教えて民泊先生!合法民泊で行う不動産投資のはじめ方

ダメ無許可民泊!合法で行なう民泊の方法をお届けします。 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

旅館業

旅館業用保険の内容を再確認しましょう 〜簡易宿所内で事故が起きてしまいました。最終回〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

保険は、万が一のためですから必ず加入してください。

あらためて保険内容を公開します。

・建物火災保険
・建物地震保険
・設備火災保険
・休業損失保補償
・旅館業賠償責任保険 対人・対物
・旅館宿泊者特約 対人・対物 

これら全6項目の内容をとなっています。
このように、必ず旅館業に合った保険を利用することを忘れないようにしてください。
3ead2b38


運営ノウハウをこちらで公開中 ! 
→ https://co-reception.com/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓     
    

 〜簡易宿所内で事故が起きてしまいました。その2〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

 前回の記事「簡易宿所内で事故が起きてしまいました。」の続きです。

ゲストもチェックアウトしてしまっているし、これは泣き寝入りしかないのかっ、、、。

結論:旅館業施設賠償保険で対応できます。

保険金請求の事故報告については、下記の5点の内容が必要になります。

○事故の日付とおおよその時刻
○修理お見積り
○事故当日の宿泊者名簿
○名簿にある加害当事者の名前
○現場の事故状況写真

賃貸などと違い、年間通しての人の出入りはかなりの数となります。旅館業の保険は、事業用となるため年払いしかなく、居住用と比べると割高になります。しかし、万が一のための保険です。
旅館業用の保険には必ず加入してからの運営をしましょう。

なお事故が起き、保険を適用したからといって、次年度の保険料が高くなる訳ではありませんのでご安心ください。
(*ただし、あまりにも頻発するときは、保険料が高くなる可能性もあります)

57

無事に元通りになりました。
34


運営ノウハウをこちらで公開中 ! 
→ https://co-reception.com/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓     
    

合法民泊で最短OPENを目指します!

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

点灯式も無事に完了(^^)
これから数日後にはスタート出来る準備が完了出来ました。
許可証よ早く来いっ!

IMG_0653
IMG_0646

運営ノウハウをこちらのブログで公開中 ! 
→ https://co-reception.com/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓     
    

〜バリアフリー検査を実施中 最終回〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

前回の記事のつづきです
つづきはこちこちらから→http://min-pack.blog.jp/archives/1069936308.html

検査員さんからの指摘事項は、その後どうなったのかというと、、、。

結論:検査が終わったその場ですぐに是正工事に入って対応。

立会い検査時には、私・設計士さん・工務店さんと三者が一緒におりました。
そのため、宿題(指摘事項)を持ち帰ることなく、全員がその場で内容を聞き意味を把握をしていたので、即対応出来たということです。そのため間髪を置かず、解決することができました。

なお通路幅については、手摺りを取り除く訳にいきませんでした…。
しかし設計士さんが検査員さんにその場で緩和措置についての確認をしてくれまして、その案を即採用し対策を施行を行ないました。

今回は、タイミングのズレにより許可証が先におりた状態だったのですが、この検査を終えないと営業開始が出来ないため、その意を理解していた上で、設計士さん工務店さんがすぐに対応してくれた次第です。

その結果、翌日には指摘事項を是正して提出完了した次第です。
このスピード感とっても有り難いことです。
IMG_2122 2
運営ノウハウをこちらのブログで公開中 ! 
→ https://co-reception.com/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓     
    

京都の合法民泊でバリアフリー検査を実施中 その1

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

京都で現在進行中の大規模リフォーム簡易宿所において、バリアフリー検査が行われました。

結果は、指摘事項あり…(T_T)
その指摘事項とは、
・点字ブロックの枚数と位置変更、通路幅。
点字ブロック説明01

指摘事項の一つの点字ブロックには、意味があります。
2種類ありまして、警告(点字)・誘導(線上)ブロックとなります。
設置には決まりがあります、入り口から離す距離・ブロックの設置枚数・点字と線字の位置や設置枚数など。

通路幅も同様に決まりがあります。
今回は、手摺りを設置しているのですが、通路幅は有効幅が必要です。
廊下に手摺りがついている場合には、手摺りの幅を除いたものとなります。今回は、手摺りを付けたことが裏目に出てしまいました。

さてさてこの指摘事項のその後は、また次回に!

運営ノウハウをこちらのブログで公開中 ! 
→ https://co-reception.com/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓     
    
ホームページ
プロフィール
Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。