教えて民泊先生!〜合法民泊のはじめ方と運営方法〜

合法民泊のはじめ方や運営方法の情報をすべて公開中! 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

民泊解禁

増量中!とノビシロ!

こんにちは、民泊先生こと三浦剛士です。

とある方からの情報をよると、直近でのAirbnb利用者は150%増、Airbnb登録物件は250%増なのだそうです。
今後、民泊解禁により更に爆発的に件数はまだまだ増えることは間違いありません。並行して撤退する人もいるでしょうけど、その比ではないでしょう。
あなたは、この数字から何を想像し、どのように考えますか?
k_top_icon_10per_150401

民泊投資の参考になったら下2つのボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
     
民泊・Airbnbランキングへ

民泊解禁!? 民泊 管理者置けば届け出で営業可能に

こんにちは、民泊先生こと三浦剛士です。

昨日のこのニュースは日本を激震させたのではないでしょうか?
「民泊 管理者置けば届け出で営業可能に」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160513/k10010518831000.html
規制は大幅に緩和され、
住宅地でも解禁、
一般住宅でOK、
ネットで簡易登録、
嫌な時は拒否可能、
年間の宿泊日数に上限が・・・←ここかなり重要です。ほぼ間違いなく日数上限はなされるハズです。

このニュースを聞いて、安易に参入する方は爆発的に増えると思います。Airbnb過当競争だと思っていたのが、今以上になるでしょう。現状でも集客に苦労されている方は、撤退せざる得ない状況になるかもしれません。結果、「立地」のみが全ての勝敗を決めることになります。そのため、チャンスが増える人とピンチに陥る人が明確に分かれると思います。

このニュースを聞いて、色々と想像と想定をしました。
結果、やはり旅館業取得での民泊投資をサポートし続けます。理由は、「集客」です。
あなたは、どうしますか?
2016y05m14d_220618866

民泊投資の参考になったら下2つのボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
     
民泊・Airbnbランキングへ



教えて民泊先生! 簡易宿所取得可能な物件って何?

こんにちは、民泊先生こと三浦剛士です。

お陰様で嬉しい事に毎日の様に民泊~簡易宿所取得についてのご相談を頂いています。
なぜ嬉しいのかというと、世はAirbnbブーム真っ只中なので、もう次のステージを目指せねば!と思っている人が増えたのと同時に合法で稼ぐ方法があるという、民泊投資が認知されつつあるという事が確信に変わった為ですヾ(=^▽^=)ノ

最近、一番多い質問をご紹介し回答を公開します!
Q.簡易宿所の要件などがわからず、どのような物件が対応可能なのでしょうか?どうやって調べていけばいいか教えて下さい。

A.まず建築基準法の”用途地域”を確認して下さい「住居専用地域」での取得は出来ません。
旅館業取得の要件は、たくさんありますが、そもそも用途地域が合っていないと現行法では出来ません。

BlogPaint

                   ↑クリックすると図が大きくなります。赤枠内が可能な用途地域となります。

旅館取得には、「保健所」「消防署」そして「役所※建築課」に相談する必要があります。用途地域確認もその一つです。
また売地や売り中古戸建など不動産屋さんが作成する販売図面(マイソク)には、必ず「用途地域」の記載がありますので、閲覧すればすぐに分かります。SUUMOなどポータルサイト上にも記載がありますので確認できます(稀に記載されていない物件もありますけど…)。


