教えて民泊先生!合法民泊で行う不動産投資のはじめ方

ダメ無許可民泊!合法で行なう民泊の方法をお届けします。 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

延泊

お客様の生の声を聞く 〜京都府の連泊率は平均以下!? その2〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

前回からの続きです。一つ前の記事はコチラから。

宿泊者様から聞いた生の声です。

私の宿に泊ってくれた方が最終日(8/24)に、宿に隣接して営業している飲み屋に来てくれた時の出来事です。

その親子(母娘)は、1ヶ月以上京都近辺を旅され、宿泊の仕方は、きっちり宿は決めず良い宿があれば延泊を重ね続けているとのことでした。
嬉しいことにの宿も気に入ってくださって、最終日に延泊を希望してくれたのですが、あいにく満室。
そのため私たちが運営している別の宿へ移動して頂き、いまも宿泊中ですかも

隠れ延泊希望者は、意外に多いと思います。私たちの宿では、嬉しいことに他のゲストからも、頻度多く延泊希望されることが多いです。
ただし日本人の方で家族旅行だと、旅行期間中の宿は全て取るのが普通ですので、先の話の親子のような泊まり方は、訪日外国人風の泊まり方といえます。

宿泊する宿、スタッフが気持ち良いことや、この宿に泊まったら他とは違う体験が出来た等、宿泊だけではなくプラスアルファを提供することで延泊希望者(リピーター)は増えると思います。

また延泊希望者を取り漏れないようにするために、同じグループすなわち同じ質を保っている宿を複数軒管理することで、その宿間でゲストを送客しあうことで解決しようと考えています。
ということで、私たちが管理している宿のみの予約サイト(プラットフォーム)的なものを進めていますー。他の宿に行かれる前に、お客様を囲ってしまおうという作戦です( ̄ー ̄)ニヤリ

ただし大前提に質を落とさない様にするということが重要です。
180305_0077


合法民泊民泊の運営ノウハウを、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    
                                     

宿同士での送客をおこなう。〜旅館業を営む上で起こる、ノーショーと延泊。最終回〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

前回からの続きです。
前回はこちら→ http://min-pack.blog.jp/archives/1071182848.html

ゲストからの延泊希望に添えない場合には、稼働率が良いためなかなか希望に答えることが出来ない時私たちはどうしているのか?
結論:運営している他のグループ宿を紹介する。

現在、私たちが直接運営している宿には同じ冠名称をつけてグループ化しています。グループの物件は、当然の様に同じクオリティが出せるように運営しています。同じクオリティが出せるからこそ、同じ名称を付けているとも言い換えられます。

ゲストの希望の中には、立地もあると思います。しかし、全く別の宿を紹介するよりは、同じ質のグループ宿の方がゲストも安心するというのも事実です。
私たちも、ただ他の宿が空いているから紹介するというのではなく、同じ品質の宿を提供出来るという点が最大の強みでもあります。

この結果がもらたすものというのが、東京〜京都〜鹿児島間など離れた宿同士でも送客が出来るということになります。すでに実際にこの様な送客を実現しています。
スクリーンショット 2018-05-13 0.16.22

グループ運営の話は、またの機会にしたいと思います、お楽しみに。


〜セミナーのお知らせ〜
日程: 2018年5月20日(日)
12:30開場 13:00開演 15:30終了予定 
会場:東京国際フォーラムガラス棟会議室G407号室
参加費:無料
お申込みはこちらから→ http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/05/20_ek/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

訪日外国人は、滞在期間の宿は全て決めていない!?〜旅館業を営む上で起こる、ノーショーと延泊。その2〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

前回の記事からの続きです。
前回はこちら→ http://min-pack.blog.jp/archives/1071169783.html

なぜ延泊が多いのか?
一つ、旅行の仕方が違うというのがあります。
私たち日本人の場合、旅行日程分の宿泊先を抑えるのが普通です。いや、むしろ抑えておかないで旅行するなんてなかなか出来ませんよね。

これが、欧米系の訪日外国人の方の場合、日本滞在期間が比較的長いため、宿は最初の目的地だけしか抑えていないということがあります。
この行動が延泊希望が多い理由となっています。

バックパッカーの様な1人旅の場合には、想像がつきやすいと思いますが、母と娘の様な旅行でもこの様な旅行の仕方をされています。
滞在の結果、その街を気に入り、宿も気に行って頂けると、延泊希望が増えるということになります。

また同様に予約時に宿の評価が元々高く、実際に宿泊されてその評価を実感されると延泊を希望される確率があがります。
スクリーンショット 2018-05-10 23.16.19

次回は、延泊希望に添えない場合に私たちはどうしているのか?をお伝えします!

〜セミナーのお知らせ〜
日程: 2018年5月20日(日)
12:30開場 13:00開演 15:30終了予定 
会場:東京国際フォーラムガラス棟会議室G407号室
参加費:無料
お申込みはこちらから→ http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/05/20_ek/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

旅館業を営む上で起こる、ノーショーと延泊。

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

旅館業を運営していると、「*ノーショー」というのが稀にあります。
*予約をした人がキャンセルの連絡もないまま、現れないこと

この逆といいますか、宿泊中に「延泊」希望というのもあります。

極めつけは、宿泊中に予約を切り上げてチェックアウトする、というのもあります。

管理が不届きな宿だと、この様なことが起きるようです。具体例を挙げると、部屋が汚い・極端に寒い、暑いなど。
これは、日本人からするとなかなか考えられないことかもしれないですね。
予約を切り上げて、予約サイトにクレームを入れて返金してもらい、すぐさま代わりの宿を探すそうです。
私たちの宿では当日の予約もギリギリまで受け付けているため、この様なゲストからの飛び込みの予約もあります。このゲストから話を聞き、上記の内容などで予約を切り上げたということを知りました。
スクリーンショット 2018-05-09 23.07.30

なお私たちの運営している物件では、延泊希望が多いです。
ただし稼働率が90%前後で推移しているため、なかなかご希望に添えない場合があります。
なぜ延泊が多いのか、希望に添えない場合にはどうしているのか?この話は、また次回に!


〜セミナーのお知らせ〜
日程: 2018年5月20日(日)
12:30開場 13:00開演 15:30終了予定 
会場:東京国際フォーラムガラス棟会議室G407号室
参加費:無料
お申込みはこちらから→ http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/05/20_ek/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    
ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。