教えて民泊先生!合法民泊で行う不動産投資のはじめ方

ダメ無許可民泊!合法で行なう民泊の方法をお届けします。 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

税制度

(合法)民泊に関する税制度について2

こんにちは、合法民泊(簡易宿所)コンサルタントの民泊先生こと三浦剛士です

京都では、
各保健センターが12月末以降に許可が下りた方に対し、添付の税制度の案内用紙を配布してます。

民泊の売上は、どの様な所得扱いになるのか?
答えは、「事業所得」または「雑所得」となります。
ただし、現時点では、税理士さんによって頂く答えが違っています。
もちろん個人か法人かで変わってきます。 どうしても後回しになりがちなことですが、税金のこともちゃんと理解する必要があります。

私は、税理士ではない限り、税金については簡単に言えませんので、税理士さん(または税務署)の口から聞くのが確実です。
ということで、次回または次々回位に、税理士さんを講師に迎えたセミナーを行う予定です。
お待ちくださいませ~
2017y01m26d_235042702

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓                  
            

民泊に関する税制度について

こんにちは、合法民泊(簡易宿所)コンサルタントの民泊先生こと三浦剛士です

京都では、
各保健センターが12月末以降に許可が下りた方に対し、添付の税制度の案内用紙を配布してます。

要は、税金が増える可能性があるということです

理由は、民泊は、「事業用」として判断されるためです
通常の賃貸は、「居住用」となるため、各種減税措置が受けられています。
最大で約4倍の差が出るとも言われています。

私は、税理士では無いので中途半端なことは言えません。
しかし、不動産投資として民泊を行うにあたっては、税のことも理解していないといけません。
この点についてまでちゃんと説明をしているところは、まだ少ない気がします。
不動産取得税も該当します。払うのはオーナー様です、この点もよく理解して取り組んでいきましょう!
2017y01m23d_233526901

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓                  
            
ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。