教えて民泊先生!〜合法民泊のはじめ方と運営方法〜

合法民泊のはじめ方や運営方法の情報をすべて公開中! 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

サイトコントローラー

Airbnbとの接続に関するサイトコントローラー比較表

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

旅館業・民泊の運絵ににサイトコントローラー使用していますか!?
もしまだなら、ぜひ導入して運営効率を上げることお勧めします。理由は、こちらから。

サイトコントローラーといえば、手間いらず・ねっぱん、そして我らbesd24が挙げられます。

先日、ねっぱんがAirbnbとの連携を発表しました。
これで上記3サイト全てがAirbnbと連携出来るようになったのですが、問題はただ連携出来れば良いという訳ではないということです。

ということで、違いをまとめましたので、ご覧ください。
スクリーンショット 2018-10-15 13.07.19
44052490_563385360765978_2090132876682067968_n
*iCalについて: この機能があると「掃除業者とグーグルカレンダーを共有する」というようなことができるようになります。

結論、Airbnbとの連携は、Beds24が有利!

Beds24: ねっぱんの制約を回避するための選択肢。手間いらずほどお金は出せないが、ねっぱんの制約が気になる方向け。Airbnbとの連携の経験は長く、システムのバグは修正されています。
Airbnbの連携で気になる一番のことは、既存のリスティング・レビューが引き継げるのかということだと思います。これが出来ると出来ないのでは、赤ちゃんと大人位の差があります。

サイトコントローラーの利用を検討しているかたは、ぜひご参考にしてください(^o^)

民泊用のサイトコントローラーといえばBeds24特徴はこちらから。いまなら無料体験を提供中です。
→ https://co-reception.com/beds24/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします

    

Besd24を利用して時短運営を行ないましょう。その2〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

Besd24を利用して時短運営を行ないましょう。〜その2〜
その1はコチラから。今回は、下記の図の詳細です。

39274458_2339897346025751_8958112949688336384_n

1. 集金

Beds24を使用しない方:

Booking.comから入ったお客にスクエアやペイパルで集金のためメールをしてリンク先からクレジットカードで支払ってもらう。もしくは、Booking.comに入ってるクレジットカード情報を手作業でスクエアなどで集金。一組のゲストに使う時間は支払い完了まで、1組15分くらいでしょう。

事前に払ってもらってない人を現場で集金するなら‥‥‥

  • そもそも現場で集金人件費
  • お釣りを用意するための人件費
  • 銀行に宿泊料を預けに行く人の人件費

と、現金を扱う見えない費用は莫大です。

Beds24なら:

Booking.comから入る予約に付いてくるクレジットカードを自動処理し、クリックひとつで集金。Beds24ならクリックひとつですから、メールも宿泊者に送ることも有りません。

集金時間は、クリックひとつで実質一組の方につき20秒ほどです。

全て事前決済可能なので現金を扱うコストは全く発生しません。


2.自動部屋割り当て

日本のサイトコントローラーにはゲストの部屋の割り当て機能は付いていませんが、Beds24は部屋の自動割り当てが可能です。

例えば、101 ~109まで9部屋の個室があったら、Beds24が予約者を自動で部屋割りします。マネージャーが手作業で部屋割りする必要はなく、部屋割り自体の時間をほぼ無しにできます。

設定方法:こちらは最初から設定されていますので、設定方法などは有りません。


3. 売れ残りの部屋を自動的に値引き

3ヶ月以上先の予約は定価、

2~3ヶ月先は定価の80%、

1~2ヶ月は60%、

3~4週間は40%、

当日~2週間は20%…

というような価格設定を容易にできます。これでマネージャーが値付けをする面倒から解放されます。1日毎に1%ずつ値引きしていくなど、もっと細かい設定も容易です。

初級者向機能(一ヶ月以内だけ自動化、初期設定の所要時間5分/部屋)

上級者向機能(一ヶ月以上先の値段も自動化。初期設定の所要時間1時間/部屋)


4. 自動メール:

チェックインの3日前など、特定の時期に自動で雛形のメールを送信できます。

Beds24をご利用のお客様は、民泊の管理者が多く、事前にチェックインの方法をPDFにしてゲストに送る方が多いです。そのチェックイン方法は部屋毎に異なります。

手作業でPDFを送ると、間違った部屋のPDFを送ることもありますし、送り忘れることも多いです。

Beds24で自動で部屋毎のPDFを設定すればもう間違いも減りますし、メールを送る手間も省けます。



民泊用のサイトコントローラーといえばBeds24。いまなら無料体験を提供中です。
→ https://co-reception.com/beds24/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします
    

Besd24を利用して時短運営を行ないましょう。その1〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

運営上なるたけ作業に時間を割かないようにするべきです。
理由は、割くべき時間は他にもあるから。

ただどうしても最初は、何でも自分でやってみたい衝動にかられてしまい、その作業に時間ばかり使ってしまい、本来大事な集客やゲストとの時間が作れなくなりがちです。私たちの宿は、Beds24で管理をしています、これにより時短を行なっています。

なお作業は、大きく4つあります。そしてこれらの時短がBeds24では可能です。
・集金
・自動部屋割り当て(最初から設定済)
・売れ残りの部屋を自動的に値引き
・自動メール:チェックインの3日前など、特定の時期に自動で雛形のメールを送信

他サイトコントローラーと比較したのが下記の図です。これだけでもBed24の優位性が十二分に分かりますよね。
39274458_2339897346025751_8958112949688336384_n
次回、上記比較表の詳細について述べていきたいと思います。


民泊用のサイトコントローラーといえばBeds24。いまなら無料体験を提供中です。
→ https://co-reception.com/beds24/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします
    

民泊をするならサイトコントローラーを使おう!

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

結論:サイトコントローラーを使用し、複数のポータルサイトへの掲載管理を上手く行なう。

合法民泊を運営していくうえで集客を掛けるために各種サイトへの掲載を上手く利用することが必要です。
Booking.com、楽天、じゃらん、Airbnbなどなど。各サイトによって利用者に特徴があります、訪日外国人・日本人、ファミリー・バックパッカーなど。

しかしサイトだけを増やすと、予約が入った度に料金変更などを、各サイトにその都度ログインを繰り返し行なう必要があり、部屋数が多い物件などは、手間ばかりが増えてしい大変になります、これだとダブルブッキングが発生する確率も上がってしまう恐れもあります。
これら管理を一元化し、手間と効率を上げるために利用するのが「サイトコントローラー」となります。
サイトコントローラー=在庫管理を一括して行っているとご理解ください。

図にすると下記のような感じでしょう。
Screen Shot 2018-06-22 at 9.37.37


民泊用のサイトコントローラーといえばBeds24特徴はこちらから。いまなら無料体験を提供中です。
→ https://co-reception.com/beds24/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします
    

サイトコントローラーとは?PMSとは?違いって??

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

旅館業を運営しているといつか知るのが、「サイトコントローラー」と「PMS」です。
知ってしまうと、違いは何ですか??と至ります。

結論:サイトコントローラーとPMSの違い

この違いは、以下の様に覚えてください。
・サイトコントローラーは、在庫と価格を主に管理。
・PMSは、在庫と価格以外を管理。

ただ、ほとんどのサイトコントローラーには、PMSの機能もあり、いくつかのPMSには、サイトコントローラーの機能があります。
現状、日本では、機能面でサイトコントローラーとPMSの明確な区分は有りません。

Screen Shot 2018-06-22 at 9.37.37



サイトコントローラーBeds24の特徴はこちらから。いまなら無料体験を提供中です。
https://co-reception.com/beds24/


↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    
ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。