教えて民泊先生!合法民泊で行う不動産投資のはじめ方

ダメ無許可民泊!合法で行なう民泊の方法をお届けします。 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

楽天トラベル

東京の新規宿の掲載準備中です!あとR&Rさまへお願いあり

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

IMG_2138

来週に許可証がおりる予定の東京の簡易宿所(4件目)の掲載準備を進めています。
許可証がおりてからの掲載募集となりますが、事前に出来ることはあるので粛々と進めています。
そうもしておかないと、不備があると書類返送されてきて、修正して再送するという手間=募集送れるという事態になります。

オーナーファーストの私としては、一日でも早く、1円でも多く売上を産み出す様に出来ることが最優先として動いています。
ですの、楽天(トラベル)さん、リクルート(じゃらん)さん、登録方法を紙ベースからネットに切り替えてくださいませんか(切実)凄く大変なんです、、、m(_ _)m
ちなみにBooking.comは、ネットで登録可能なので比較的安易なのです。



合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    
            

合法民泊で行なう地方創生のスタート!

こんにちは、合法民泊(簡易宿所)コンサルタントの民泊先生こと三浦剛士です

今日は、最高に充実した日でした
打ち合わせ、契約、散策、現地調査などなど。

そして先週から募集始めた鹿児島のお宿ですが、すでに予約が入り始めました!

なかなかレビューが溜まるまでは上位表示もされないため、予約が入るまで時間が掛かりがちなんです。
そんな中で予約が入り始めたということの感激というものは半端ではありません。

そして、これが当たり前になって行くのです!
新しい試みでの合法民泊のスタートです。やりながら修正して進んでいきます\\\٩( 'ω' )و ////

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓       
       

簡易宿所での募集はどこでおこなうの?という質問をいただきました

こんにちは、簡易宿所コンサルタントの民泊先生こと三浦剛士です。

今日は、ホームページからご質問をいただきました。ホームページやブログご覧をいただきその上、ご質問までいただいて本当にありがとうございます。質問をしていただけるのは、お仕事をいただくより嬉しかったりするものです!質問を出すには勇気がいるものですからね。

今回質問をくださったのはS様です。折角なので皆さんともシェアしたいと思います。
質問の内容は下記のとおりです。

質問
簡易宿所のお泊りの方は、エアービー(Airbnb)のサイトは利用しない宿泊と書いてありましたが、宿泊運営代行は、どこの会社でおこなうのでしょうか?運営費用は、どのくらいになるのでしょうか?

ご回答
Booking.comExpediaじゃらん楽天トラベルなどのホテル予約サイト(オンライン旅行会社)を通じて予約して宿泊します。運営費用(手数料)は、サイトによって異なりますが、おおよそ8~12%です。

各ホテル予約サイトに掲載出来るのは、旅館業の許可取得した宿のみとなります。簡易宿所は、旅館業の一つですので可能となります。なお掲載手順で許可証を提示する必要があります。

エアービー(Airbnb)のサイトでも募集は可能なのですが、ホテル予約サイトは圧倒的な閲覧者数により、その差は歴然なため私は利用することも今はありません。各ホテル予約サイトは一元管理も可能なためダブルブッキングも起こりません。しかしAirbnbとは一元出来ないため、手動での管理が発生するため、手間と予約重複の恐れが発生します。
もっとも大事なことは「集客」です、この点においては明らかに集客力が違いますよ~!

運営費用(手数料)は決して安いとは言えません。しかし前述したように集客力があるため、それを払う価値がある予約が入ってくると言えると思います。上手く各サイトを使い分けることにより、利益の最大化が狙えます。


どんなことでも質問をください。初めは誰もが分からないことだらけです。お気軽にご相談ください。
IMG_0104

民泊投資の参考になったら下2つのボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓   
ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。