教えて民泊先生!〜合法民泊のはじめ方と運営方法〜

合法民泊のはじめ方や運営方法の情報をすべて公開中! 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

町内会

近隣の方からの反応 〜旅館業許可取得までは抜かりなく! その2〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

前回の「旅館業許可取得までは抜かりなく!」こちらの記事からの続きです。

京都では「民泊反対」や「民泊絶対反対」など看板を見かけることがあります。
これは、もともと「ヤミ民泊」のことを指していました。無許可で無責任体制で行なうのは止めてくれ、ということでした。
ですので、この様なエリアでも、説明会を開き合法的に行なうということを説明させて頂くことで理解を頂いておりました。

しかし前回の記事のように、旅館業改正があったいまでもダンマリでこっそり始めてしまおうと考えている人が、いまだにいるため最近の看板にこのようなものが出現しました。
BlogPaint
自治体からも求められているように、近隣町内会に説明を行ない理解を得てから運営したいですね。

合法民泊民泊の運営ノウハウを、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    

                                     

旅館業許可取得までは抜かりなく!

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

京都では6/15に旅館業改正があり、近隣説明が必要になっています。

先日も私達は、とある有名スポットの新規宿建設のために説明会を開催していました。
その数日後、物件の真裏で旅館業の物件のリフォーム工事着手がされていまして、近隣の方に伺ったら
「あそこは何の説明も告知もなく勝手に工事を始めているのよっ(●`ε´●)」とご立腹でした。

私達としては、旅館業改正の有無関わらず、毎回説明会を開催しているので、改正後にも関わらず、近隣説明なしで進めている人がいることに驚愕でした。そこはちゃんとしよ〜よっ本気で言いたい。

しかし、この場合、保健所への届け出の時に何と説明するのか⁇この疑問を行政書士さんに聞いたら、
「保健所には説明会を開催したって、嘘をつくんだと思います」
という回答。
「でも、近隣から通報されたら一発でバレますけどねっ」

まっ、そうなりますよね。

ということで、当たり前のことをちゃんとしなかった場合、どの様な影響があるのか…次回にお伝えします!

↓これはよく見るポスターです。
FullSizeRender

合法民泊民泊の運営ノウハウを、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    

                                     

合法民泊の運営と町内会との繋がりとゲストへのご紹介

こんばんは、合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

私の方で運営をお受けする際には、運営前に町内会へのご挨拶をすると共に町内会に加入しています。

ちょうどいま時期は、地域のお祭りがあるので、形は違えどもお手伝いさせてもらっています。

可能な限り、ゲストにも伝えて体験参加してもらえたらなという考えもあります。
この様な発信で、宿泊費+@の「体験」を提供していきたいのです。
というのも地域のお祭りには、全然外国人の方をまだまだ見受けられません。

ゲストにもご近隣の方々にも頼んでもらえる様な運営を考えます。




合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓                          
        

(合法)民泊の指導強化へ 京都市が1日から新要領

こんにちは、合法民泊(簡易宿所)コンサルタントの民泊先生こと三浦剛士です。

昨日の今日、情報出てきましたね
京都の保健所界隈では前から話が出ていました。ただ詳細決まっていないから言うなと箝口令もひかれておりました笑
京都は12月1日から、大きく要項が変わります。

民泊開業前の近隣への周知や、客による迷惑行為の防止の徹底などを求めており、必要に応じて立ち入り調査を行う。無許可営業に対する刑事告発の手続きも定めた。
 旅館業の許可を得ていない場合や運営に問題がある場合、市は主に旅館業法に基づいて改善を求めてきたが、指導内容を定めた要綱はなかった。外国人観光客の増加に伴って民泊施設が増えており、騒音やごみ出しを巡る苦情が市に寄せられている。
 策定した要綱は、ホテルや旅館、簡易宿所などすべての旅館業施設が対象となる。事業者が利用客に防止を求めなければならない迷惑行為として、「早朝や夜間に旅行かばんを引く音などの騒音」「決まりに反したごみ出し」などと細かく定めた。新たに旅館業の許可を申請する場合は、施設のある町内会などへの説明が必要としている。 

これについての私なりの考察をまとめて次回お伝えします。
IMG_8866

民泊投資の参考になったら下2つのボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓              
         

町内会に参加していますか?

こんにちは、民泊先生こんにちは、三浦剛士です。

東京では殆ど希薄になってしまった町内会、加入しない人の方がいまは多いのではないでしょうか?

しかし、京都ではしっかりと残っています。
私達がサポートしている物件の町内会には全て加入しています。色々なお言葉をいただくこともありますが、町内会に参加することの大事さはあります。私達が、堂々と挨拶して参加出来るのは、ちゃんと旅館業(簡易宿所)の許可を取得した民泊を行っているからです。

これが無許可で民泊行っていると、バレるのを恐れて参加しない、ではなく参加出来ない、という(;_;)
これは悪循環です、町内会に参加しない時点で詰んでいます。

ご近所の方々とも協力して民泊も利用して街ぐるみで盛り上げようと考えるなら、正当に旅館業の許可を取得した民泊を始めるべきです。

ちなみにいまは、民泊110番もあり来年からは民間で委託を受けた業者の摘発も始まります。この話は、また次回。
t_1_v3

民泊投資の参考になったら下2つのボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓ 
         
民泊・Airbnbランキングへ 
ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。