教えて民泊先生!〜合法民泊のはじめ方と運営方法〜

合法民泊のはじめ方や運営方法の情報をすべて公開中! 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

ゲスト

ゲストからの声と、それをすぐに組み上げる仕組み

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

私達の宿では、よくゲストからチェックアウトの時にメッセージを頂きます。ときには、お土産までも(*^^*) ただ持ち帰れないだけの時もあるようですが。。

メッセージも毎回良いことばかり書いてあるわけではありません。ときには、辛辣なご意見を頂く時もあります(これは、ゲストが日本人のときが多いかも。。。)、その時には対応・対策出来ることはすぐにでも動いています。悪いことを言ってくれる人の方が少ないわけですので、早急に対応すべき課題となると考えています。

意見を貰うにも、沢山のゲストが泊まりに来てくれないといけない訳です。
私達の宿は稼働率が非常に良いので、そうなると良い循環が生まれてくるという訳なのです。
00


運営ノウハウをこちらのブログで公開中 !
https://co-reception.com/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓     
    

合法民泊セミナーin京都を行ないます。

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

京都でセミナーを開催します!

今回のテーマは、2つです。
1.旅館業全般の話(旅館業や民泊新法、評価9.0以上を出せる運営手法など):1時間
2.実際の現場での運営ノウハウや評価が高くなる清掃方法など:30分

1.は私が講師をし、2.は京都で最前線にいて現場を仕切っているマネージャーから生のすぐに活かせるノウハウをお伝えします。
今回も座学ではなく、物件を見ながらのセミナーとして行ないます。

日:3月31日(土)
時間:10:30から12:00頃(延びる場合がありますが、本編は12時で終わるようにします)
場所:京都駅界隈
費用:5,000円(事前支払い*当日、スムースに行なうためですのでご協力ください)
定員:5名位

ご質問などあれば事前にお受け致します。
お問い合わせこちらから→問い合わせフォーム
問い合わせ内容に「3月31日(土)セミナー参加希望」とお書きください。
お問い合わせ頂いた後に、詳細をお送り致します。
image


運営ノウハウをこちらのブログで公開中 ! 
→ https://co-reception.com/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓     
    

お客様の声と清掃スタッフの声と

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

私達で運営している宿では、宿泊者が自由に書けるノートを置いています。
オーナー様からも生の声が聞こえるだろうから置いてみてとのご要望も受けて実施しています。

お陰様でどの物件でも気持ち良いお言葉を残して頂いています。

この言葉を最初に目にする人って誰だと思いますか?
答えは、お掃除のスタッフさんです。

お掃除スタッフさんは、なかなか直接にゲストとやり取りすることがありません(チェックアウトしてなくて鉢合うことはありますが笑)、そのためノートに残された言葉は、少ないなかでの直接的に知り得るお客様の言葉となります。
そして、それがモチベーション、やる気スイッチに繋がっていっていると思っています。

清掃って本当に大変です。しかし一番重要です。
ただ頑張るのは心が折れそうになる時もあります。でもゲストの言葉と評価で報われることもあるのです!
29

見える化は、とても大事だと思っています。
清掃ミーティングでは、各宿の時点でのBooking.comなど各サイトでの清掃評価を伝えるようにもしています。

運営ノウハウをこちらのブログで公開中 ! 
→ https://co-reception.com/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓     
    

 〜簡易宿所内で事故が起きてしまいました。その2〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

 前回の記事「簡易宿所内で事故が起きてしまいました。」の続きです。

ゲストもチェックアウトしてしまっているし、これは泣き寝入りしかないのかっ、、、。

結論:旅館業施設賠償保険で対応できます。

保険金請求の事故報告については、下記の5点の内容が必要になります。

○事故の日付とおおよその時刻
○修理お見積り
○事故当日の宿泊者名簿
○名簿にある加害当事者の名前
○現場の事故状況写真

賃貸などと違い、年間通しての人の出入りはかなりの数となります。旅館業の保険は、事業用となるため年払いしかなく、居住用と比べると割高になります。しかし、万が一のための保険です。
旅館業用の保険には必ず加入してからの運営をしましょう。

なお事故が起き、保険を適用したからといって、次年度の保険料が高くなる訳ではありませんのでご安心ください。
(*ただし、あまりにも頻発するときは、保険料が高くなる可能性もあります)

57

無事に元通りになりました。
34


運営ノウハウをこちらで公開中 ! 
→ https://co-reception.com/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓     
    

簡易宿所内で事故が起きてしまいました。 〜その1〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

 なんと簡易宿所内で事故が起きてしまいました…。
といっても、ゲストが怪我したとかそういうことではありませんのでご安心を。

ゲストがスーツケースを階段から落として、壁に穴を開けてしまうという事故が発生したのです。
写真では分かりづらいのですが、結構な大きさです^^;

11

当然、階段にも傷が付いています、、、。(*少しみづらいけど)
26
これに気付いたのは、ゲストがチェックアウトし清掃に入ったときでした…。

こちらの対応は、一体どのようにしていくと思いますか。続きは、次回です。

運営ノウハウをこちらで公開中 ! 
→ https://co-reception.com/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓     
    
ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。