教えて民泊先生!合法民泊で行う不動産投資のはじめ方

ダメ無許可民泊!合法で行なう民泊の方法をお届けします。 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

民泊新法

Beds24とスマートロックで運営効率を高めます

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

まずは、こちら写真をご覧ください。何だと思いますか?
IMG_1587

これは「Remote Lock」といって、Wi-Fi型スマートロックシステムです。
スマートロックといわれるものは、いくつかありますがWi-Fi接続は未だ多くないそうです。

最大の特徴は、
このリモートロックと繋がる唯一繋がるサイトコントローラーがBeds24(先日ねっぱん!との連携を発表)であることです。

これにより、下記の様なことが可能となります。
・解錠時に、自動メール通知機能で管理者に知らせるため、いつ、どこで、誰が、どのキーで入室したのかが自動的に記録され。
・API連携機能。物件を予約すると滞在期間限定で利用できるPINコードを自動的に申込者宛てに送ることができる。

昨日、今日で設置工事を進めており、これから実施運用を進めていきます。その上で随時ほかの運営物件でも取り入れていく予定です。

合法民泊の運営ノウハウをこちらのブログで公開中 → https://co-reception.com/all-articles/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

体験+@で行なう合法民泊

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

以前、今後の旅館業(簡易宿所)運営についての差別化として、「宿泊+@(体験など)」が必要になってくるとお伝え致しました。

しかし、逆の発想(発展)もあると思います。すなわち、「体験+@(宿泊)」です。
すでに体験をお客様に提供出来ており、その体験をさらに発展させるために宿泊を提供していくということです。

実際に東京で里山で体験を提供しており、その先の体験を考えられている方からご相談を頂きお手伝いをさせていただいています。

民泊新法が施行されたのですが、今回検討しているのは旅館業です。理由は、飲食の提供なと複数の事業を検討しているからなのです。
民泊新法ですと、空家(室)を活用するという大前提から2つ以上の事業を行うことが出来ません。

こちらの里山では、定期的にイベントを開催されております。先日のイベントでは、田んぼでバレーボールや新酒のお披露目や地域の特産販売会を行われており、新聞にも取材を受けるほどの活動を行われております。
大谷里山農園さんのホームページはこちら→ https://www.tokyo-satoyama.com/
IMG_0149


合法民泊の運営ノウハウをこちらのブログで公開中 → https://co-reception.com/all-articles/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

小規模の宿泊施設の選択肢を拡げる

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

民泊新法が始まりました。ヤミ民泊で行っていた物件や運営会社は、ウィークリーやマンスリー貸しという方向に流れているようですね。

ヤミ民泊は、いけませんが、宿以外の利用方法や宿の利用方法の選択肢を増やすということは有っても良かと思います。
例えば、遠方からの日帰り手術などの宿泊に利用してもらうのはどうでしょうか。

実は、私この週末で日帰りの手術を受けていました(人生初の手術。なお健康状態は、問題ないのでご安心くださいませ^^;)。
地方から手術に来られる場合には宿泊先の提案もあるということを先生から聞きました。日帰り出来る範囲(往復で90分位)の私は、術後になんとか帰宅しましたが、帰宅中が結構しんどくて家に着いたらすぐに横になってました。これがもう少し距離があったらなら、近場に泊まりたいなと私は思いました。
おそらく日帰り手術の場合、殆どが翌日に術後の検査があると思われます。

病院と提携という大きなことではなくても、この様な方々にも小規模の宿泊施設が行き届けばwin-winになるのではないかと思います。
gatag-00011407

合法民泊の運営ノウハウをこちらのブログで公開中 → https://co-reception.com/all-articles/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

民泊元年の元日

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

始まりました、住宅宿泊事業法(民泊新法)。
各地方の報道を斜め読みしていても、ほとんどが、申請数件や金沢の様に0件など、ネガティブな話題ばかりが占めています。何のための、民泊新法なんだ〜っと。

提供する側ばかりが、民泊の夜明けみたいな感じで思っていると、冷静になって周り(近隣など)に目を向けると、公にしてまでは行ないたくないと思っているのではないかと考えてしまいます。

今日、京都で近隣説明会を行なったのですが、近隣の方々は、いまだに「旅館業」と「民泊」の違いが分からないと仰っていました。「民泊」の中の悪いイメージだけが一人歩きしてしまっているのも原因ですが…。

周りの方々との信用・信頼があってこそ仕事が上手くいくものだと、今日あらためて思いました。
スクリーンショット 2018-05-13 0.16.22



ねっぱん!と連携したBeds24の特徴はこちらから。いまなら無料体験を提供中です。
→ https://co-reception.com/beds24/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

明日15日から住宅宿泊事業法(民泊新法)が施行になります!

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

いよいよ始まりますね、住宅宿泊事業法(民泊新法)。
しかし8日時点での届出は2707件ということです…(受理は、1134件)。
いままであった残りの数万件の物件は一体どこにいってしまったのでしょうか?

撤退をしているところもありますが、引き続きヤミ民泊を続けるのでは?という噂も多々聞きます。
しかし、ヤミ民泊を続けることは本当に可能なのでしょうか?
大手の旅行サイト各社は、団体を作り行政に協力すると発表しています。確かに似たようなサイトは正解中をみればまだまだあるようです。とはいえども、掲載して終わりではなく、集客できない限り意味がないため、他サイトへ移行してヤミ民泊を続けるというのは現実的ではない気がします。

いまは未だ届出件数は、少ないのですがやはり様子見の方はかなり多いのではと思います。
民泊新法をキッカケに「民泊」自体を知る方が増えれば利用者も増えるでしょうし、これから参入を検討される方も増えると思います。その様な意味では、大変良いことだと思います。

ということで、本日もこれからご相談の打ち合わせを行います。
少しでも私の経験とがお役に立てることが出来ればと思っております!
スクリーンショット 2018-06-14 18.48.58

ねっぱん!と連携したBeds24の特徴はこちらから。いまなら無料体験を提供中です。
→ https://co-reception.com/beds24/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    
ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。