民泊投資の参考になったら下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
  
民泊・Airbnbランキングへ 

1/24 「おもてなし」不動産投資セミナー 後記

昨日のセミナー、大盛況のうちに終わりました!
会場は満員御礼で、みなさんの民泊についての興味深さを感じました!
DSC_0143
はじめは、ふわふわ大家さんこと板垣ひろ美さんによる講演。
板垣ヒストリーから始まり、Airbnbや簡易宿所を手掛けた経緯。なんと途中にはバイトでAirbnb運営を行なっている娘さんが登壇され、リアルなお話を頂きました。何と先月の売上〇〇〇万円…。というお話まで聞かせて頂きました。
DSC_0219
次に、民泊集客アドバイザーの門口晃久さん。
彼とは去年の6月にフィリピンに無理やり連れて行ってからの仲で、簡易宿所の集客と運営管理をお願いしています。元々システムエンジニア出身だったので、数字や仕組み作りに精通している、信頼出来る仲間です。
DSC_0174
そして私、「あの噂の民泊先生」(笑)として登壇させて頂きました。
「簡易宿所の始め方」として基本のキと簡易宿所を始めるべき3つポイントについて、先日の日経記事や大京さんの記事を更に一歩踏み込んだ違う観点からお話させて頂きました。
DSC_0191
最後は、3人への三者三様の質疑応答。
DSC_0207IMG_2024
セミナー後は、懇親会という名のお茶会へ。
セミナーとはまた別の雰囲気で直接に質問頂いたり、ご参加者さん間でもコミュニケーション取られたりとか和気藹々の中で良かったですね!

この様な雰囲気求めておりました!
次回のセミナーは、少人数で行ないますので、あなたにも同じ雰囲気の中で、民泊投資を簡易宿所というものを知ってほしいです。


日本で唯一の簡易宿所コンサル のホームページ。
→ http://www.kanisyukusyo.com/

■セミナーのお知らせ
「Airbnbや民泊での合法的成功例教えます。」セミナー開催決定! 
開催:2月13日(土)15:00~ ※2月8日(月)の回は定員に達した為、募集終了しました。
お申込みはこちら
http://kanisyukusyo.com/201602_semiform/mailform.html



ランキング参加しました。ポチッとお願いしますm(__)m

不動産投資ランキングへ
 

民泊解禁!、2段階で。 まず「簡易宿所」扱い

民泊に興味津々なあなたにお送ります、民泊先生の三浦です。
本日の記事です、必読です。本当に大事な記事なので、長くなります。

日経新聞の1面ですね! 2段階ときましたね。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS22H5K_S6A120C1MM8000/
IMG_3246
1段階目の内容
・「簡易宿所」と位置づけ。
・許可制。
・規制緩和。※文中では、”特例”を設ける、と表記されています。
・住宅専用地域は、認めない。
・設備投資必要。

このため政府関係者筋は、「個人の貸し手などが簡易宿所の許可を得るかは未知数」
私も同じ意見です。いまAirbnbやっている半数以上は許可を得ないと思います。
なぜなら、やっぱり無断また貸し(転貸)が多いのが現実。
投資額を思い切きり抑えている。物件購入や設備投資出来るほどではない等の為です。

IMG_3249

正直な感想、1段階については想定内です。
2段階目の内容は、更に追い風になりえる内容でした。

第2段階目
・新法の制定を含めた法整備を検討※旅館業法の適用を外した新法?。16年度中に実施する方向。
・ネット仲介事業者(Airbnbとか)に登録制の義務付け。
・具体策は6月にまとめる。
・住宅専用地域でも解禁。※用途地域の制限がなくなる?

という事で、2段階案をまとめると、
旅館業法の適用から除外することで、個人での参入もできる土台(新法)を作ろうとしている。
民泊自体は大賛成なので、ブラックではなくホワイトで出来る状態になれば大歓迎です。
ただし、私は不動産投資として考えますので「時限」ではなく、マラソン投資出来る新法ないし案にして欲しいというのが切なる想いです。


一面みていたら、あれ? あれれ。
IMG_3247
明日、出版記念セミナーを行なう板垣ひろ美さん著書の広告が!
IMG_3248
記事と一致ですね!明日のセミナーも最新情報をお伝え致します、お楽しみに!

日本で唯一の簡易宿所コンサル のホームページ。
→ http://www.kanisyukusyo.com/

■セミナーのお知らせ
「Airbnbや民泊での合法的成功例教えます。」セミナー開催決定! 
開催:2月13日(土)15:00~ ※2月8日(月)の回は定員に達した為、募集終了しました。
お申込みはこちら
http://kanisyukusyo.com/201602_semiform/mailform.html



ランキング参加しました。ポチッとお願いしますm(__)m

不動産投資ランキングへ

にほんブログ村
ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。