教えて民泊先生!〜合法民泊のはじめ方と運営方法〜

合法民泊のはじめ方や運営方法の情報をすべて公開中! 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

新築

ご縁と造園屋さん

こんにちは、民泊先生こと三浦剛士です。

現在、進めている新築案件。
木工事を終えて、外構工事を残すのみなのですが、今回は部屋から独占できる庭があります。

意外に造園屋さんと繋がりがある、工務店さんは多くはありません…。
今回は、お願いしたらデザイナーさんの実家が造園屋さんでして、庭作りを依頼することができました。

この様な良い感じに仕上がりました。
IMG_4135
雪見障子から覗く庭園ですね。
座ると中からよく見えます。
下の小さな草類はこれから伸びて隙間が埋まっていきます。
IMG_4136

他の宿でも、専用庭がある部屋がありますが、口コミ評価がとても良いです。

各部屋それぞれに差別化があると、リピートしてもらえる機会になります。


↓ ↓ 合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
 にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ

これからがスタートですが、まずは、ありがとうございます!

こんにちは、民泊先生こと三浦剛士です。

本日、決済(物件の引き渡し)を無事に終えました。
売主様、買主様ありがとうございます!
今回は、かなり特殊な状況での購入〜融資〜という形になり、融資先の担当者さん、司法書士先生まで関係者皆様の協力がないと、上手くいかなかった、お取引です。

ここが、ゴールではありません。
これからスタートのための準備が始まっていきます。
今回は、今までにやったことが無い試みを沢山と進めています。
その内容も近日公開いたしますね!

あらためて、この度は、お取引おめでとうございます㊗️
FullSizeRender


↓ ↓ 合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
 にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ

京都の新築簡易宿所の引き渡しが完了!

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

3物件同時OPEN準備真っ最中のなかの一つの新築簡易宿所物件の引き渡しに立ち会いました。
当日は、最後の納めとして「犬矢来」の設置が行われました。
55

いままでも新築をサポートしてきましたが、今回の工務店さんはこだわりが強い方で全て本物で仕上げてくれました。
今回の竹で出来た犬矢来は、いまはこの様な色ですが年月が経っていくと焼けてきて味が出てくるそうです。
新築ということもありデザインも、
IMG_0528

1点1点もこだわっております。
IMG_0527

これから家具家電設置を完了して、いよいよ予約開始です!
引き渡しはゴールではなく、スタートです。

運営ノウハウをこちらのブログで公開中 ! 
→ https://co-reception.com/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓     
    

京都 東寺で新築簡易宿所の旅館業検査が完了!5

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

昨日は、東寺近くで進めておりました、またまた新築物件の保健所立会い検査でした。もちろん、無事に合格しています!

最近は、さすがに検査時までの段取り(特に近隣説明など)が良く出来ています。そのおかげか、旅館業許可証の取得までの期間を今回の検査員の方からは、1ヶ月半位との回答。
普段は60営業日以上掛かると言われるので、早い方だと思います。

来年の1月末頃には開業になります、そこからがスタートです!


運営ノウハウを知りたい方のためにブログを公開中!   
https://co-reception.com/ 

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    
                                                       

〜合法民泊、始めるなら、新築or中古??その2〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

昨日の記事では、新築と中古から始めるにはどっち?ということで、今回はメリット・デメリットについて。
*昨日の記事→http://min-pack.blog.jp/archives/1068973708.html

新築の場合
メリット:
・プランニングを一から作れるのため、最高の収支効果を出せるように計画できる。
・建物評価がつく、そのため、融資の評価が出やすい。
・当面はメンテナンスが不要。
・新築なので、建物の瑕疵の心配は基本ない。
・第三者検査機関を入れることが可能、これにより施工中のチェック及び完成後に見えなくなるような基礎などの部分の工事についても可視化できて安心。

デメリット:
・運営開始までに時間が必要。旅館業許可取得までとなると1年掛かる(京都の場合)。

当たり前のことになってしまいますが、新築は、一から建物建設出来るという点が融資・建物自体についてもメリットが多いということになります。
おそらくデメリットは、時間軸だけだと思います。

次回は、中古既存建物についてです。
京都 新築 南区比永城町_171129_0023



運営ノウハウを知りたい方のためにブログを公開中!   
https://co-reception.com/ 

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    
                                               
ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール