泊コンサルタントの三浦剛士です

先日(5月27日(土)開催致しました、京都セミナー後記です

今回も実際に旅館業としての物件を見学しながら、見る・感じる・聞く、の体験型セミナーでした
テーマは、「最新の旅館業法、合法民泊が出来る物件の取得方法と運営の実態」

最新の旅館業法では、京都市の動向など、今まで大丈夫だった要件が今後は厳しくなるのではと、さきを見据えた大事なポイントを。

物件の取得については、ただ物件取得する時代は終えたという事実を基に、今後はどのような物件だったら成功するのかなど、普通のコンサルでは言わないようなことを赤裸々に。

運営の実態では、いまだに「民泊」はボロ儲け出来るという風潮があるなかで、私が運営をしている物件の実際の売上、稼働率をご覧頂きました。
これに合わせて、私の運営方法や何を意識して運営を行なうと良いのかなどを実体験に基いてお話しました。

少人数で行っているので、質疑応答などもしっかり出来るセミナーとなっております
京都でのセミナーは2ヶ月に1度は開催していこうと思っておりますので、ご参加お待ちしております
IMG_0892

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓                                                            
      

「民泊」が旅館・ホテル需要を食っている(浅草の事例)

こんにちは、民泊先生こと三浦剛士です。

とれも興味深い記事がありました。是非あなたにも興味を持って頂ければと思い共有しますね。

「浅草の雷門の側の宿では、お客様のいない日が続いている」
と、おそらくですが浅草でAirbnbをやっている人からすると、本当!?って思っていると思います。
記事には、当然にAirbnbが絡みますが、その中にもAirbnbでの稼働率は8割以上(!)と出ています。

現に私がサポートしている浅草の簡易宿所物件(すなわち旅館・ホテル側になります)の稼働率は8割を優に超えています。

ホテル不足と言われている事とギャップがあるのは、何故なのだろう?というのが興味を引きました。
闇民泊だけが原因ではないと思います。

以下記事へのリンク
http://blogos.com/article/167816/

original



民泊投資の参考になったら下2つのボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
     
民泊・Airbnbランキングへ   

国内宿泊、初の5億泊 外国人増、都市部でホテル不足

こんにちは、民泊先生こと三浦剛士です。

2016年1月の訪日外国人数は、2015年7月を上回ったそうですね。
ただAirbnbを運営されている方の肌感覚はどうだったのでしょうか?
恐らく聞こえてくる答えは、すっごい厳しかったという声が多い気がします。人が増えたのに稼働率が上がらないという一因は、物件数の増加が挙げられます。

その中、2015年度は初の5億泊超えという記事。
以下、朝日新聞からです。

国内のホテルや旅館への2015年の年間宿泊数は前年より6・7%多い延べ5億545万泊で、過去最高を記録した。外国人の宿泊が前年の1・5倍に伸びたことが全体を押し上げた。宿泊の埋まり具合を示す「客室稼働率」は大阪府や東京都で8割を超え、大都市部のホテル不足が深刻な実態も明らかになった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160301-00000012-asahi-bus_all

何をすべきは見えています。ただし安易には考えていません。私がサポートしている新築簡易宿所は、さらにその先まで見据えて着実に着工中です。先日、上棟しました!あと数か月で完成します。


2016y03m01d_180826302


民泊投資の参考になったら下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
  
民泊・Airbnbランキングへ 
ホームページ
プロフィール
Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。