教えて民泊先生!合法民泊で行う不動産投資のはじめ方

ダメ無許可民泊!合法で行なう民泊の方法をお届けします。 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

ロゴ

開業前までにやっておくこと〜ロゴ作成編〜 〜民泊先生オーナーになる、その15〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

三浦簡易宿所始めるってよ、その15
その14の記事はこちらから→ http://min-pack.blog.jp/archives/1071453051.html

なかなか更新が追いつかず申し訳ございません。

工事と並行して運営の準備も行ないます。
完成前に出来ることは下記の様な項目が挙げられます。
・掲載準備
・インテリア決め
・家電や備品の購入
・ロゴ決め

今回は、「ロゴ」です。
私たちが運営管理をしている物件は、宿毎にロゴ(家紋風)を決めています。
いまのところ、宿の雰囲気や周辺環境のストーリーからロゴ決めております。

しかし私たちの宿は、かなり前から決めておりました。
というのも、物件の跡地でもある工場は、元お豆腐屋工場で「鬼面とうふ」として商いをされていました。
スクリーンショット 2018-06-19 11.54.48
BlogPaint
そして当時お店にあったのが、こちらの鬼面です。
S__3318047

オーナー家族も思い入れががあるこの鬼面を、当初から使わせてもらおうと思い快諾頂いた訳です。
そしてこれを参考にロゴ作成を行ないました。
3625


ロゴもいくつかの候補や経緯を経て、最終的に下のロゴで決定しました!今回は、家紋(風)ではないのですが、ストーリーやオーナー様の思いがあるので問題は全くなしでした。
15
ロゴの作成は、コンペなどを行っているので2週間以上は時間が掛かっています。
しかし最近は自社でも作成が可能になったので意見を伝えやすくなって楽になりそうです。なお近日にはロゴ作成や平面図作成など民泊用限定のサポートサービスを開始しよと思っております。こちらはまた別の機会にお伝えいたします。

合法民泊民泊の運営ノウハウは、こちらのブログで公開中

→ https://co-reception.com/all-articles/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    
   

〜その2 ロゴの由縁〜

こんにちは、ほぼほぼ元気になってきました合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

前回のつづきです。
前回の記事はこちらから→ http://min-pack.blog.jp/archives/1070704591.html

具体例ですが、Aという物件は、昔に商いを行なっていました。その時のお店のアイコンとなっていた置物がありました。
この般若がそれです。
S__3318047
かなり省略しますが、当時この般若がお店のアイコンになった理由が明確にありました。
この様な物件の場合には、その物件の歴史を引き継がせてもらうというストーリーが出来上がります。

そしてこれらの素材や背景をデザイナーさんに伝えるとこの様になります。
36
25
05

最終的にこの中から、スタッフ全員で意見を交わして選びます。
ざっくりでしたが、この様な感じで作成をしています。
この物件に関しては、般若という分かりやすいアイコンがあったので比較的分かりやすいですね。

合法民泊民泊の運営ノウハウは、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

簡易宿所の運営についての質問にお答えします。〜その1 ロゴ編〜

こんにちは、ほぼほぼ元気になってきました合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

最近多く頂いてるご質問「ロゴは、どの様にして作っているのですか?」にお答えします。

答え:宿の縁またはコンセプトを決めて、外国人のデザイナーに依頼してその中でもっともコンセプトとその宿にあったロゴを最終的に採用しています。あえて外国人デザイナーを利用している理由は、訪日外国人ウケするようにと理解してもらいやすさを求めているためです。

私達の宿は、いまのところ宿毎にロゴ(家紋)を作成しています。
不動産には同じものが一つも同じものがないのと同じで、探してみると物件にはストーリーがあると考えています。それらを私達が言語化してデザイナーさんに具現化してもらっているという流れです。

折角なので、次回はとある物件のロゴが出来るまでの過程をお伝え致します。

3138
ここ最近の宿のロゴ(家紋)達です。右のロゴは、「桜」と「川」がイメージとなっています。

合法民泊民泊の運営ノウハウは、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

新規OPEN 東京の簡易宿所施設です

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

現在、東京都内での簡易宿所OPEN準備を進めています。特に隠していた訳ではないのですが笑。

殆どの準備が完了しました。ただ少しだけ手間を掛けている部分があるのですが、それは後程で完成します。完成した後にブログでもお披露目したいと思っております。

↓リノベ後
IMG_1396IMG_1408
IMG_1416

↓家具家電入れ後
IMG_8690IMG_8842

リノベも良かったですし、私達のデザイナーさんにコーディネートしてもらい良さ倍増です\(^o^)/
東京都内某所で始めての場所でもありますので、気合を入れて売上を上げていく努力をしていきます!

↓今回の宿のロゴ
ロゴ




合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    
          

宿(物件)の差別化の方法〜ロゴ〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

私達の場合、各宿にストーリーがあり、それを基に全ての旅館業の管理施設に独自のロゴである家紋を採用しています。

下の家紋の不死鳥は、オーナーが今まで困難に負けず多くのことをやり遂げた精神を表現しています。またこの不死鳥は、旅人の旅や人生の困難をサポートしたい意志が込められています。

54


そして今ある宿から直近で後2つのロゴが加わることになります。
すなわち新規開業が2物件あるということなのです!
ロゴ

33


さらにさらに水面下で動いていたことが、ようやく浮上してきまして、それについてはブログの中でも別枠として動きを追っていこうと思っています。
まだ勿体ぶるな感じばかりなのですが、楽しみにお待ち下さい。
あなたにとっても有益であることは間違いありません!


すでに運営している、また運営ノウハウを知りたい方のためブログを公開中!  
https://co-reception.com/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓   
                                            
ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。