教えて民泊先生!合法民泊で行う不動産投資のはじめ方

ダメ無許可民泊!合法で行なう民泊の方法をお届けします。 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

民泊先生

三浦簡易宿所始めるってよ〜民泊先生オーナーになる その16〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

三浦簡易宿所始めるってよ、その16
その15の記事はこちらから→ http://min-pack.blog.jp/archives/1071659033.html

まったく更新が追いつかず申し訳ございませんm(_ _)m

すでにご存知の方から「ブログは、いつ追いつくのですか??」と…、ということで、ここら辺りで一旦追いついておきたいと思っています。
と、いうのも今日現在もまた新たな物事に挑戦しているので、今後はそちらをタイムリーにお伝えできるようにしていきたい為です。

民泊先生オーナーになる〜の時系列を端折ると
・工事完成
・消防検査→追加設備の指摘。追加費用50万円掛かる!
・庭の工事を一旦諦める…
・保健所の検査
・バリアフリー検査→設計士と工務店との連携ミスにより、検査不合格→要再検査となる
・家具家電入れの準備開始
・許可証取得
・運営開始!
・Kamon Innブランドを設立
・絶賛稼働中
・定員数を縮小する

今日現在、進行していること、
・民泊先生物件1に隣接地に、人が集まれる場所(ラウンジ)を造ったので活用方法を模索中
・飲食営業許可証を取得
・インフォメーションセンターを近日開設
・民泊先生オーナーになる、第二弾を進行中!
などなど、自身の物件だからこそ試せることを色々と行なっております

上記を交えながらも、いま行なっていることをお伝えできるようにしていきます!
情報は生物なので、あまり古いものは、意味を持たなくなってしまう場合もありますので。

180305_0101


合法民泊民泊の運営ノウハウは、こちらのブログで公開中

→ https://co-reception.com/all-articles/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    
   

Booking.comのキャンセルポリシー、前払いポリシーの違い~皆様のポリシー要確認!~民泊物件をBooking.comへ掲載するノウハウ集〜その10〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

民泊物件をBooking.comへ掲載するノウハウ集、今回はその9〜キャンセルポリシー・前払いポリシー編です。

民泊を行なっている施設は、現地回収が出来な事が多いので、事前支払いとしている場合が多いと思います。
そのため、これらのポリシー詳細を知る必要があります。

以下の画像は、Booking.comの管理画面です。以下の画像で、左(フレキシブル-2日)はキャンセルポリシー、右(返金不可)は宿泊以前の集金を可能にする前払いポリシーです。

二つは似て非なるものです。

例を挙げます。

—————–

キャンセルポリシーを設定:チェックイン一ヶ月前に100%の場合

2つの条件がないと料金を徴収できません。

条件1:時間

チェックイン一ヶ月以内の必要あり。

条件2:キャンセル

時間条件に加え、予約者が予約をキャンセルしたら宿泊料を取れる。チェックイン一ヶ月前になったらクレジットカードに請求をしていいわけではない。

前払いポリシーを設定:チェックイン一ヶ月前に100%の場合

結論:前払いポリシーとキャンセルポリシーは同時に設定しましょう。

詳細:

チェックイン一ヶ月以内になったら前払いで宿泊料を取れる。しかし、キャンセルポリシーを設定していない状態で「チェックイン前一ヶ月になったら前払い100%」を設定すると、次項のようなことが発生します。こちらを防ぐため、前払いとキャンセルポリシーは同時に設定しましょう。

  1. チェックイン一ヶ月前になったから料金をクレジットカードで徴収。
  2. →チェックイン三週間前にキャンセルになる。
  3. →キャンセルポリシーがないので、返金する必要がある。

—————–

チェックイン前に集金をされたい方は、詳細をお知りになりたい場合、Booking.comパートナーサポート: 03-6837-0400に電話して頂き、それぞれのポリシーについて説明を受け、Booking.com内の設定を実施して下さい。


合法民泊の運営ノウハウの全てをこちらのブログで公開中 !

→ https://co-reception.com/all-articles/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

領収証編〜民泊物件をBooking.comへ掲載するノウハウ集〜その9〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

民泊物件をBooking.comへ掲載するノウハウ集、今回はその9〜領収証編です。

 領収書  

遠隔での領収書発行と送付はネット上で完結可能もし宿泊者に領収書が欲しいと言われたら、以下のサイトを使い簡単に領収書を発行し、Eメールで送 付しましょう。直接郵送したり、手渡しする必要はありません。

領収書作成サイト:
https://xn--lorw95b519a.net/

また、集金アプリのストライプでは、ストライプの管理画面から、「ホーム >支払い > 各予約者の金額部分をクリック >領収書の履歴 で領収書の対応をします。 ゲストに宛名をメールや電話で聞き、この領収書の発行サイトで、無料で領収書のPDFを発行し送付するだけです。

以下のような簡単なフォーマットで、領収書を発行可能です。
スクリーンショット 2018-07-27 16.03.46


合法民泊の運営ノウハウの全てをこちらのブログで公開中 !
→ https://co-reception.com/all-articles/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

サービス提供編〜民泊物件をBooking.comへ掲載するノウハウ集〜その8〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

民泊物件をBooking.comへ掲載するノウハウ集、今回はその8〜サービス提供編です。

私たちが運営している宿に、赤ちゃん連れの方が手ぶらで来ても何不自由なく泊まれる専門宿があります(もちろん赤ちゃん居なくても泊まれます)。
一通りの品物を揃えるのでそれ相当の経費が掛かってします。そこで、それほど経費を掛けなくても出来ることをお伝えしますね。


それは、

子連れへの喜ばれるプレゼント:
事前にお子様の名前を聞いておき、このような名入れハンカチを頼むと、口コミに大きな効果が有ります。子供の名前を聞くのが難しい場合、 苗字でも良いでしょう。
なお宿泊をキャンセルされたら、無駄になってしまうリスクはあります。

名入れハンカチ発注先:
https://item.rakuten.co.jp/shisyu/10000135/
1枚550円(送料別)から注文できます。
スクリーンショット 2018-07-26 16.52.52


合法民泊の運営ノウハウの全てをこちらのブログで公開中 !
→ https://co-reception.com/all-articles/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

旅館業、民泊での戦い方の一つと意識

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

本日も良い情報をご紹介頂いたので共有したいと思います!

色々な戦略があると思いますが、私達は当初から「家族・グループ貸し」や「長期滞在仕様」を意識してプラン作りをしてきました。正解は、まだまだありませんが、宿泊の部屋は大は小を兼ねます。
毎回毎回、最大定員数が宿泊するわけではありませんが、グループを受け入れられる状況にしておくことにポイントがあると思っています。

IMG_5408



合法民泊の運営ノウハウの全てをこちらのブログで公開中 !
→ https://co-reception.com/all-articles/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    
ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。