教えて民泊先生!〜合法民泊のはじめ方と運営方法〜

合法民泊のはじめ方や運営方法の情報をすべて公開中! 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

民泊

札幌で民泊の廃業相次ぐ なぜでしょうか?

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

札幌で民泊の廃業が相次いでいるそうです。

札幌は、登録件数も全国最多だったのですが、これで廃業も全国最多となったそうです。
ということは、差し引き、、、。

それはそれとして。

廃業の理由が、営業開始までに必要な防火設備を備えられず、「消防法令適合通知書」が取得できずに営業を諦めるケースが多いとのこと。

なお、旅館業及び民泊新法での営業には、*消防設備を設置する必要があり、設置後、消防職員による現地調査後、適合通知書が交付されます。
*火災警報機、非常灯、避難誘導灯など

しかし、札幌市は、適合通知書が無くても届け出を受理しているため、いったん登録されたものの、防火設備が設置できずに廃業に至っているそうです。

このあたり、申請のルールというか順番を変えれるだけで改善されると思うのですよね〜。
縦割り行政が招いたことなのか、民泊は増やしたい!という行政の思いと、チグハグになってしまっている感が否めないですね。

旅館業の場合は、適合通知書がないと、旅館業許可申請を受け付けてくれませんので、この様なことはおきません。
また事前相談で何度も保健所や消防とのやりとりを行なうため、許可が取れないということは、ありません。
スクリーンショット 2018-12-11 13.24.37

合法民泊民泊の運営ノウハウを、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    

                                   

時短サイトコントローラーBeds24

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

「ホテル・民泊向けサイトコントローラー」といえば、、、!?
私たちが愛用しているBeds24ですね(^o^)/

日本では10/31時点で1500室以上で絶賛稼働中でございます。

Beds24ご利用会社様紹介
APAMAN株式会社様のグループ会社である株式会社グランドゥース様は、2018年11月時点で400部屋超を管理する民泊業界のマーケットリーダーの一社です。技術面でも業界をリードするため、業界初となる自動顔認証を利用したチェックインシステム(詳細)をBeds24をベースに2019年中にリリース予定です。

Beds24を介して、民泊の時短運営化やそれを後押しする、自動顔認証の様な新しいサービスが生まれるというのは、素晴らしいですよね!

Beds24には、まだまだ便利な機能が備わっています(例えば、自社HP作成機能など)ので、使用すればするほど、今後の民泊運営についての可能性が拡がっていく予感しかないです。
スクリーンショット 2018-11-22 17.31.18


サイトコントローラーといえばBeds24。いまなら無料体験を提供中です。

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

Googleで全てが完結する時代になる!?

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

結論:宿泊業でもGoogleビジネスは必須になる

Google検索で「京都 ホテル」と入力すると、ホテルがズラーと出てきます。
空き状況から料金までもが分かるようになっています。レビューも付いていますね。

Googleは、さらに進化して、各OTAに飛ぶこと無くGoogle上で予約から支払までを完結できる「Book on Google」というサービスを、アメリカ・イギリス限定でおこなっています。このサービスは、この先、日本でも利用出来るようになると思います。

何事もGoogleだけで済んでしまう時期が迫っているかもしれません。


Google でホテルを予約する
Google でホテルを検索して予約するホテルを選択する際、Google 以外のサイトにアクセスしなくても予約手続きを完了できることがあります。Google アカウントに保存されている連絡先情報と支払い情報を使用して、予約をすばやく完了できます。

IMG_01AC5E5DA66A-1

IMG_84429157343A-1


合法民泊の運営ノウハウは、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!

    

【注意】ねっぱんとAirbnb連携、民泊は連携対象外です

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

サイトコントローラーといえば、手間いらず・ねっぱん、そしてbesd24です。

先日、ねっぱん!がAirbnbとの連携を発表しました。
ただし、ねっぱんとAirbnbが連携できる宿泊施設は限りがあります

連携(掲載)可能な物:旅館、町屋、ゲストハウスなど

連携対象外:特区民泊、住宅宿泊事業法の施設、チェーンホテル、ビジネスホテル、カプセルホテル

民泊新法で複数のOTAに掲載するときには、サイトコントローラーを利用すべきです。
その際に、月額費用を抑えるべく「ねっぱん」の利用を検討するかと思いますが、上記の理由からも相性が合わないことが明確です。ということで、

結論:Airbnbとの連携は、Beds24が有利!

*あくまでもねっぱんとAirbnbを連携する場合ですので、サイトコントローラーを使わない〜となれば、かなり手間は増えますが、各々単独での掲載は可能です。

スクリーンショット 2018-10-15 13.07.19
44052490_563385360765978_2090132876682067968_n
*iCalについて: この機能があると「掃除業者とグーグルカレンダーを共有する」というようなことができるようになります。


民泊用のサイトコントローラーといえばBeds24特徴はこちらから。いまなら無料体験を提供中です。
→ https://co-reception.com/beds24/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします

    

地方での旅館業の戦い方を当社管理宿Kamon Inn Kotobukiからみてみる

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

私たちがオーナー様と共に運営している宿が鹿児島県にあります。
Kamon Inn Kotobuki
家紋イン寿
平屋の一戸建て、無料駐車場付き(2台可能)、キッチン付き、最寄りのJR駅から徒歩10分ちょっと。
家族みんなが泊まれる宿泊施設になっています。
スクリーンショット 2018-11-10 11.00.39


IMG_0021
今後は、漁業体験も出来るようになって、漁業体験型宿泊施設になるかもです。

遇祥庵
近くには武家屋敷があり、その一角には、雰囲気が良いお蕎麦屋「遇祥庵」があります。

IMG_2543
地方での運営については、ただ宿を開業するという訳ではなく、空き家を活用し、宿周辺の他施設とも協業し、さらに体験までも提供出来るようにと網を張っています。


合法民泊の運営ノウハウは、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!

    
ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。