教えて民泊先生!合法民泊で行う不動産投資のはじめ方

ダメ無許可民泊!合法で行なう民泊の方法をお届けします。 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

保険

旅館業用保険の内容を再確認しましょう 〜簡易宿所内で事故が起きてしまいました。最終回〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

保険は、万が一のためですから必ず加入してください。

あらためて保険内容を公開します。

・建物火災保険
・建物地震保険
・設備火災保険
・休業損失保補償
・旅館業賠償責任保険 対人・対物
・旅館宿泊者特約 対人・対物 

これら全6項目の内容をとなっています。
このように、必ず旅館業に合った保険を利用することを忘れないようにしてください。
3ead2b38


運営ノウハウをこちらで公開中 ! 
→ https://co-reception.com/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓     
    

 〜簡易宿所内で事故が起きてしまいました。その2〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

 前回の記事「簡易宿所内で事故が起きてしまいました。」の続きです。

ゲストもチェックアウトしてしまっているし、これは泣き寝入りしかないのかっ、、、。

結論:旅館業施設賠償保険で対応できます。

保険金請求の事故報告については、下記の5点の内容が必要になります。

○事故の日付とおおよその時刻
○修理お見積り
○事故当日の宿泊者名簿
○名簿にある加害当事者の名前
○現場の事故状況写真

賃貸などと違い、年間通しての人の出入りはかなりの数となります。旅館業の保険は、事業用となるため年払いしかなく、居住用と比べると割高になります。しかし、万が一のための保険です。
旅館業用の保険には必ず加入してからの運営をしましょう。

なお事故が起き、保険を適用したからといって、次年度の保険料が高くなる訳ではありませんのでご安心ください。
(*ただし、あまりにも頻発するときは、保険料が高くなる可能性もあります)

57

無事に元通りになりました。
34


運営ノウハウをこちらで公開中 ! 
→ https://co-reception.com/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓     
    

合法民泊の火災保険料と地震保険料と

こんにちは、合法民泊コンサルタントの三浦剛士です

引き続き、前回の記事「
旅館業用の火災保険に気をつけるべきこと」からの続きです
旅館業(簡易宿所)に適した保険は、事業用の扱いになってしまうた、1年毎でしか入れません

今回、築年数が昭和27年と地震保険レートが一番高いものでの見積もりなのですが、
おおよその保険料が31万円位(新価額1500万円で設定)

この火災保険と地震保険料の総額の内訳ですが、

なんと!地震保険料が半分以上を占めているのです…金額にして約25万円です

そのため、簡易宿所を運営されている方では、地震保険に加入していない方が増えているといいます
難しいところですが、何かあった時のため保険ですから、入れる内は加入すべきなのではと思います

たしかに額が額なので、判断は非常に難しいですよね…
京都や地方では、古家を利用するとなると、必然的に築年数も古くなってしまいます

*地震保険は、地域によって算出額違います

しかし旅館業を営む場合は、必ず適した保険に加入してください!
47
合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓                     
       

旅館業用の火災保険に入らなかったので保険がおりなかったって

こんにちは、合法民泊(簡易宿所)コンサルタントの民泊先生こと三浦剛士です

合法民泊でまだ認知が薄いこと、、それは、火災保険です
簡易宿所を運営しているのにも関わらず、住宅用や賃貸用に加入している方が多いと聞きました
いざとなった時に保険がおりませんので、見直してくださいね

通常の賃貸(住居)用の保険ではカバー出来ません。
旅館業には旅館業の保険がありますので理解して付けてください。
私は、いま保険の資格をほぼ全て取得しました(生命保険から自動車保険まで)ので、しっかりと勉強して身につけておりますが、それでも分からないことがあるので、その時には、一緒にサポートしてくれている保険屋さんがいるので安心しております(^o^)丿

合法民泊行っているからが加入されている保険内容を公開します
建物火災保険
建物地震保険
設備火災保険
休業損失保補償
旅館業賠償責任保険 対人・対物
旅館宿泊者特約 対人・対物 

全6項目の内容を付加しています。賃貸(住居)用の内容と似ているのですが、「
休業損失保補償」は、旅館業ならではかと思います。これは万が一、建て直しをすることになった場合に、営業出来るまでを日額で補償してくれるものです。建て直し期間中は本来営業出来ないため、機会損失になってしまいますが、この補償によってそれを免れるということになります。

このように、合った保険を利用することを忘れないようにしてくださいね
ということで、保険見直し屋も行なうことにしましたので(笑)お気軽にご相談ください(^_^)
BlogPaint

ただし1点だけ気をつけなければいけないことがあります
それは、次回に必ず!

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓                     
               

 

合法民泊用の保険を忘れずに!

こんにちは、合法民泊(簡易宿所)コンサルタントの民泊先生こと三浦剛士です

合法民泊で忘れがちになること、、それは、保険です
通常の賃貸(住居)用の保険ではカバー出来ません。旅館業には旅館業の保険がありますので理解して付けてください。
私は、保険の資格をある程度持っています(生命保険から自動車保険まで)ので、しっかりと勉強して身につけておりますが、それでも分からないことがあるので、その時には、一緒にサポートしてくれている保険屋さんがいるので安心しております(^o^)丿

合法民泊行っているからが加入されている保険内容を公開します
建物火災保険
建物地震保険
設備火災保険
休業損失保補償
旅館業賠償責任保険 対人・対物
旅館宿泊者特約 対人・対物 

全6項目の内容を付加しています。賃貸(住居)用の内容と似ているのですが、「
休業損失保補償」は、旅館業ならではかと思います。これは万が一、建て直しをすることになった場合に、営業出来るまでを日額で補償してくれるものです。建て直し期間中は本来営業出来ないため、機会損失になってしまいますが、この補償によってそれを免れるということになります。

このように、合った保険を利用することを忘れないようにしてくださいね
ただし注意点もあります!それはまた明日~
BlogPaint
合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓                     
               

 
ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。