教えて民泊先生!合法民泊で行う不動産投資のはじめ方

ダメ無許可民泊!合法で行なう民泊の方法をお届けします。 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

ねっぱん!

合法民泊をするならサイトコントローラーを利用しよう!

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

結論:サイトコントローラーを使いこなし、集客の間口も広がり稼働率・売上アップに繋げる!

合法民泊を運営していくなかで、宿に集客を掛けるために色々なサイトに掲載することをお勧めします。
Booking.com、楽天、じゃらん、Airbnbなどなどのポータルサイトがありますよね。
間口は拡げておいた方が断然よいです。各サイトによって利用者に特徴があります。訪日外国人・日本人、ファミリー・バックパッカーのように。対象を絞るというのも大事ですが、集客という観点からいくと、繰り返しますが間口を広くとっておくべきです。

しかしサイトを増やすと、ダブルブッキングなどが起きて混乱するのでは??と思われる方がいるのですが、それを一元管理するのが「サイトコントローラー」となります。
サイトコントローラー=在庫管理を一括して行っていると考えて頂くと分かりやすいと思います。

図にすると下記のような感じでしょう。
Screen Shot 2018-06-22 at 9.37.37


私一押しのサイトコントローラーBeds24の特徴はこちらから。いまなら無料体験を提供中です。
→ https://co-reception.com/beds24/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

明日15日から住宅宿泊事業法(民泊新法)が施行になります!

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

いよいよ始まりますね、住宅宿泊事業法(民泊新法)。
しかし8日時点での届出は2707件ということです…(受理は、1134件)。
いままであった残りの数万件の物件は一体どこにいってしまったのでしょうか?

撤退をしているところもありますが、引き続きヤミ民泊を続けるのでは?という噂も多々聞きます。
しかし、ヤミ民泊を続けることは本当に可能なのでしょうか?
大手の旅行サイト各社は、団体を作り行政に協力すると発表しています。確かに似たようなサイトは正解中をみればまだまだあるようです。とはいえども、掲載して終わりではなく、集客できない限り意味がないため、他サイトへ移行してヤミ民泊を続けるというのは現実的ではない気がします。

いまは未だ届出件数は、少ないのですがやはり様子見の方はかなり多いのではと思います。
民泊新法をキッカケに「民泊」自体を知る方が増えれば利用者も増えるでしょうし、これから参入を検討される方も増えると思います。その様な意味では、大変良いことだと思います。

ということで、本日もこれからご相談の打ち合わせを行います。
少しでも私の経験とがお役に立てることが出来ればと思っております!
スクリーンショット 2018-06-14 18.48.58

ねっぱん!と連携したBeds24の特徴はこちらから。いまなら無料体験を提供中です。
→ https://co-reception.com/beds24/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

Beds24がねっぱん!との連動を開始しました。

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

Beds24コネクターがねっぱん!との連動を開始しました。これでBeds24のデメリットであった楽天トラベル・じゃらんと未連携が解消されることになりました!

【Beds24 コネクターの概要】
民泊用 PMS「Beds24 コネクター」は、ゲストのクレジットカード自動保存や有効性確認、直接予約入力、自社 予約エンジンとの連動、海外 OTA との XML 連携および iCal 連携といった各種機能を備えます。「未経験者でも民 泊経営を可能にする」というコンセプトのもと、民泊へ参入したばかりの小規模民泊施設でも簡単にご利用いただけます。
IMG_1570


Beds24の特徴はこちらから。いまなら無料体験を提供中です。
→ https://co-reception.com/beds24/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    
ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。