教えて民泊先生!合法民泊で行う不動産投資のはじめ方

ダメ無許可民泊!合法で行なう民泊の方法をお届けします。 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

不動産投資

ご質問を頂きました 「合法民泊とCRのブログ違いは?」

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です

ご質問のメールを頂きましたのでブログにて回答させて頂きます。
Mさんご質問ありがとうございます!

質問:「合法民泊先生のブログとCR(新サービス)のブログでは内容が異なるのでしょうか?」

回答:異なります。しかも両方読む価値ありです(^_^)、と言ってしまうと雑然すぎてしまいますので、大きくは分けると下記の通りになります。

・合法民泊不動産投資に興味がある方(まだ始めていない)、法令などを知りたい方は合法民泊先生のブログ

http://min-pack.blog.jp/

・すでに運営している、また運営ノウハウを知りたい方は、CRのブログ 
https://co-reception.com/
*運営開始のためのノウハウ資料が無料でダウンロードできます。 

合法民泊全般は当ブログ、より具体的で明日からすぐ使えるような実践的なノウハウを求める方にはCRのブログをご覧になってください。


CRのブログはどこから見てるのですか?という質問も多かったので、当面はリンクをブログ下部に貼っておきますね〜。質問・ご相談は引き続きお気軽にご連絡ください→お問い合わせフォーム

53


すでに運営している、また運営ノウハウを知りたい方のためブログ 
https://co-reception.com/
合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓                         
       

訪日旅行者が次に向かう場所は…

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です

前回の記事でも地方へ伸びていく訪日外国人旅行者について書きました。

そんな折、徳島県三好市の徳島の山間に外国人が列、という記事がありました。

原風景を求めて訪日観光に来ているそうです。
そこでは古民家を改修して宿泊施設とし(しかもこの改修プロデュースは、アメリカ人の東洋文化研究家の方が行なったそうです)、ジビエ料理などを提供しているそうです。

訪日旅行者が地方に行きSNSなどで人気になったとしても、それで終わりにすることなく、観光・宿泊・飲食など全てのことを自治体や周りの方と一緒に取り組んでいくことによって、このインバウンドを活かせることになります。

私もいまサポートしている地方の案件についても、出来ることはまだまだあると思っています。
宿泊という観点からまず集客に力を注いでいます。
31

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓                         
       

大都市圏を上回る地方での宿泊客の増加

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です

地方の訪日の延べ宿泊数は、大都市圏(東京、京都などメジャー都市)には及びませんが、地方での増加幅は初めて大都市圏を上回ったそうです。

私も運営をしているなかで肌で感じていたものが、数字としても実証されてたということです。
今後のリピーターは、メジャー都市から地方へ移っていくのは間違いありません。

いま運営している鹿児島の物件も徐々にではありますが、外国籍の宿泊者が増えています。

まだ詳細は
明かせないのですが、いま私のコンサルも複数地方都市で進んでいます。
その中には、えっ!と思われる場所もあるかもしれません。
地域の方のご協力があって進められることが大前提としておりまして、ただの不動産投資は毛色が違うかもしれません。しかしこの様な相互関係があればこそ成功に繋がっていくと思っています。

観光庁によると、2016年の訪日客の延べ宿泊人数は6938万人。
うち三大都市圏にある8都府県(東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、大阪、京都、兵庫)は前年比138万人増の4185万人。他の地域は客数(2752万人)、増加幅は238万人増。

16

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓                         
       

合法民泊+体験。どの様な体験が良いでしょうか?

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です

合法民泊投資、いまはまだ宿を作るだけで利益を上げることが可能です。
しかし、いまの盛り上がり方から過当競争になることは目に見えています。

泊まる+アルファが必要になっていきます。
例えば、Airbnbが始めている、+体験。
習字、寿司作り、築地ツアー、日本酒などなど。

正解は無いと思います。ただ私達が当たり前だと思っていることが、第三者からは特別だったりしますので、結構身近にいろいろなアイディアが落ちていますので、この様なことを考えながら夏休みを過ごすのも悪くないと思います。子供の頃の体験なども良いアイディアだと思います!

スポーツ観戦も体験の一つですよね。
IMG_1437IMG_1436
合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓                         
       

合法民泊で危惧していた事とは!?

こんにちは、合法民泊コンサルタントの三浦剛士です

前回の記事「
合法民泊を始めたくて御覧頂いているあなたへ注意喚起ですのつづきです
私が危惧していたこととは?

それは、明らかに、立地として厳しいのでは?という物件が、
「簡易宿所の許可可能」として売りに出されているということです

立地が悪いというのは、駅からの距離が遠いとかの可愛いものではなく、その場所での旅館業運営そのものが投資として危険なのではという立地です

いままで売れなかったエリアの物件が、「旅館業の許可」が取れる用途地域だけという理由で、
「簡易宿所の許可可能」物件として売りにでている現実
都内で始めたくても、高騰により取得しづらい、でも、合法民泊不動産投資をしたいと考えている投資家さんを狙っているのでしょう

売主さんからにすると、販売チャンスなのでしょうけど、結果ただのババ抜きと変わらないですからね
きっと東京オリンピックが控えているから〜的な営業文句があるのでしょうけど、オリンピック以降も運営していかないといけませんからね
出口戦略として賃貸需要も見込めるのなら良いのでしょうけど、「簡易宿所の許可可能」プライスになっているので、賃貸にだしたところで、賃料が見込める立地ではなかったりしていますから、、、

あなたも気をつけてください
悩まれた時には、お気軽にご相談くださいませ〜
edb4193c

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓                     
       
ホームページ
プロフィール
Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。