教えて民泊先生!〜合法民泊のはじめ方と運営方法〜

合法民泊のはじめ方や運営方法の情報をすべて公開中! 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

病院

小規模の宿泊施設の選択肢を拡げる

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

民泊新法が始まりました。ヤミ民泊で行っていた物件や運営会社は、ウィークリーやマンスリー貸しという方向に流れているようですね。

ヤミ民泊は、いけませんが、宿以外の利用方法や宿の利用方法の選択肢を増やすということは有っても良かと思います。
例えば、遠方からの日帰り手術などの宿泊に利用してもらうのはどうでしょうか。

実は、私この週末で日帰りの手術を受けていました(人生初の手術。なお健康状態は、問題ないのでご安心くださいませ^^;)。
地方から手術に来られる場合には宿泊先の提案もあるということを先生から聞きました。日帰り出来る範囲(往復で90分位)の私は、術後になんとか帰宅しましたが、帰宅中が結構しんどくて家に着いたらすぐに横になってました。これがもう少し距離があったらなら、近場に泊まりたいなと私は思いました。
おそらく日帰り手術の場合、殆どが翌日に術後の検査があると思われます。

病院と提携という大きなことではなくても、この様な方々にも小規模の宿泊施設が行き届けばwin-winになるのではないかと思います。
gatag-00011407

合法民泊の運営ノウハウをこちらのブログで公開中 → https://co-reception.com/all-articles/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

合法民泊の運営 万が一の時には

こんにちは、合法民泊(簡易宿所)コンサルタントの民泊先生こと三浦剛士です

昨日は、具合が悪く一日寝込んでいました

と、寝込んでいた時に思ったのですが、
訪日外国人の方でも同じことが起こるのではないかと、
旅行に行った先で具合悪くなるパターンですね笑

各宿泊施設でも近隣の病院は調べてあります
病院に行くほどでもない場合は、薬に頼ればよいという場合もあります
常備薬も必要かなと
free-icon-4b-192-iconhoihoi

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓                                                 
      
ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。