教えて民泊先生!〜合法民泊のはじめ方と運営方法〜

合法民泊のはじめ方や運営方法の情報をすべて公開中! 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

地方

合法民泊と旅館業と地方との関係

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です

民泊新法は、宿泊の日数上限が180日というのが大きな問題(課題)となっています。
またこの上限日数については、自治体によって制限が可能となります。

訪日外国人は、大都市はすでに経験済みということから、以前の記事にも伝えましたが、これからは地方へとその足は向いていきます。

民泊新法の上限日数もそうですが、地方のためにこそ、旅館業の見直しなどがあっても良いかと思います。
いま運営している鹿児島県は、理解もあり旅館業については取得しやすかったと言えると思います。

いま他で運営準備をしている地方(地域)では、旅館業(特に簡易宿所)の扱いが少なく、条例も昔に設定されたままだったりしています。
そのため、5人定員でも各階にトイレ2つ設置が必要など、実情に沿っていないことがあります。

地方こそ旅館業法を見直ししたり、条例で緩和したりなどがもっと必要になるべくあると思います。
image

すでに運営している、また運営ノウハウを知りたい方のためブログ 
https://co-reception.com/
合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓                         
       

訪日旅行者が次に向かう場所は…

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です

前回の記事でも地方へ伸びていく訪日外国人旅行者について書きました。

そんな折、徳島県三好市の徳島の山間に外国人が列、という記事がありました。

原風景を求めて訪日観光に来ているそうです。
そこでは古民家を改修して宿泊施設とし(しかもこの改修プロデュースは、アメリカ人の東洋文化研究家の方が行なったそうです)、ジビエ料理などを提供しているそうです。

訪日旅行者が地方に行きSNSなどで人気になったとしても、それで終わりにすることなく、観光・宿泊・飲食など全てのことを自治体や周りの方と一緒に取り組んでいくことによって、このインバウンドを活かせることになります。

私もいまサポートしている地方の案件についても、出来ることはまだまだあると思っています。
宿泊という観点からまず集客に力を注いでいます。
31

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓                         
       

大都市圏を上回る地方での宿泊客の増加

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です

地方の訪日の延べ宿泊数は、大都市圏(東京、京都などメジャー都市)には及びませんが、地方での増加幅は初めて大都市圏を上回ったそうです。

私も運営をしているなかで肌で感じていたものが、数字としても実証されてたということです。
今後のリピーターは、メジャー都市から地方へ移っていくのは間違いありません。

いま運営している鹿児島の物件も徐々にではありますが、外国籍の宿泊者が増えています。

まだ詳細は
明かせないのですが、いま私のコンサルも複数地方都市で進んでいます。
その中には、えっ!と思われる場所もあるかもしれません。
地域の方のご協力があって進められることが大前提としておりまして、ただの不動産投資は毛色が違うかもしれません。しかしこの様な相互関係があればこそ成功に繋がっていくと思っています。

観光庁によると、2016年の訪日客の延べ宿泊人数は6938万人。
うち三大都市圏にある8都府県(東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、大阪、京都、兵庫)は前年比138万人増の4185万人。他の地域は客数(2752万人)、増加幅は238万人増。

16

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓                         
       

合法民泊で行なう地方創生 その3

こんにちは、合法民泊(簡易宿所)コンサルタントの民泊先生こと三浦剛士です。


今回の地方創生プロジェクトA(仮)の第一回が終えました!
行動力溢れるオーナーさまのお陰、今回のプロジェクトが始まりました。
出来ない理由を並べていては、何も始まりません。
まずはやってみて行動して、その結果また修正をしていければ良いと思います。

ただこれは、一人では無理で沢山の方々の協力がなければ実は実現出来ません。
今回は、先導くださったお魚大家さん、不動産屋のMさん、などなど、現地で運営が出来ることが、このプロジェクトに繋がっています。

簡易宿所の許可を取るだけであれば簡単です、ゴールはここではありません!
不動産投資である以上、収益を生めるよう、マラソンを走りきれるようにしていきます!

プロジェクトが進み次第、別の形で進行状況を公開していきたいと思っています!
IMG_8785

民泊投資の参考になったら下2つのボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓            
     

民泊を行なっていくうえでの次の狙い場所

こんにちは、合法民泊(簡易宿所)コンサルタントの民泊先生こと三浦剛士です。

突然ですが、訪日外国人の目標数は?!
2020年4000万人、2030年6000万人
今年は、先月ですでに2000万人を突破。そしてオリンピックは約4年後。 最終的には、いまから3倍くらいを目標としているわけです。

ある一定数から間違いなく起きること、それは分散です。地方分散、地域分散です。
この目標者数は、すべてが新規ではありません。リピーターも含まれているわけです。日本という大きい器でリピーターを呼びということは、訪日外国人旅行者も団体→個人と変化していきます。つまりは、決められたツアーではなく、個人自身で行き先を探し決めて行くわけです。
そうなると、メジャーなところだけではなく、まだ余り他の訪日外国人旅行者が知らないようなところ、いわゆるマイナーなところへも観光しに行くことをさします。その結果、旅行地の変化がおきます。これは間違いないといえます。

これから数年後、メジャーな都市は引き続き人気ですが、反面にえっ!そんな場所がというところにも旅行者が赴くようになります。この考えのもと、今から動き出しても決して早すぎるということはないです。アンテナを張り巡らせてください!



000002672
民泊投資の参考になったら下2つのボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓    
       
ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。