教えて民泊先生!合法民泊で行う不動産投資のはじめ方

ダメ無許可民泊!合法で行なう民泊の方法をお届けします。 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

リフォーム

旅館業、民泊での戦い方の一つと意識

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

本日も良い情報をご紹介頂いたので共有したいと思います!

色々な戦略があると思いますが、私達は当初から「家族・グループ貸し」や「長期滞在仕様」を意識してプラン作りをしてきました。正解は、まだまだありませんが、宿泊の部屋は大は小を兼ねます。
毎回毎回、最大定員数が宿泊するわけではありませんが、グループを受け入れられる状況にしておくことにポイントがあると思っています。

IMG_5408



合法民泊の運営ノウハウの全てをこちらのブログで公開中 !
→ https://co-reception.com/all-articles/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

民泊新法や旅館業を依頼出来る工務店が増えるかも??

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

ある工務店さんで打ち合わせに寄せてもらったところ、ふと目に飛び込んできたのが、このLIXILメンバーズ通信
IMG_1784
民泊新法に乗ってあらたなリフォーム提案をしていこう!といった内容のようです。こういった形で民泊新法ならず旅館業に対応出来る工務店さんが増えるということは、オーナー様にとっても選択肢が増えるということで良いことだと思います。
記事もまとまっており、内容も分かりやすかったので共有したいと思います。

IMG_1785

IMG_1786

IMG_1787

IMG_1788


合法民泊の運営ノウハウの全てをこちらのブログで公開中 !
→ https://co-reception.com/all-articles/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

京都の土地高騰が続くなかで、どの様に物件を取得して収益をあげるべきか?

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

京都の不動産高騰が続くなかで、どの様に物件を取得して収益をあげるべきか?

【中古物件編】結論:プランニングを練り、世帯数を増やすことにより収益性をあげる。

最近は、中古物件のリフォームの際に既存の間取りを2世帯へと大きく変えるプランニングを施しています。
これにより、収益性を2倍近くまであげていきます。
ただし2世帯にすることにより、1棟貸しよりも定員数が減ってしまう(間取りが小さくなる)ため、2倍というより1.8倍位を目安にしています。

大掛かりな工事になりますので、プラン確定後の現地調査には2度3度行うことが多いです。
昨日も、プロジェクトの現地には各箇所の工事のプロが集まりみっちりと調査をました。

IMG_0264IMG_2693


運営ノウハウを知りたい方のためにブログを公開中!   
https://co-reception.com/ 

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    
                                                       

あなたは、この写真を覚えているだろうか・・・!?

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

あなたは、この写真を覚えているだろうか・・・!?

いまから2年以上の前に遡ります。
このブログのタイトルが、「三浦、アパ宿(やど)投資はじめるってよ(仮)」 だった時があります。

タイトル通り、アパ宿投資始めます! 大家さんになります!!  と宣言したのが下の写真です。
しかし、その結果は、融資に撃沈してあっという間に終了しました笑
2年前は本当に融資が厳しかった、、、。

なぜ、今またこの写真を掲載したのか!?
それは、次回から始まる新章であかされていきます!
(*カテゴリーは分けますので、旅館業法情報も引き続き掲載していきますのでご安心を)


家族の前で大家さんになる宣言!

運営ノウハウをこちらのブログで公開中 !
→ https://co-reception.com/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    
          

消防設備はどこに設置するのか? 〜合法民泊の物件公開中です その2〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

前回の記事の続きです。
http://min-pack.blog.jp/archives/1068698039.html

なぜ広い押入れなのに間仕切りして小さくして、わざわざ一方を塞いでしまうのか??

結論:押入れも2㎡以上ある場合は、消防設備を設置する必要があるから。

今回の物件は、収納スペースがそもそも沢山あったり、他のデッドスペースをさらに収納庫に出来たため、この押入れの1/3を削ることを躊躇なく判断出来ました。
そもそも消防設備を設置するほうが、コスト掛かるので、費用対効果も抜群ですし。

ただし、収納は凄く大事です。
もし客室を布団でいくのならば、その布団が収納出来るスペースがないといけません。
毎度、布団用意分だけゲストが来ることはありませんから。

オーナー様の為に、この様な判断を瞬時で出来る私と工務店さんとの組み合わせが合致している結果だと思います(^_^)



運営ノウハウをこちらのブログで公開中 !
→ https://co-reception.com/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    
          
ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。