教えて民泊先生!合法民泊で行う不動産投資のはじめ方

ダメ無許可民泊!合法で行なう民泊の方法をお届けします。 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

家紋

簡易宿所の運営についての質問にお答えします。〜その1 ロゴ編〜

こんにちは、ほぼほぼ元気になってきました合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

最近多く頂いてるご質問「ロゴは、どの様にして作っているのですか?」にお答えします。

答え:宿の縁またはコンセプトを決めて、外国人のデザイナーに依頼してその中でもっともコンセプトとその宿にあったロゴを最終的に採用しています。あえて外国人デザイナーを利用している理由は、訪日外国人ウケするようにと理解してもらいやすさを求めているためです。

私達の宿は、いまのところ宿毎にロゴ(家紋)を作成しています。
不動産には同じものが一つも同じものがないのと同じで、探してみると物件にはストーリーがあると考えています。それらを私達が言語化してデザイナーさんに具現化してもらっているという流れです。

折角なので、次回はとある物件のロゴが出来るまでの過程をお伝え致します。

3138
ここ最近の宿のロゴ(家紋)達です。右のロゴは、「桜」と「川」がイメージとなっています。

合法民泊民泊の運営ノウハウは、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

宿(物件)の差別化の方法〜ロゴ〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

私達の場合、各宿にストーリーがあり、それを基に全ての旅館業の管理施設に独自のロゴである家紋を採用しています。

下の家紋の不死鳥は、オーナーが今まで困難に負けず多くのことをやり遂げた精神を表現しています。またこの不死鳥は、旅人の旅や人生の困難をサポートしたい意志が込められています。

54


そして今ある宿から直近で後2つのロゴが加わることになります。
すなわち新規開業が2物件あるということなのです!
ロゴ

33


さらにさらに水面下で動いていたことが、ようやく浮上してきまして、それについてはブログの中でも別枠として動きを追っていこうと思っています。
まだ勿体ぶるな感じばかりなのですが、楽しみにお待ち下さい。
あなたにとっても有益であることは間違いありません!


すでに運営している、また運営ノウハウを知りたい方のためブログを公開中!  
https://co-reception.com/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓   
                                            
ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。