教えて民泊先生!〜合法民泊のはじめ方と運営方法〜

合法民泊のはじめ方や運営方法の情報をすべて公開中! 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

住宅宿泊事業者

旅館業、民泊での戦い方の一つと意識

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

本日も良い情報をご紹介頂いたので共有したいと思います!

色々な戦略があると思いますが、私達は当初から「家族・グループ貸し」や「長期滞在仕様」を意識してプラン作りをしてきました。正解は、まだまだありませんが、宿泊の部屋は大は小を兼ねます。
毎回毎回、最大定員数が宿泊するわけではありませんが、グループを受け入れられる状況にしておくことにポイントがあると思っています。

IMG_5408



合法民泊の運営ノウハウの全てをこちらのブログで公開中 !
→ https://co-reception.com/all-articles/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

民泊新法や旅館業を依頼出来る工務店が増えるかも??

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

ある工務店さんで打ち合わせに寄せてもらったところ、ふと目に飛び込んできたのが、このLIXILメンバーズ通信
IMG_1784
民泊新法に乗ってあらたなリフォーム提案をしていこう!といった内容のようです。こういった形で民泊新法ならず旅館業に対応出来る工務店さんが増えるということは、オーナー様にとっても選択肢が増えるということで良いことだと思います。
記事もまとまっており、内容も分かりやすかったので共有したいと思います。

IMG_1785

IMG_1786

IMG_1787

IMG_1788


合法民泊の運営ノウハウの全てをこちらのブログで公開中 !
→ https://co-reception.com/all-articles/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

関東地方整備局から協力要請を受けました!

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

民泊新法について、住宅宿泊事業者に関東地方整備局から協力要請が出ています。
もともと民泊新法の届出が少ないことが起因しており、これは、「届出の手続きが煩雑だから、届出が伸び悩んでいる〜!」という指摘からです。
今回の協力要請は、各住宅宿泊事業者に、運営を開始したい方から相談を受けたら、必要な情報を提供して住宅宿泊事業の健全な普及に協力ください、という内容です。早め早めに情報を出しなさいよ〜ということですね。

しかし、届出の伸び悩みの根本は、手続き煩雑云々ではなく、各自治体による締め付けの厳しさかと思うのですが…。
IMG_1774

私達は、住宅宿泊事業者となっておりますので、運営開始を検討されている方はお気軽にご相談ください。
ご相談はこちらから→ http://min-pack.com/toiawase/postmail.html




合法民泊の運営ノウハウの全てをこちらのブログで公開中 !
→ https://co-reception.com/all-articles/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

民泊進歩の届出件数は多いのか?少ないのか?

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

3月15日から民泊新法の届出受付が開始されました。
それから約1ヶ月後、観光庁より件数が発表されました。

宿泊者と民泊サービスの提供者を仲介する「住宅宿泊仲介業者」は22件
家主不在型の民泊物件を管理する「住宅宿泊管理事業者」は284件
民泊ホストの「住宅宿泊事業者」は232件

この数字を多いとみるか少ないとみるか…。

事業者が多いのは当然ですね、これをビジネスチャンスとして考える業者は多いので。

民泊ホストは圧倒的に少ないと思います。様子見をしているという方も多いでしょう。
ただもし民泊新法で営業するのと旅館業を取得するのかで悩んでいるのであれば、私は365日営業出来る旅館業(簡易宿所)を推します。
43


合法民泊民泊の運営ノウハウは、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    
ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール