教えて民泊先生!合法民泊で行う不動産投資のはじめ方

ダメ無許可民泊!合法で行なう民泊の方法をお届けします。 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

掲載

合法民泊でのインフォメーション

こんにちは、合法民泊コンサルタントの三浦剛士です。

この3日間、具合が悪く寝込んでいました(-_-)
寝込んでいる時ほど、色々考えてしまうものです。
というのも、ゲストも具合が悪くなる時もある訳です。その時に、どう対処するべきなのかアナウンス出来ているかどうかは、大きな差かと思いました。

薬は、体に合う合わないがあるため一概に言えません。ただし、万が一の時の連絡先を知れているかどうかは、気持ちの面で大きく違うと思います。

と、床から考えていました〜。
IMG_1261



運営ノウハウをこちらのブログで公開中 !
→ 
https://co-reception.com/all-articles/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓     
    

民泊新法に向けて、Airbnbなどの掲載サイトの対応は〜?

こんにちは、合法民泊コンサルタントの三浦剛士です。

民泊新法の届出が開始され、施行日は3ヶ月後の6月15日。

Airbnbなどの掲載サイトの対応はどうなるでしょうか?
すでにご存知の方ばかりかもしれませんが、あらためて。

Airbnbは、下記の様に発表しています。
「サイトに登録している貸主は3月15日以降、地方公共団体などに民泊事業を行う届け出をして、認められた後で発行される番号を6月14日までに入力しないと情報が掲載されなくなる」

エアビーとしては、このような手続きによってヤミ民泊を一掃し、民泊に伴うトラブルを回避できるだろうと考えています。

いまホストになっている方には、Airbnbからこの様なメールが届いていますよね。

IMG_01ECCA70E01D-1
6月15日には、掲載数がどの様に変わるのかが、大いに気になるところです。

何にしても、民泊新法のルールとしては、各サイトへの登録時に届出番号を確認する必要があります。


運営ノウハウをこちらのブログで公開中 !
→ https://co-reception.com/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓     
    

ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。