教えて民泊先生!〜合法民泊のはじめ方と運営方法〜

合法民泊のはじめ方や運営方法の情報をすべて公開中! 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

田園住居地域

年に一度の保健所検査

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

旅館業の許可取得後は、年に一度消防と保健所の立会い検査が行われます。

10月に運営開始したばかりの東京の簡易宿所で立会い検査が行われました。

どうも自治体によって、見回り時期が決まっている様で取得間もなくとも検査対象となるとのことです。

ちなみに検査の内容は、旅館業申請時と変更がないか?ルール通りに運営されているかの2点が主です。

当該物件もちろん無事に合格しております。


運営ノウハウを知りたい方のためにブログを公開中!   
https://co-reception.com/ 

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    
                                                       

平成30年4月 用途地域の種類が増えます。

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

平成30年4月から「田園住居地域」という住居系の用途地域が追加されます。

旅館業を営むことができるのか?

結論:旅館業は運営できない。

これは、「住居系」に部類されています。
都市計画における住居系用途地域の一つで、農業の利用の増進を図りつつ、これと調和した低層住宅に係る良好な住居の環境を保護するために定める地域。都市計画法に基づく制度である。

建築規制
・区域内での建築物の用途は、低層住居専用地域に建築可能なもの(住宅、老人ホーム、診療所等)又は農業用施設(農業の利便増進に必要な店舗・飲食店等で面積500平方メートル以内のもの、農産物の生産・集荷・処理・貯蔵に供するもの、農産物の生産資材の貯蔵に供するもの)に限る。
・区域内の建築物について、容積率、建ぺい率、高さ、外壁後退を、低層住居専用地域と同様に制限する(これによって、日影等の影響を受けずに営農継続が可能となる)。


地方の自治体では「農業民泊」というのを推進しているところも多いです。
こじつけになるかもしれませんが、これと合わせれば自治体によっては、旅館業施設を認めてくれる自治体があっても良いのかなとも思いました。

45


運営ノウハウを知りたい方のためにブログを公開中!   
https://co-reception.com/ 

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    
                                                       
ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。