こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

いよいよ始まりますね、住宅宿泊事業法(民泊新法)。
しかし8日時点での届出は2707件ということです…(受理は、1134件)。
いままであった残りの数万件の物件は一体どこにいってしまったのでしょうか?

撤退をしているところもありますが、引き続きヤミ民泊を続けるのでは?という噂も多々聞きます。
しかし、ヤミ民泊を続けることは本当に可能なのでしょうか?
大手の旅行サイト各社は、団体を作り行政に協力すると発表しています。確かに似たようなサイトは正解中をみればまだまだあるようです。とはいえども、掲載して終わりではなく、集客できない限り意味がないため、他サイトへ移行してヤミ民泊を続けるというのは現実的ではない気がします。

いまは未だ届出件数は、少ないのですがやはり様子見の方はかなり多いのではと思います。
民泊新法をキッカケに「民泊」自体を知る方が増えれば利用者も増えるでしょうし、これから参入を検討される方も増えると思います。その様な意味では、大変良いことだと思います。

ということで、本日もこれからご相談の打ち合わせを行います。
少しでも私の経験とがお役に立てることが出来ればと思っております!
スクリーンショット 2018-06-14 18.48.58

ねっぱん!と連携したBeds24の特徴はこちらから。いまなら無料体験を提供中です。
→ https://co-reception.com/beds24/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!