教えて民泊先生!〜合法民泊のはじめ方と運営方法〜

合法民泊のはじめ方や運営方法の情報をすべて公開中! 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

再建築不可

物件の要件〜旅館業取得可能な物件とは

こんにちは、合法民泊コンサルタントの三浦剛士です

物件の要件として、どの様な物件が良いのか?
分かりやすい物件を目安に上げると、「再建築不可」物件でかつ京都市の例

去年の11月までは再建不可の物件でもバンバン旅館業取得されていました。

しかし、今はほぼ無理です。

*条件が揃うと許可が取れる場合があります。これは案件ごとにかなり異なりますので、この条件が、というのは現状ではいえません


今回の例も、非常大きなポイントかと思います
最新の情報は、常に入れておかないとなりませんね
3f0cfd24c56ebe0f108d0234adb57a42

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓                     
       


幅員1.5mの壁

こんにちは、合法民泊(簡易宿所)コンサルタントの民泊先生こと三浦剛士です 

旅館業(簡易宿所)の規制が徐々に整ってきているという話を聞きます
これは特に京都においてですが。

そしてその中で気にしているのは、幅員1.5m(以上)

なんの事だと思いますか?
幅員は道路幅のことです。

物件探しのポイントにもなると思います
doro-qa3-01

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓                                                            
        
ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。