教えて民泊先生!〜合法民泊のはじめ方と運営方法〜

合法民泊のはじめ方や運営方法の情報をすべて公開中! 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

宿泊業

Googleで全てが完結する時代になる!?

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

結論:宿泊業でもGoogleビジネスは必須になる

Google検索で「京都 ホテル」と入力すると、ホテルがズラーと出てきます。
空き状況から料金までもが分かるようになっています。レビューも付いていますね。

Googleは、さらに進化して、各OTAに飛ぶこと無くGoogle上で予約から支払までを完結できる「Book on Google」というサービスを、アメリカ・イギリス限定でおこなっています。このサービスは、この先、日本でも利用出来るようになると思います。

何事もGoogleだけで済んでしまう時期が迫っているかもしれません。


Google でホテルを予約する
Google でホテルを検索して予約するホテルを選択する際、Google 以外のサイトにアクセスしなくても予約手続きを完了できることがあります。Google アカウントに保存されている連絡先情報と支払い情報を使用して、予約をすばやく完了できます。

IMG_01AC5E5DA66A-1

IMG_84429157343A-1


合法民泊の運営ノウハウは、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!

    

地方での旅館業の戦い方を当社管理宿Kamon Inn Kotobukiからみてみる

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

私たちがオーナー様と共に運営している宿が鹿児島県にあります。
Kamon Inn Kotobuki
家紋イン寿
平屋の一戸建て、無料駐車場付き(2台可能)、キッチン付き、最寄りのJR駅から徒歩10分ちょっと。
家族みんなが泊まれる宿泊施設になっています。
スクリーンショット 2018-11-10 11.00.39


IMG_0021
今後は、漁業体験も出来るようになって、漁業体験型宿泊施設になるかもです。

遇祥庵
近くには武家屋敷があり、その一角には、雰囲気が良いお蕎麦屋「遇祥庵」があります。

IMG_2543
地方での運営については、ただ宿を開業するという訳ではなく、空き家を活用し、宿周辺の他施設とも協業し、さらに体験までも提供出来るようにと網を張っています。


合法民泊の運営ノウハウは、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!

    

宿泊施設×工場×カフェ・お土産 〜イワシビルin阿久根市〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

以前から情報などは知っていて気になっていた、阿久根市にある「イワシビル」に連れて行ってもらいました。
イワシビルのHPはこちら
IMG_2540
建物の表構え、パッと見は、宿泊施設とは気づかないかも。
1Fは、お土産屋さんとカフェ(たい焼きも推しのようです)
IMG_2534

2Fは、工場になっています。すごいキレイになっており、当日は見れなかったのですが、製造工程などがみれるそうです。

3Fが、ホステルになっています。下記HPより抜粋。
イワシビルの3階はホステル(簡易宿泊施設)になっております。 ビルをリノベーションした館内は漁船で使われる集魚灯や学校で使われていた椅子をリメイクしたり、その地域にあったものに一手間加えてデザインされております。 お部屋はまるで隠れ家のような佇まいでふらっと立ち寄ってゆっくり休むことが出来ます。各部屋に一つのベッドがあり、共有のシャワールームや洗面所、コミュニティスペースを完備しております。

IMG_2541

今後も地方には、この様な簡易宿所は増えていく可能性が高いと思います。
その時には、立地かコンセプトを持って開業していくことになるので、このあたりイワシビルさんでも研究されているのだろうなと勉強させていただきました。

今後も、この様な私が個人的に気になった宿泊施設をご紹介していきたいと思います〜

合法民泊の運営ノウハウは、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!

    

かごしま国体×宿泊業

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

前回の記事からの「イベント×宿泊業」の続きにもなります。

2020年はオリンピックが開催されることは誰しもが知るところです。

しかし、2020年は、「かごしま国体」も行なわれます!

いま鹿児島の各宿泊施設には、宿泊施設提供の協力依頼が届いています。
最長で9月中頃から10月末が期間として抑えられています。
IMG_5430
全期間が予約で埋まったとしても、試合で負けてしまうと残りの日程が不要になってしまうのですが、その時はキャンセル料のようなものも負担されるようになっています。

話がまとまれば、2020年の国体開催期間の予約が早くも確定してしまいます\(^o^)/

試合を観覧されに来る方々もいる訳なので、どちらに集客をかけるのかも考えなくてはいけないところです。


合法民泊の運営ノウハウは、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!

    

京都市の民泊ルールが少し緩和? 〜その1〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

京都市が出した民泊新法へのルールが日本一厳しいようですね。と、以前お伝えしました。

厳しくしたのですが、取り締まり過ぎなのでは?との声が上がっていました。

特に、駆け付け要件についての声が多いですね。
・苦情対応などで管理者らが10分以内に客室へ駆け付けることができるよう半径800メートル以内の駐在を求める。 

この要件が、市長が認可する場合には要件を緩和する例外規定を盛り込まれます。
その条件とは、
・条例に基づいて定めるガイドラインで、地域住民がよく知っている。
・宿泊業で実績があったりする事業者。

緩和の内容というのが、下記の内容で検討されています。
・駐在を求める範囲を「20分以内で到着できる場所」とする。

10分→20分になるだけでかなり違うと思います。倍ですからね。

お陰様で私達も京都での実績を着実に積み上げているので、緩和の対象となるだとうと思っています。

しかし緩和あれば規制あり。緩和だけではなく、規制も取り込まれていました。
この内容は、また次回に。
secomhomes3-e1503495604578
運営ノウハウを知りたい方のためにブログを公開中!   
https://co-reception.com/ 

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    
                                               
ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。