教えて民泊先生!〜合法民泊のはじめ方と運営方法〜

合法民泊のはじめ方や運営方法の情報をすべて公開中! 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

京都市

本日から宿泊税の徴収が始まります。〜京都市 宿泊税 その6〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

過去の宿泊税の記事はこちら→ http://min-pack.blog.jp/archives/1071947797.html

*前回の記事にもあった納税者変更届けの書類は、結構直前になって届きました。
殆どのオーナー様は、運営代行業者に代理納付を依頼しているかと思いますので、不安な方は運営会社に確認しみてください。

ということで、ここからが本題、
京都市では、本日10/1からの宿泊に対して宿泊税の課税徴収が始まります。
ここであらためて税額のおさらいです。

宿泊料金あたり
・1泊2万円未満は200円
・2万円以上5万円未満は500円
・5万円以上は1000円

当面は、混乱が続くと思われますし、訪日外国人の方々がどれくらい認知しているのでしょうか…。
スクリーンショット 2018-10-01 13.12.32


手引は、京都市のHPからダウンロードできます。
こちらから→ http://www.city.kyoto.lg.jp/gyozai/cmsfiles/contents/0000236/236946/tebiki.pdf


合法民泊民泊の運営ノウハウを、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    

                                   

京都で全国初の営業停止の緊急命令の報道をみて思ふこと〜その2〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

前回の記事の続きです。

摘発や営業停止〜というニュースをみると思うこと。
それは、「それら物件って業者が自ら借りたり・所有している物件として運営を行なっているものなの??」
もっと分かりやすくいうと、「オーナーさんが別にいて、業務委託を受けて運営しているのでは?」と。

旅館業改正後は、刑罰は運営者だけではなく所有者にも及びます。
ニュースには出てこないということは、大丈夫なのでしょうけど。
2200


合法民泊民泊の運営ノウハウを、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    
                                                       

京都で全国初の営業停止の緊急命令の報道をみて思ふこと

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

先日、京都で旅館業改正後「全国初の営業停止の緊急命令」が出されました。
これ以前にも京都では違法施設の摘発がありました。

この様な摘発で淘汰されていくのかと思いますが、下記のようなことだけが無いように民泊仲介サイトにも徹底して頂きたいと思います。

「改正法施行後、観光庁は民泊仲介サイトの運営者に違法物件の削除を要請し、この民泊も削除されたが、架空の許可番号を使って再掲載されていたという。」

各サイトも1件づつ調べるには相当な労力が必要なため、また性善説に則って行っているからこそ、ここにつけ込まれているのかと思います。
以前の記事にも書きましたが、そのお蔭で正当にやっている宿の掲載がスムースに行かないということが、私たちの宿では起きているので、良い迷惑なんです…(T_T)

摘発の記事などを見ると毎回思う疑問があります。それについては、また次回に書いてみたいと思います。
京都市民泊通報


合法民泊民泊の運営ノウハウを、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    
                                                       

京都市から「旅館業を営業されている皆様」というお達し〜その1〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

京都市から「旅館業を営業されている皆様」というお達しがきました。

要点をまとめると、ルール厳しくしますよ〜、という内容です。
次回、厳しくなった内容をお伝えします。
IMG_1960
IMG_1961
IMG_1962


合法民泊民泊の運営ノウハウを、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    
                                                       

納付者の変更はまだできない?〜京都市 宿泊税 その5〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

過去の宿泊税について
その4の記事はこちら→ http://min-pack.blog.jp/archives/1071415730.html

京都市の宿泊税のその後
いまだと各宿に申告書式が届き終わった頃でしょうか。まだの方もそろそろだと思いますし、もし宿にポストが無く不配達になったとしても、その時には役所から直接電話が掛かってきますのでご安心(?)を。

実際の納付を運営会社に依頼する際には、その旨を申請する必要があります。それらの書類も同時に届くはずだったのですが…まだ来ないので宿泊税担当窓口に問い合わせました。

以下、回答です。
・納税者変更届けの様式がまだ整っておらず、申告書・申請書は今手元に届いている所有者様のお名前のまま提出。
・マイナンバーなどの個人情報は難しければ空欄でよい。
・納税者変更届けの準備が整い次第、HPなどで書類をダウンロード出来るようになるのでその際に変更手続きを行なう。

ということですので共有いたします(^ ^)

手引は、京都市のHPからダウンロードできます。
こちらから→ http://www.city.kyoto.lg.jp/gyozai/cmsfiles/contents/0000236/236946/tebiki.pdf
スクリーンショット 2018-07-13 17.02.39
スクリーンショット 2018-07-13 17.02.27


↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    
ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。