教えて民泊先生!〜合法民泊のはじめ方と運営方法〜

合法民泊のはじめ方や運営方法の情報をすべて公開中! 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

改修

京都で中古戸建をリフォームする時に耐震診断もチェックしてていますか?

こんにちは、ほぼ元気になってきました合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

京都で簡易宿所の物件に取り組んでいますが、新築よりも中古住宅などをリフォームして旅館業を取得することのほうが多いです。
特に最近は、2世帯住宅への転換改修を手掛けています。そのため、改修工事もそこそこ大規模になります(規模は大きいけど、費用は抑えて行なっています)。

築年数が古い建物のときには、各工務店さんが現地調査時に耐震診断調査を行なってくれています。
逆をいうと、耐震診断を行なわない工務店さんもいます。

不要な工事をする必要はありませんが、必要なことはやるべきです。
耐震診断ってきくと、確かに一昔は詐欺みたいに不要な工事を行われるということがありました。
しかし、そこは信頼出来る工務店さんであれば問題ないかと思います。

京都の築古物件は、「築年数不詳」ざらにありますので確認が必要です。

17
今回、倒壊する可能性が高いという診断の物件がありました。

合法民泊民泊の運営ノウハウは、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

小学校跡地をホテルに 京都市が基本協定締結

こんにちは、民泊先生こと三浦剛士です。

小学校跡地をホテルに 京都市が基本協定締結
市の学校跡地活用事業で、築80年を超す旧校舎(4階建て、延べ約4200平方メートル)を初めてホテルとして改修する。客室は40室程度で、運営会社は国内企業を優先し、交渉を進めている。

昔からこの手の情報(大規模跡地、それ以外の中小規模の土地活用)についての入り口はどこからだったのだろうか?と思っていました。やはりお金なのか?笑(冗談ですよ)という妄想すら生まれていました

今回のこの記事内容については、以前から地元の人たちはご存知でした。その伝手で私も知り、その後このような記事を目の当たりにしました。そして頭書の疑問に戻るわけなのです。

あっでも大丈夫になりました、答えが分かりました(*^^*)
bnr5

民泊投資の参考になったら下2つのボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓ 
         
民泊・Airbnbランキングへ

2棟目の上棟

こんにちは、民泊先生こと三浦剛士です。

京都の民泊の新築簡易宿所が順調に進んでいます。
先日、2棟目の上棟も無事に終わりました。

現場も綺麗ですし、京都の大工さん方の仕事流儀が感じられます。

近日、京町屋の改修と簡易宿所取得も始まります。

もうすぐそこまで来ている春、桜の季節にともない、すでに海外からの航空券は高騰と売り切れ続出のようです。

上棟 南門Ⅲ



民泊投資の参考になったら下2つのボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
     
民泊・Airbnbランキングへ   

ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。