教えて民泊先生!合法民泊で行う不動産投資のはじめ方

ダメ無許可民泊!合法で行なう民泊の方法をお届けします。 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

合法

民泊新法、来年6月15日施行決定

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

 住宅の空き部屋に旅行者を有料で泊める民泊の規則を定めた、住宅宿泊事業法(民泊新法)の施行日を来年6月15日とする政令を閣議決定した。

 民泊新法は民泊を届け出制とし、営業日数の上限を年間180日と規定。都道府県や政令市などは条例で営業日数を短縮できる。

ということで、次に求められるのは、各自治体の条例を早めに決めて教えて欲しいですね。いまから物件を青田買い[借り?)を始める方も出てきそうな予感です。

これに便乗して賃上げする業者も出てくるでしょうから、いまの相場を確認しておく必要があります。
また不動産管理会社さんは、契約内容や管理規約を見直す必要があります。


合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    
           

民泊ってなんですか??

こんにちは、合法民泊コンサルタントの三浦剛士です

合法民泊のイメージアップ大作戦を行おうと思います!

というのも、いまだに感じていることで、非常に困ることがあります、
それは、「民泊」という括りで、許可済みから無許可のことまでが一緒くたに思われてしまっていることです!

近隣の方とお話をしていても、現地に「旅館業施設概要」という立て看板を出していても、違法民泊を行われるのではと不安に思ってしまうそうです

「民泊」としてテレビなどで入ってくる情報は、悪い内容が多く(悪い内容しか聞かない!)不安だというのが近隣の方々の本音だそうです
そのため、旅館業とっていたとしても全て「民泊」だと思ってしまう
と、いいますか、違いが良く分からないということです

私の出番といいますか、旅館業許可取得した合法民泊と民泊の違いを定義し確実な情報をお届けする必要がありますし、それを求められているということが分かりました
BlogPaint

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓                        
       

合法民泊の運営について書いてみます  その5

こんにちは、合法民泊(簡易宿所)コンサルタントの民泊先生こと三浦剛士です

4回に渡りお伝えしてきました、合法民泊を運営するにあたって掛かる経費とその金額
もう一度、おさらいしてみましょう

電気代:33,468円
ガス代:9,705円
上下水道代:13,707

家の固定wifi:5,709円
ポケットwifi:5,047円

備品消耗品:11,832円 

清掃(リネン洗濯)費:約100,000円

この様な感じになります

ここから肝心なことに突入していきます、2点あります
1点目、この費用は誰が負担するのか?
2点目、まだ抜けている経費があります

あなたは分かりますか??
images

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓                                                 
     

3/38追記:費用のこと追記しました

合法民泊の運営について書いてみます  その3

こんにちは、合法民泊(簡易宿所)コンサルタントの民泊先生こと三浦剛士です

合法民泊の運営についてかかる経費費用は〜光熱費、、、だけではありません
その他に、
インターネット費用、家の固定wifiとポケットwifiの2種を併用
備品消耗品、トイレットペーパーや洗剤などなど
リネン洗濯費、
清掃費、
これだけの費用が掛かります

固定費もあれば変動費もありますね、次回は直近での数字も含めてお伝えします
ぜひご参考にしてほしいですね
20160109232619

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓                                                 
     
 

商店街の空き店舗を活用してゲストハウス

こんにちは、合法民泊(簡易宿所)コンサルタントの民泊先生こと三浦剛士です

商店街の空き店舗を活用してゲストハウスを6棟を予定
IMG_0238IMG_0237
これにより空き家だけでなく、商店街の活性化にも繋げます

合法民泊であればこの様なことも出来るという案件でした
素晴らしいですよね!
IMG_0236IMG_0226
合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓                                                 
      

 
ホームページ
プロフィール
Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。