教えて民泊先生!〜合法民泊のはじめ方と運営方法〜

合法民泊のはじめ方や運営方法の情報をすべて公開中! 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

民泊先生

宇治抹茶専門店の大谷茶園さんの紙袋が、とっても素敵でした!

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

当社の管理宿である家紋インの近くにある、宇治抹茶専門店の大谷茶園さんの紙袋が、とっても素敵でした!
IMG_2672

今回の買い物は、粉末のお抹茶、両親からのリクエスト。
IMG_2684
近くの小学校では、お抹茶をたてるクラスもあるということを教えてもらいました。京都ならではのローカル情報でしたね。
大谷茶園さんでは、お抹茶体験もやられていますので、また今後ゲストへのご紹介を続けたりなど色々とさせていただきたいということをお話させてもらいました!
当然ですが、私たちの自己満足ではなく、相手様とオーナー様の利益が出るようにすることが大前提です。

合法民泊民泊の運営ノウハウを、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    

                                   

京都市の宿泊税の申請(とあとで納付)をしていますー

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

京都の宿泊税納付がはじまっておりますが、宿泊者への認知度が恐ろしく低いですね。
京都市から頂いているパンフレットやポスターを利用して周知と説明をしているのでけどね…。
IMG_2650

IMG_2648

ちなみに宿泊税の徴収が始まった以降に開業した施設については、毎月申請及び納付が必要になります。

なお1年間営業した後、提出期限の特例に関する申請が適用できます、それからは3ヶ月に一度の申請及び納付が可能です。
新規宿の方は、1年後に切り替えをお忘れなく、電子申請が可能とはいえ毎月となると作業が増えて管理側も、とっても大変ですので…(T_T)

BlogPaint

手引は、京都市のHPからダウンロードできます。
こちらから→ http://www.city.kyoto.lg.jp/gyozai/cmsfiles/contents/0000236/236946/tebiki.pdf


合法民泊民泊の運営ノウハウを、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    

                                   

近隣の方からの反応 〜旅館業許可取得までは抜かりなく! その2〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

前回の「旅館業許可取得までは抜かりなく!」こちらの記事からの続きです。

京都では「民泊反対」や「民泊絶対反対」など看板を見かけることがあります。
これは、もともと「ヤミ民泊」のことを指していました。無許可で無責任体制で行なうのは止めてくれ、ということでした。
ですので、この様なエリアでも、説明会を開き合法的に行なうということを説明させて頂くことで理解を頂いておりました。

しかし前回の記事のように、旅館業改正があったいまでもダンマリでこっそり始めてしまおうと考えている人が、いまだにいるため最近の看板にこのようなものが出現しました。
BlogPaint
自治体からも求められているように、近隣町内会に説明を行ない理解を得てから運営したいですね。

合法民泊民泊の運営ノウハウを、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    

                                     

本日から宿泊税の徴収が始まります。〜京都市 宿泊税 その6〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

過去の宿泊税の記事はこちら→ http://min-pack.blog.jp/archives/1071947797.html

*前回の記事にもあった納税者変更届けの書類は、結構直前になって届きました。
殆どのオーナー様は、運営代行業者に代理納付を依頼しているかと思いますので、不安な方は運営会社に確認しみてください。

ということで、ここからが本題、
京都市では、本日10/1からの宿泊に対して宿泊税の課税徴収が始まります。
ここであらためて税額のおさらいです。

宿泊料金あたり
・1泊2万円未満は200円
・2万円以上5万円未満は500円
・5万円以上は1000円

当面は、混乱が続くと思われますし、訪日外国人の方々がどれくらい認知しているのでしょうか…。
スクリーンショット 2018-10-01 13.12.32


手引は、京都市のHPからダウンロードできます。
こちらから→ http://www.city.kyoto.lg.jp/gyozai/cmsfiles/contents/0000236/236946/tebiki.pdf


合法民泊民泊の運営ノウハウを、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    

                                   

旅館業許可取得までは抜かりなく!

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

京都では6/15に旅館業改正があり、近隣説明が必要になっています。

先日も私達は、とある有名スポットの新規宿建設のために説明会を開催していました。
その数日後、物件の真裏で旅館業の物件のリフォーム工事着手がされていまして、近隣の方に伺ったら
「あそこは何の説明も告知もなく勝手に工事を始めているのよっ(●`ε´●)」とご立腹でした。

私達としては、旅館業改正の有無関わらず、毎回説明会を開催しているので、改正後にも関わらず、近隣説明なしで進めている人がいることに驚愕でした。そこはちゃんとしよ〜よっ本気で言いたい。

しかし、この場合、保健所への届け出の時に何と説明するのか⁇この疑問を行政書士さんに聞いたら、
「保健所には説明会を開催したって、嘘をつくんだと思います」
という回答。
「でも、近隣から通報されたら一発でバレますけどねっ」

まっ、そうなりますよね。

ということで、当たり前のことをちゃんとしなかった場合、どの様な影響があるのか…次回にお伝えします!

↓これはよく見るポスターです。
FullSizeRender

合法民泊民泊の運営ノウハウを、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    

                                     
ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。