教えて民泊先生!合法民泊で行う不動産投資のはじめ方

ダメ無許可民泊!合法で行なう民泊の方法をお届けします。 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

民泊

「家主居住型」床面積で設置する自動火災報知機が決まる 〜合法民泊と消防設備の関係 その2〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

前回からの続きです。
旅館業をはじめ民泊新法を行なうにあたって、消防との関係は切っても切れません。

民泊新法の場合は、「家主不在型」と「家主居住型」でも違いがでてきます。

「家主居住型」の場合、民泊で利用する部分の床面積で設置する自動火災報知機が決まる
*民泊としての用途する部分の床面積が、建物全体の半分以下でかつ50㎡以下の場合は、「住宅用火災報知器」の設置で可能。
*民泊としての用途する部分の床面積が、建物全体の半分以下でかつ50㎡超の場合は、「特定小規模施設向け自動火災報知設備」の設置が必要。
*民泊としての用途する部分の床面積が、建物全体の半分超の場合は、建物全体に「特定小規模施設向け自動火災報知設備」の設置が必要。

「特定小規模施設向け自動火災報知設備」
親機子機の区別がなく各々がグループ連動している無線連動型の感知器です。
スクリーンショット 2018-07-14 11.53.25

重要→自治体の条例によっても違いますので、まずは消防署などに確認をしてくださいね。

家主在住型の場合は、第三者(家主)が原則居るということで緩和されている、しかしあまり大きい建物だと見きれないし、アパート等の場合には他の入居者宅への対応もしましょう、ということになります。

合法民泊のノウハウを公開中!
https://co-reception.com/all-articles/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

合法民泊と消防設備の関係 〜私は、これで50万円以上の追加が出てしまいました〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

旅館業をはじめ民泊新法を行なうにあたって、消防との関係は切っても切れません。

今回は、合法民泊と消防のお話です。
旅館業の建築物は、「事業系」扱い(正確には、特定防火対象物)となります。そのため消防についても、事業系として扱われます。
設置する消防設備は、住居系の簡易なものではダメです。ということになります。

民泊新法の場合は、「家主不在型」と「家主居住型」でも違いがでてきます。

「家主不在型」の場合、自動火災報知機の設置が必要
*延べ床面積が300㎡未満の場合は、「特定小規模施設向け自動火災報知設備」の設置が必要
*延べ床面積が300㎡以上の場合は、「通常の自動火災報知設備」に設置が必要

「特定小規模施設向け自動火災報知設備」
親機子機の区別がなく各々がグループ連動している無線連動型の感知器です。
スクリーンショット 2018-07-14 11.53.25

「通常の自動火災報知設備」
親機があり強く押すの火災報知器や、火災受信すると消防署に連絡がいくタイプとなっています。
IMG_0971Proprietary-type_fire_alarm_manual_call_point

報知器の規模からも分かる通り、値段も俄然違ってきます。
ちなみに私は、これで追加50万円以上とられました…(T_T)
大型での建物で合法民泊を検討している方は、費用として意外に見落としがちなのでお気をつけください。

重要→自治体の条例によっても違いますので、まずは消防署などに確認をしてくださいね。

次回は、「家主居住型」の場合を説明します。

合法民泊のノウハウを公開中!
https://co-reception.com/all-articles/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

宿泊制限〜民泊物件をBooking.comへ掲載するノウハウ集〜その5〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

民泊物件をBooking.comへ掲載するノウハウ集、今回はその5〜営業活動、宿泊制限編です。

宿泊制限2泊以上:
1泊の予約は、掃除が多く発生し利益が出ないので2泊以上からしか予約できないようにする。

最大宿泊日数5泊以下:
レビューを貯めるため。オープン当初は、宿泊費用を安くし多くのグループに泊まってもらって、レビューを貯めるため、 最大宿泊日数は、5泊にする。レビューの貯める目標は、開設 2ヶ月以内に5レビュー。

予約受付終了日:
受付終了日を設定できる。1dayにすると当日予約を受け付けれなくなる。

注意点:
以上の3機能は、民泊運営に重要でこの画像の場所で設定できるがデフォルトでは、表示されない。Booking.comパートナーサポート: 03-6837-0400に電話して、表示してもらおう。 そして、サイトコントローラー接続時は、このカレンダーが操 作できないことがあるので、オペレーターに頼んで操作してもらいましょう。
スクリーンショット 2018-07-11 10.10.42


合法民泊を行なうならサイトコントローラーBeds24をお勧め!いまなら無料体験を提供中です。
https://co-reception.com/beds24/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

合法民泊は、地域に根付いてこその運営なり。

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

いま1ヶ月強の日本人の宿泊希望者様がおります。
期間が凄いという訳ではなく、この希望者様は宿近隣の地元の方からのご紹介なのです。
少しづつでも地元に根付いていけるように日々営業していることの結果だと喜んでおります(^^)

ちなみに、なぜ地元の方からご紹介の連絡が頂けるかというと、
・連絡先の窓口をしっかりと明示している。
・名刺を説明会時に参加者様の全員に渡している。

といういたって、(A)当たり前のことを、(B)バカにせず、(C)しっかりとやっているからです(ABCの法則)。

京都の案件も色々と続けているのですが、この1ヶ月は毎週近隣説明会を行なっています(全て別々の案件です)。
いま説明会は、一度で終えています。理由は、私たちの運営宿が増えたことにより実績と経験値も増えて、より信頼性と信用性が上がってきたことだと思っています。もちろん、これだけではなく近隣の皆様のご協力があってこその運営だと考えているからです。

IMG_1689
この様な町内会ごとの情報もゲストに伝えていきたいと考えています。

合法民泊の運営ノウハウをこちらのブログで公開中
https://co-reception.com/all-articles/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

旅館業とSNSの相性

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

今日の結論:
日本への旅行客が急拡大中の東南アジアのゲストは、SNSの自社サイト(主にフェイスブック)から予約するのでSNSにも自社ホームページを作るべき。

旅館業運営の集客は、基本はBooking.comやじゃらんnetなどの各掲載サイトを利用することになります。
それ以外には、ゲストからの延泊希望など直接予約を頂くこと、あと自社HPを作成してここから予約を取ることになります。

しかし各国によって検索の仕方は違うようです。
東南アジアの人達は、グーグルを使わないそうです!調べ物は、全部SNSで予約等もSNS経由がダントツで多いそうです。
この情報は、Beds24の導入先のベトナムのホステル経営者様から教えて頂いたものです。

36794631_2076511779049048_4400459264817102848_n (1)


合法民泊を行なうなら「サイトコントローラーBeds24」がオススメ!いまなら無料体験を提供中です。
https://co-reception.com/beds24/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    
ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。