こんにちは、簡易宿所コンサルタントの民泊先生こと三浦剛士です。

東京で進めていた、中古戸建をリフォームして旅館業(簡易宿所)の許可取得ですが、少し前に2物件無事に許可がおりました。消防署の検査では数点指摘事項がありましたが、それも修正を掛けて問題なし。やっととれたという感じで、一安心しています。関わった皆さんのご協力のお陰です、ありがとうございます!

もともとこの計画自体は、今年の初めくらいから実は動いており、その間に旅館業の改正があったりため、途中で方向性を見直したりとあって、思った以上に時間が掛かってしまいました。

いまの東京の土地相場では、まっとうに新築で簡易宿所を建築しようとしても利回りが合わない場合が多いです。そのため、東京では中古戸建(空き家)をコンバージョンしていくことに成功の秘訣ありです。
あらためて核心しましたが、許可取れない物件は基本的に無い。どれも取れます(諸条件はありますが、、、)

この内の1棟はまさにそれを物語っていると思います。成功の秘訣の一つを次回、公開しますね。

許可が下りた、では終わりではありません。これからがスタートです、しっかり集客、売上を上げていくことがメインですから。
BlogPaintBlogPaint
民泊投資の参考になったら下2つのボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