教えて民泊先生!〜合法民泊のはじめ方と運営方法〜

合法民泊のはじめ方や運営方法の情報をすべて公開中! 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

旅館業法

合法民泊を始めたくて御覧頂いているあなたへ注意喚起です

こんにちは、合法民泊コンサルタントの三浦剛士です

御覧頂いているあなたへ注意喚起です
と刺激的と捉えられるタイトルでしたが、半分冗談です・・・と言いたいところなのですが、結構真面目に。

許可取得出来るなら、どんな場所でも、どんな物件でも良いという訳ではない!ということです

合法民泊コンサルタントを始めたことから再三お伝えしていることです
旅館業(主に簡易宿所)の許可取得するだけでしたら、本当に容易です
定められた要件にそって行なっていくだけです
しかし今回の注意点は、許可取得は簡単という点ではありません

これも繰り返し伝えていることですが、
合法民泊という不動産投資ですから、立地大事ですよね、出口戦略も大事ですよね!

しかし、私が危惧していたことが、すでに起こっていますヽ(`Д´)ノプンプン

察しが良い方はピンッ感づいているかもしれません
それは、、、次回に〜
mark_chuui

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓                     
       

今後の旅館業法を考えた、結果行なうべきこと

こんにちは、合法民泊コンサルタントの三浦剛士です

前回の記事では、京都ではいまは再建築不可物件では旅館業取得が出来なくなった、ということをお伝えいたしました

ちなみに先日NGになった物件は、前面道路が1.4mで公道とは認められないため、というのが理由でした
しかし旅館業申請だけがうっかり通ったとしても、後日指導が入れば営業停止になるということもありえるそうです許可取得出来ているのに、あとからやっぱダメ〜なんて言われた日にはたまったものではありませんね、、、
 

日本は縦割り行政で、自分のところのルールに合ってればOK、他の部署のことは知らない〜責任持てません、というのがあります。旅館業許可については、正にこのような感じです。
しかし今までOKだったことも、法律が施行された途端に平気でダメになってしまうということも起こっています。

そのため今後、新規で営業開始する物件については、徹底した調査と準備をしなければならないということです
法整備はあとからついてきます

不動産投資は、オーナー様の自己責任となってしまいますので、いかにそのリスクを減らすかは、私達の様なパートナーとして同じ船に乗っていく者として、しっかりと考えていくべきだと思います
image
合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓                     
       

物件の要件〜旅館業取得可能な物件とは

こんにちは、合法民泊コンサルタントの三浦剛士です

物件の要件として、どの様な物件が良いのか?
分かりやすい物件を目安に上げると、「再建築不可」物件でかつ京都市の例

去年の11月までは再建不可の物件でもバンバン旅館業取得されていました。

しかし、今はほぼ無理です。

*条件が揃うと許可が取れる場合があります。これは案件ごとにかなり異なりますので、この条件が、というのは現状ではいえません


今回の例も、非常大きなポイントかと思います
最新の情報は、常に入れておかないとなりませんね
3f0cfd24c56ebe0f108d0234adb57a42

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓                     
       


用途地域〜旅館業取得可能な物件とは

こんにちは、合法民泊コンサルタントの三浦剛士です 

旅館業取得可能な物件とは
過去の記事でも再三渡って、取り上げている内容でもあります
凄く大事なことなので、何度もお伝えしている訳なのです

1.用途地域の調査
可能な用途地域は、下記の6つの地域です

第一種住居地域
第二種住居地域
準住居地域
近隣商業地域
商業地域
準商業地域 

この用途地域については、旅館業法上では当面変更はないと思います 
しかし、これ以外の要件については変更が都度あります 
正確には、その取れる物件条件がその時によって変わっています

先月まで取得できた物件が、今月は取れないということが起きています
このあたりも随時発信していきたいと思っています
続きは、また次回です!
09

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓                     
       

5月27日(土) 京都セミナー後記

こんにちは、合法民泊コンサルタントの三浦剛士です

先日(5月27日(土)開催致しました、京都セミナー後記です

今回も実際に旅館業としての物件を見学しながら、見る・感じる・聞く、の体験型セミナーでした
テーマは、「最新の旅館業法、合法民泊が出来る物件の取得方法と運営の実態」

最新の旅館業法では、京都市の動向など、今まで大丈夫だった要件が今後は厳しくなるのではと、さきを見据えた大事なポイントを。

物件の取得については、ただ物件取得する時代は終えたという事実を基に、今後はどのような物件だったら成功するのかなど、普通のコンサルでは言わないようなことを赤裸々に。

運営の実態では、いまだに「民泊」はボロ儲け出来るという風潮があるなかで、私が運営をしている物件の実際の売上、稼働率をご覧頂きました。
これに合わせて、私の運営方法や何を意識して運営を行なうと良いのかなどを実体験に基いてお話しました。

少人数で行っているので、質疑応答などもしっかり出来るセミナーとなっております
京都でのセミナーは2ヶ月に1度は開催していこうと思っておりますので、ご参加お待ちしております
IMG_0892

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓                                                            
      
ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。