教えて民泊先生!〜合法民泊のはじめ方と運営方法〜

合法民泊のはじめ方や運営方法の情報をすべて公開中! 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

弘法市

宿×体験 目的をどこに置くのかを考える

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

本日21日は、みなさんご存知「弘法市」の日です。
回数を重ねる度に弘法市に出向く観光者が増えている気がヒシヒシしています。
c37325ff1df5b99949dc1fa54286a8d13_35654213_190121_0027c37325ff1df5b99949dc1fa54286a8d13_35654213_190121_0022


今年からこの盛り上がり便乗して、自前の物件に隣接しているBarLounge般若でランチ営業を始めることになりました(*運営は、代理ランチママにお任せしています。**私の物件、東寺まで徒歩3分、走って1分のところに立地しています)。
c37325ff1df5b99949dc1fa54286a8d13_35654213_190121_0006c37325ff1df5b99949dc1fa54286a8d13_35654213_190121_0008
今まで、点(宿)と点(弘法市)だったものを、どの様な「線」にしていくかが重要です。
ここをしっかりと抑えないと、下記のパターンに陥ってしまいます。

弘法市に人が沢山来ている!

飲食店でもやってみるか!

弘法市には人がいるのに、お店には誰もこない

売上も上がらず、モチベーションだけが下がる

中略(値下げする等が発生)

終了


というパターン。正解を見つけるのは、難しいですね。
しかし、複数の点があれば、キャッシュポイントをどこに落とすかで、考え方も変わってきます。

ランチで稼ぐのではなく、目的を宿を知ってもらうキッカケ作り、結果宿への集客につなげる、とすると全く変わってきます(この循環が出来れば、必然的にランチの売上も上がります)。
そして、私たちは、宿のへの集客(オーナー様への売上貢献)を狙っています!

最後は、本日の素晴らしい料理の写真です。
c37325ff1df5b99949dc1fa54286a8d13_35654213_190121_0007c37325ff1df5b99949dc1fa54286a8d13_35654213_190121_0028

合法民泊民泊の運営ノウハウは、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    

     にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ

宿と地域イベントの結び方を間違えないようにする

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

世界遺産である東寺では、毎月21日に弘法さんという*弘法市というのが開かれます。

最近は、すっかり外国人の方が多くなってきました。
弘法市に来ることを目的で日本に来る方は、ほとんどいないと思います。
私も京都に来るまでは、知りませんでしたし、複数回京都に来るようになってから知ったものです。

リピートするきっかけ作りにはなると思いますし、しかし、何より宿とイベントの点と点を結ぶ線を作り上げることが大事だと思っています。

*元々”縁日”とは神仏がこの世と”縁”を持つ日とされており、この日に参詣すると大きな功得があるということです。東寺では祖師空海入寂の3月21日を期して毎月21日に御影堂で行われる御影供のことを指しています。  当初は年に1回行われていたものが、1239年以降は毎月行われるようになったそうです。 一方、人々が盛んに参詣に訪れるようになったので、当時『一服一銭』と言われるごく簡素な屋台で茶を商う商人(茶店の前身のようなもの)が出てくるようになり、江戸時代には茶店だけではなく、植木屋や薬屋なども出てくるようになりました。これが現在の「弘法さん」の起源だと言われています。
出典:弘法さんのページ
image


合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    
                            
ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール