教えて民泊先生!合法民泊で行う不動産投資のはじめ方

ダメ無許可民泊!合法で行なう民泊の方法をお届けします。 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

京都

バリアフリー検査、不合格!? 〜民泊先生オーナーになる その18〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

三浦簡易宿所始めるってよ、その18
その17の記事はこちらから→ http://min-pack.blog.jp/archives/1072284567.html

京都で旅館業を施設を造るときには、「京都市建築物等のバリアフリーの促進に関する条例」というものがありますので、これに合わせる必要があります。

私の宿ももちろん対象で、完全バリアフリーとなっています。
当宿は、沢山の人が集えるようにロビー(帳場前)を広く設けており、それに対応するかのように、ロビーにもトイレがあるのですが、これも車椅子対応可能な広さとしています。

ロビーから共用部を通って、客室へと続く動線となっています。
排水管の問題で、段差はないのですが緩やかなスロープとなっています(このスロープも角度の指定があります)。
ゆったりとした幅もあるので、これで手摺りも付けたらなお良いのではないでしょうか?と提案頂いたので、即採用。

しかし!ここでバリアフリー検査→設計士と工務店との連携ミスが発生してしまい検査不合格の事態となるのです…。
【原因】
手摺りの取り付け位置が悪く、通路の有効幅を狭めてしまった。

流石に検査時は、青くなりました(T_T) コンクリで根本からがっつり埋まっていたので…。

どうすれば!と思ったのですが、検査員の方から「ほか客室へのバリアフリー対策をすることにより、バリアフリー検査は合格します」とご教授頂き、検査終了後すぐに工務店さんたちが施行してくれました。
その後、無事に検査合格しております!

なお再検査は、写真提出で終わります。
180305_0149
合法民泊民泊の運営ノウハウは、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    
   

三浦簡易宿所始めるってよ〜民泊先生オーナーになる その16〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

三浦簡易宿所始めるってよ、その16
その15の記事はこちらから→ http://min-pack.blog.jp/archives/1071659033.html

まったく更新が追いつかず申し訳ございませんm(_ _)m

すでにご存知の方から「ブログは、いつ追いつくのですか??」と…、ということで、ここら辺りで一旦追いついておきたいと思っています。
と、いうのも今日現在もまた新たな物事に挑戦しているので、今後はそちらをタイムリーにお伝えできるようにしていきたい為です。

民泊先生オーナーになる〜の時系列を端折ると
・工事完成
・消防検査→追加設備の指摘。追加費用50万円掛かる!
・庭の工事を一旦諦める…
・保健所の検査
・バリアフリー検査→設計士と工務店との連携ミスにより、検査不合格→要再検査となる
・家具家電入れの準備開始
・許可証取得
・運営開始!
・Kamon Innブランドを設立
・絶賛稼働中
・定員数を縮小する

今日現在、進行していること、
・民泊先生物件1に隣接地に、人が集まれる場所(ラウンジ)を造ったので活用方法を模索中
・飲食営業許可証を取得
・インフォメーションセンターを近日開設
・民泊先生オーナーになる、第二弾を進行中!
などなど、自身の物件だからこそ試せることを色々と行なっております

上記を交えながらも、いま行なっていることをお伝えできるようにしていきます!
情報は生物なので、あまり古いものは、意味を持たなくなってしまう場合もありますので。

180305_0101


合法民泊民泊の運営ノウハウは、こちらのブログで公開中

→ https://co-reception.com/all-articles/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    
   

京都の旅館業許可取得、いままで以上に時間が掛かるようになります。

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

京都の旅館業の申請の順序・流れが変わりました。
結論からいくと、今までより時間が掛かるようになってしまいました。その期間、プラス約1ヶ月…(新築の場合)。

不動産投資として考えた場合、売上を生む期間が先に伸びるは痛手ですよね。

京都は宿不足と言われながらも、民泊新法も厳しいですし、旅館業も厳しくなっていっている気がします。この辺りの矛盾は、投資家さん達も思っているのではないかと思います。

この数年で一斉に旅館業物件が増えたことで、近隣住民の方々の困惑もあり、京都市としてはこの辺りも当然に考慮してのことだとは思います。
共存共栄出来る方法は、必ずあると思いますし、宿によって大変近隣の方々に良くして頂いているので、何とかしていきたいと考えています。
スクリーンショット 2018-08-08 23.35.54


合法民泊の運営ノウハウの全てをこちらのブログで公開中 !
→ https://co-reception.com/all-articles/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

開業前までにやっておくこと〜ロゴ作成編〜 〜民泊先生オーナーになる、その15〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

三浦簡易宿所始めるってよ、その15
その14の記事はこちらから→ http://min-pack.blog.jp/archives/1071453051.html

なかなか更新が追いつかず申し訳ございません。

工事と並行して運営の準備も行ないます。
完成前に出来ることは下記の様な項目が挙げられます。
・掲載準備
・インテリア決め
・家電や備品の購入
・ロゴ決め

今回は、「ロゴ」です。
私たちが運営管理をしている物件は、宿毎にロゴ(家紋風)を決めています。
いまのところ、宿の雰囲気や周辺環境のストーリーからロゴ決めております。

しかし私たちの宿は、かなり前から決めておりました。
というのも、物件の跡地でもある工場は、元お豆腐屋工場で「鬼面とうふ」として商いをされていました。
スクリーンショット 2018-06-19 11.54.48
BlogPaint
そして当時お店にあったのが、こちらの鬼面です。
S__3318047

オーナー家族も思い入れががあるこの鬼面を、当初から使わせてもらおうと思い快諾頂いた訳です。
そしてこれを参考にロゴ作成を行ないました。
3625


ロゴもいくつかの候補や経緯を経て、最終的に下のロゴで決定しました!今回は、家紋(風)ではないのですが、ストーリーやオーナー様の思いがあるので問題は全くなしでした。
15
ロゴの作成は、コンペなどを行っているので2週間以上は時間が掛かっています。
しかし最近は自社でも作成が可能になったので意見を伝えやすくなって楽になりそうです。なお近日にはロゴ作成や平面図作成など民泊用限定のサポートサービスを開始しよと思っております。こちらはまた別の機会にお伝えいたします。

合法民泊民泊の運営ノウハウは、こちらのブログで公開中

→ https://co-reception.com/all-articles/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    
   

自社物件のデザインは? 〜民泊先生オーナーになる、その14〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

三浦簡易宿所始めるってよ、その14
その13の記事はこちらから→ http://min-pack.blog.jp/archives/1071443135.html

デザインや建物仕様ですが、今回デザイナーさんからこの様な写真や具体的なイメージを事前に頂き決めていきました。
ロビーイメージ(白×黒)
基本デザインについては、デザイナーさんに一任していましたが、それでも事前に連絡くれたりと行なって頂いので大変助かりました!!
いよいよいよいよ完成間近です! 

合法民泊民泊の運営ノウハウは、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    
   
ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。